北陸でウエディングドレスをオーダーするなら!おすすめのドレス作家4名を紹介

TEXT by mocchi

2019.02.12

花嫁ビューティ

数ある結婚式準備の中で、プレ花嫁たちが最も心躍る瞬間。それは、ウエディングドレス選び♡

一生に一度の結婚式、せっかくなら「絶対コレ!」と思える運命のウエディングドレスを選びたいですよね。

でも「都会はともかく、北陸でステキなドレスに出会うなんて無理じゃない…?」「提携のショップにある中から選ぶしかないのかな」なんて、理想のドレスが見つからずドレス迷子になってしまった人もいるのではないでしょうか。

それならいっそ、ウエディングドレスをオーダーしてみませんか?オシャレ花嫁たちの間でもひそかに話題になっている、北陸のドレス作家4名を紹介します!

chaque(シャクエ)

ワンピースを着ているかのような、柔らか素材とゆったりとした着心地のウエディングドレス

「chaque(シャクエ)」の高柳さんが手がけるのは、ワンピースを思わせるような軽くて着心地のいいデザイン。柔らかな素材で、従来のドレスのような締め付けは一切なし!ファスナーやボタンなどで調節できるものも多く、体型変化の多いマタニティ花嫁からも支持されています。身体への負担が少ないので、アウトドアやリゾートウエディングにもぴったり。ヘッドドレスや、花かんむりなどのアイテムも人気なんです♪

chaque(シャクエ) 柳久美さん

住所:石川県鹿島郡中能登町久江チ127-3

電話:0767-77-1101

取扱い:オーダードレス・レンタルドレス・小物・お呼ばれドレスなど

レンタルドレスは「ブライダルブティック BEIGE」取り扱いあり。問い合わせは、SNSアカウントから。

 

tufe(トゥフェ)

素材・装飾・小物、美しく見えるモノを集めて作り上げるドレス

「面白いモノづくりがしたい」と話す「tufe(トゥフェ)」川島さんのウエディングドレス作りには、素材選びから装飾一つひとつにまでこだわりが光ります。富山のガラス作家が作ったボタンを使ったり、二次会でも使用できるよう2Wayにしたりと、世界に一つだけのドレスを作り上げてくれるんです。

繊細な作りだからこそ、レンタルは行わずオーダーのみ対応。必ずベストな状態のドレスを提供してくれます。リングピローなど小物のオーダーもOK!

tufe(トゥフェ) 川島真理子さん

住所:富山県富山市館出町1-4-10

取扱い:オーダードレス・小物など

※問い合わせは、メール(mariko@tufe.jp)でのみ受付

 

lecture de minuit(レクチュール ドゥ ミニュイ)

花嫁の美しさに寄り添い、魅力を引き立たせる繊細なデザイン

「lecture de minuit(レクチュール ドゥ ミニュイ)」木谷さんの作るドレスは、「ドレスが主役」ではありません。主張しすぎない繊細なデザインで、着る人の魅力を引き立たせてくれます。光に溶け込む素材感と軽やかな着心地、柔らかな肌触りも人気の理由。

レンタルウエディングドレスの種類も豊富。女性特有の柔らかさが引き立つデザインや、肌の色を美しく見せるニュアンスカラーのドレスなど、「lecture de minuit」の世界観がより濃く表現されています。COEN take a shotの谷前さんが撮影するプランも!

lecture de minuit(レクチュール ドゥ ミニュイ) 木谷さやかさん

住所:石川県金沢市幸町2-2 2F

電話:076-225-8816

メール:lec.minuit@icloud.com

取扱い:オーダードレス・新郎衣裳・レンタルドレス・フォト・小物など ※要予約

 

marie de RiRi(マリエ ド リリ) 

200着以上を手がけた実力派!凛としたシンプルさに、甘さを添えて

アパレルデザイナーを経て、今まで200着以上のドレスを作ってきた「marie de RiRi(マリエ ド リリ)」の松吉さん。クラシカルだけどちょっぴり甘い、大人かわいいデザインは、大聖堂や教会など歴史的な建物での挙式に美しく映えます。フランス映画を思わせる、上品で清楚な花嫁姿が叶うこと間違いなし!

シルクや麻、コットンなどのナチュラル素材にこだわり、着る人の個性を活かしたシルエットも追求。キッズライン「プチ・リリ」や、新郎衣裳のプロデュースも手がけています。

marie de RiRi(マリエ ド リリ) 松吉範さん

住所:石川県金沢市内

電話:076-234-2436

取扱い:オーダードレス・小物・新郎衣裳・キッズドレスなど

 

理想のドレス作家さんは見つかりましたか?

ウエディングドレスのオーダーメイドは、ハードルが高いイメージがあるかもしれませんが、そんなことは全然ないんです!

どのドレス作家さんも、あなたの理想のドレス作りをサポートしてくれる頼もしい方ばかり。「いいな」と思った人がいたら、ぜひ直接問い合わせをしてみましょう。

具体的にイメージが固まっていなくてもOK!二人の結婚式準備の状況に合わせて、オーダーの内容や予算、今後の進め方について相談にのってもらえるはずですよ♪

 

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“花嫁ビューティ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ