2017.11.14 Tue
和装花嫁は要チェック!定番もアレンジも!今どきの和の演出がなんだか新鮮♡
358view
結婚式で白無垢や色打掛をまとうなら、チェックしておきたいのが和の演出。定番の演出も、ひと工夫した演出も、和婚が少数な今だからこそ、かえって新鮮!和装を着る予定のプレ花嫁は、和の演出を取り入れてみては?(2017.11.14更新)
358view
  1. インパクト大!二人らしさがつまったおにぎり入刀に歓声が!

    新郎の仕事にも関係のあるお米で二人らしさを表現したい!とケーキカットではなく、しゃもじでおにぎり入刀を。新郎のお父様の作ったお米20kgの巨大おにぎりの登場に歓声が!最後は両家の親も一緒に参加し、6人で仲良くおにぎり入刀を行った。

    二人のウエディングレポを見る
  2. 憧れの和装でのテーブルラウンドはプチ鏡開きで!

    和装は絶対!と決めていた二人は、テーブルラウンドでキャンドルサービスの代わりに、小さな鏡開きを。中にはお菓子が詰まっていて、最後の仲良しグループの席にはクラッカーを仕込んでサプライズ。どのテーブルでも歓声が上がり、大盛り上がりのテーブルラウンドになった。

    二人のウエディングレポを見る
  3. 和がテーマの結婚式は演出も和風!おみくじゲームでゲストは大盛り上がり

    和の雰囲気が大好きな二人の結婚式は、演出も和風にアレンジ!「ゲストが参加できるゲームがしたい」と用意したのが、人数分のおみくじ。「大吉だ!」とみんなが喜ぶが、実は全て大吉。「大大吉」を引いた人が当たりで、プレゼントが贈呈された。

    二人のウエディングレポを見る
  4. 福井の名物「越前そば」をビュッフェ形式でゲストに振る舞う!

    「県外ゲストが多かったので、ぜひ福井名物の越前そばを食べてもらいたいなって思って」と新郎。おそばビュッフェとして50杯もの越前そばをゲストのために用意した。県外ゲストだけでなく、地元ゲストからも大人気ですぐになくなったそう。

    二人のウエディングレポを見る
  5. 披露宴は鏡開きで景気良くスタート!

    会場にマッチする和の演出がしたかった二人。披露宴の始まりに選んだのは、おめでたムード満点の鏡開き。おいしい日本酒は、もちろんゲストにも振る舞われ、大好評だった。滅多に見れない鏡開きは、ゲストの目にも新鮮に映るだろう。

    二人のウエディングレポを見る
  6. 素敵な着物姿でガーデンから和傘をさして登場!

    お色直しした二人は豪華な色打掛と渋い紋付袴姿で登場。披露宴の開始時は2階から入場したので、再入場は趣向を変えてガーデンから登場し、ゲストを楽しませた。和傘の色を紫にしたことで、ぐっと大人っぽさが増して新鮮!

    二人のウエディングレポを見る
  7. 美味しくて楽しい!和食職人が目の前で握る寿司ビュッフェ

    「スイーツだと、苦手な男性もいるかも」と、二人がラ・ブランシュにリクエストした寿司ビュッフェ。歓談中の会場もワイワイと盛り上がり、美味しいお寿司にみんな大満足だった。

    二人のウエディングレポを見る
  8. 神社ならでは!『うさぎ』型の折り紙シャワーで二人を祝福

    神社での挙式の後は、フラワーシャワーの代わりに、折り紙シャワーで祝福!「私たちの誕生年と神様のお使いが、なんと同じ『うさぎ』だったんです」と、結婚式のテーマを『うさぎ』に決めた二人。折り紙もテーマに沿った『うさぎ』型に折り、ゲストからも好評だったそう。

    二人のウエディングレポを見る
  9. 巫女舞や雅楽など、日枝神社での挙式は何もかもが新鮮!

    日枝神社での挙式は荘厳な雰囲気の中行われた。「巫女舞や雅楽は、見たことがなかったので新鮮だった」と新郎。和婚希望の新婦も大満足で、思い出に残る挙式になった。神社での挙式に参列したことのあるゲストも少ないので、印象に残る結婚式になったのでは。

    二人のウエディングレポを見る
  10. 洋風テイストのアイテムやセットで、カジュアルな和装に

    電飾を使ったアンティークなセットはスタッフの手作りでイメージ通りの仕上がりに!ブーケは新郎が用意してくれたそうで、白とグリーンのナチュラルな色合いがお気に入り。定番のボール型ではなく、敢えて洋風のブーケを合わせて、ポップな着こなしを楽しんだ。

    二人のウエディングレポを見る