【お金の管理どうしたらいい?】貯まる家計のつくりかたvol.1

opomeTEXT by opome

2019.05.17

結婚準備

これから始まる、彼との暮らし。残念だけど、ラブだけじゃやってはいけないのが、現実です。

二人の明るい未来のために、知っておきたい、考えておきたい【お金】のこと、ファイナンシャルプランナーの小畠先生に教えてもらいます!

 

(一社)石川県住宅FP協会

ファイナンシャルプランナー

小畠 玲奈 先生

自身が相談したことがきっかけで、ファイナンシャルプランナーの道を志す。先輩主婦でもあり、働く女性目線でのアドバイスが好評!

 

今回の質問!「お金の管理どうしたらいい?」

彼とのお金のお悩みの定番は、やっぱり「家計管理」のこと。特に、共働きで今まで別々でお金の管理していたカップルたちは、結婚を機に、これからどうやって家計管理していこうか悩んでいる人が多いみたい。

 

家計管理は夫婦一緒?それとも別々?

編集opome/お金のことって、一気に現実って感じで。彼とお金の話するの、ちょっとイヤです。

小畠先生/まあ、わかります(笑)。でも結婚は、お互いのお金のことをオープンにするには、絶好のタイミング。今を逃しちゃ、絶対ダメですよ!  後になればなるほど、お金の話ってしづらくなるから。今、がんばりましょ。

彼とのお金のことで、まず悩むのが、二人のお金を全部一緒にしちゃって管理するか、別々のまま、それぞれが管理していくか。ズバリ、どっちがいいんでしょう?

いくつもの家計をチェックしてきた経験から言うと、二人のお金を一緒にしちゃう、つまり家計を一つにまとめる方が、お金を貯めやすい傾向にあると思います。お金の入り口も出口も一つだと、収支がわかりやすいんですよね。

家計を一つにするってことは、お小遣い制度になるってことですよね…。なんだか、わびしい感じがするんです。

そういうイメージ、ありますよね。でもそれって、夫婦のどちらかだけが家計を管理してるから、そんな感じになると思うんです。家計の全貌を知らずに、「今月はこれだけ!」なんて言われると、確かに、文句を言いたくなりますよね。

ってことは、家計を管理するのは、夫婦どちらか一人じゃダメってことですか?

 

家計管理は夫婦どちらか一人じゃダメ!?

性格もあるし、お金の管理に向いている、夫婦のどちらかがメインに管理したらいいと思います。でも、家計の状況を二人ともが分かっていることが大事ですね。「今私たちには、これだけお金があって、これだけ貯めようとしてるから、お小遣いはこれだけになるの」って言われたら、例えお小遣いが少なくても、納得感がありますよね。こんな感じで、家計をオープンにしている夫婦の方が、実際、貯めてるなって思います。

なるほど。それは文句言えない。

夫婦が別々にお金を管理するスタイルって、そもそも二人ともに収入があることが前提ですよね。今はそうかもしれないけど、ずっとそうとは、限りませんよ。

 

女性は、出産や育児などで収入が変化することをお忘れなく!

特に女性は、出産とか育児とかで、休職や退職することもあるでしょう。そうなると…。

ハッ! 夫婦別家計の友人が話してました。産休・育休中に自由にできるお金がなくて、でもご主人に言いづらいから、独身時代の貯金を切り崩してるって。

女性って、どうしても収入が減ったり、無くなったりしがち。そうなったとき、立場が弱くならないためにも、今、家計を一つにしておくことをおすすめしますね。

そっか、ラブとかばっかり言ってないで、将来を見据えないと。

 

今考えてほしいのは「ライフプラン」!

そう、将来! ぜひ今、二人で考えてほしいのが、これから二人でどんな人生を歩んでいきたいかということ。いわゆる、「ライフプラン」です。子ども、家、老後、ほかにも車とか旅行とか。これを考えておくと、いつまでに、何のために、いくら貯めなきゃいけないのかが見えてきます。二人で同じ目標に向かうことで、マインド的にも貯めやすくなりますよね。

確かに。何となく「貯めなきゃ」って思ってるより、目標が明確な方が、貯められそうな気がします。危機感が違う(笑)。そうなるとやっぱり、家計は一つにまとめた方が、管理しやすいですね。

彼とお金の話をしづらいって人は、ファイナンシャルプランナーとか、第三者を交えるといいですよ。「ライフプラン」のことなんかも、ぜひ気軽に相談してみてください。

 

今回のまとめ!

家計は夫婦一つにまとめた方が、お金を貯めやすい傾向に!

女性は働き方が変わる可能性が大きいので気をつけて!

迷ったり悩んだら、お金のプロに相談するのもオススメ!

 

 

家計管理についてはもちろん、貯蓄のこと、保険のこと、投資のこと、お金のことなら何でもこい!の頼もしい小畠先生。

お金のことで迷ったり、悩んだりしたら気軽に相談してみてください。

(一社)石川県住宅FP協会

住所:石川県金沢市鞍月3-127

電話:076-254-0569

 

 

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“結婚準備”の最新記事はこちら

このページの先頭へ