2018.06.19 Tue
【ヨメトーーク延長戦】「男のプライドに振り回される女たち」編
16view

北陸の卒花嫁3人を集めて、赤裸々ぶっちゃけ座談会を開催した結婚SANKA6/20号の企画「ヨメトーーク」。「まじで!?」「ウソでしょ!?」と思わず叫びたくなる衝撃の内容が次々と飛び出しましたね。

だってまさかねぇ、あのアレが、あんなことになるなんて…ねぇ?口が裂けても言えない…。

※詳しくは結婚SANKA 夏秋号本誌をご覧ください

 

今回は、本誌で書ききれなかった内容を特別に公開。結婚式準備の裏側に深く、深く迫っていきますよ〜!!!

 

その前に、編集部で赤裸々トークをしてくれた北陸の卒花嫁3人のプロフィールをおさらいしましょう♪

Sさん(35歳/会社員/挙式日 2015年10月)

結婚式まで4カ月というタイトスケジュールの中、「間に合うのかな」と常に不安に駆られながら、ハラハラ・ドキドキのプレ花嫁時代を過ごした。準備中は、お義母さんとのやりとりにギクシャク…。

 

Yさん(25歳/パート・アルバイト/挙式日 2017年3月)

人見知り&恥ずかしがり屋の彼の代わりに、結婚式場とのやりとりをほとんど一人で行ったしっかり者。プレ花嫁時代は、彼とのケンカが絶えなかったという。

 

Mさん(33歳/契約社員/挙式日 2018年3月)

結婚式当日、ドレスの締め上げの激痛に苦しみながらも笑顔を作り続けたガッツあふれる卒花嫁。味にうるさい(?)料理人の彼をもつ。

 


 

結婚SANKA本誌で大盛り上がりだった、彼へのイライラトークの延長戦です!

 

編集Y みなさん「結婚式準備中に彼にイライラしたことがあった」と言っていましたよね。Mさんはやっぱり、結婚式準備を丸投げされたことにイラっときました?

Mさん うん!それはもちろんなんだけど、全部丸投げなら丸投げにしてくれればいいのに、変なところでこだわりを見せてくるとこもイラッとした(笑)私の彼、料理人っていうこともあって、料理にはとにかくうるさくって。ブライダルフェアに行って試食するたびに「こんなマズイもん嫌や」って。私からしたら普通に美味しいし、ある程度の美味しさならそれでいいのに。

編集Y ええ〜!それはそれで大変!

Mさん そのこだわりと本気を、他の部分でも見せろやと言いたい(笑)アイテムの準備とか衣裳選びとか、他のことはなーんにもしなかったのに。

Yさん わかる!私の彼も、BGMだけ異常にこだわってたし。家でも曲聴いて、会場との打ち合わせにもグイグイ入ってきたし。

Mさん 何なんだろうね、その執着心(笑)

Yさん そういえば友人への引き出物もすっごく悩んでたなぁ。なかなか決めれなくてこっちがイライラした。私から見たら「そんなのどれでもいいじゃん!」って思うのに。何もらっても嬉しいって!

編集Y 男の人の見栄みたいなものがあるんでしょうか。手作りアイテムとか会場の装飾に関しては、男友達のゲストでとやかく言う人って少ないと思うんですよ。でも「料理まずかったな」とか「しょぼい引き出物だったな」とかは、陰で言われる可能性ありそうじゃないですか?

Mさん 自分が何か言われそうなとこだけ気にしてるのかぁ…勝手か!

編集Y いやぁ…こればっかりは真相は分からないですけどね。

Sさん そういえば私の彼も、謎なところがあった気がする。私がスタッフさんに「〇〇できませんか?」って相談したら、ちょっと雑な言い方で断られたことがあって。それを彼に話したら、次の打ち合わせで「あれってどういうことですか?」って半ギレに。今まで特に何も口出さなかったのに、そこは怒るんだ!?って驚いた。

編集Y 彼女が嫌な態度とられたことに怒るって優しい彼じゃないですか…?

Sさん 優しいかはわからないんですけど、カッコ付けたかっただけじゃないかなって(笑)

Mさん なるほど!人前でだけカッコつけたがるのが男の性…。うちの彼にも当てはまる気がする。

Sさん でもそういう生き物だと思って接していくしか無いのかな。見栄張るしカッコ付けたがるし、どんだけ大人になっても少年のような心を持ち続けるのが男性なのかも…(笑)

編集Y それが顕著に分かってしまうのが、結婚式準備ということですね。

Mさん そこも受け止めてあげることが大切なのかな(笑)イライラしたし喧嘩もしたけど、結婚式の日はめちゃくちゃ楽しいし、全部吹き飛んじゃうからある意味すごい。結婚式ってすごいかも。

 

先輩花嫁たちの心温まる(?)お話を聞いたところで、「本当は怖い、結婚式のBGM」編「結婚式前ダイエットは負のスパイラル」編もチェックしてみてくださいね。

 

また、「ヨメトーーク」本編は、結婚SANKA夏秋号本誌で掲載中です!

↓↓ブルーの表紙が目印です♪