【顔合わせ・結納】よくあるお悩みQ&A/福井・石川・富山の結婚準備マニュアル

shacoTEXT by shaco

2019.07.05

結婚準備

結婚準備に不安やギモンはつきもの。今回は、顔合わせ食事会・結納にまつわる「どうしたらいいの?」という福井・石川・富山のカップルのお悩みに、結婚SANKA編集部がお答えします!

 

Q.顔合わせ食事会の予算ってどれくらい?

和風会館 ふかまつ/富山県砺波「個室で顔合わせ・結納ができるお店を結婚SANKAが厳選!」

A.一人あたり5,000円〜10,000円が多い

結納と違って「顔合わせ食事会」の場合、二人が両家を招待するスタイルが多いため、支払いも二人というケースが多い。最も多いのは5,000円〜10,000円、続いて5,000円以下。そんなに予算はかけられないというのがリアルな事情のようです。

 

Q.日取りのことで気をつけておくことは?

A.こだわる人がいたら、その人に合わせるのが正解

時期は、結婚式の5〜7カ月前が目安。お日柄にこだわるなら、おめでたい日取りに。大安、先勝、友引を選び、午前10〜11時ころから始めるのが吉とされています。最近は吉日にこだわらず、休日・祝祭日などの集まりやすい日時を選ぶカップルも増えています。

 

Q.当日の服装はどうすればいいの?

A.結納の場合は正装で。両家のバランスを合わせるのが大切

一番のポイントは、両家参加者全員の服装の格を揃えること。格式を重んじる結納の場合、女性は振袖、両家の母は色留袖、男性はスーツなどフォーマルに。食事会の場合、会場の格式に合わせることも大切。女性はワンピース、男性はスーツなどのセミフォーマルが基本。

 

Q.結納返しって何?

A.男性側からの結納に対する女性側からのお返し

結納返しとは、男性側からいただいた結納のお礼として、女性側から男性側へお返しをする儀式。いただいた結納品と同等もしくは少し控えめな品を用意し、現金もしくは記念品として時計などを贈ります。北陸では、結婚式の1〜2週間前に男性宅に出向き行う場合が多いようです。近年は、記念品のみ贈るケースが増加していますが、詳しくは結納店に相談してみましょう。

 

Q.費用分担はどうすればいいの?

A.事前に両家で話し合っておくことがマスト!

結納の費用は、「結納金」「結納品」…男性側、「結納返し」「結納式後の会食」…女性側など、だいたいどちらが負担するか決まっています。顔合わせ食事会の費用は、「二人が招待するので二人で負担する」としたり、「両家で折半」とすることも。事前に両家で話し合っておきましょう。

 

Q.結納金はいくらが相場?

A.50万円、100万円など、キリのいい数字がベター

決まった金額はありませんが、50万円や100万円など、キリのいい数字が望ましいでしょう。最終的には男性側で決めますが、いくら包むか迷ったら、結納店に相談したり、ある程度金額を決めた後さりげなく女性側に確認したりして、調整することもあるようです。

 

Q.結納はしないけれど結納金だけもらった場合、どうすればいい?

A.結納金というより、結婚の支度金という意味合いが強い

顔合わせ食事会などで結納金のみいただいた場合は、そのお返しをする必要はありません。支度金という意味合いが強いので、新生活に必要な家電や家具の購入の費用にあてましょう。後日何に使ったか感謝を込めて報告しましょう。

 

Q.歓談のときってどんなことを話したらいい?

富山先輩カップル:公香さんの顔合わせ食事会の様子

A.みんながリラックスして、場が盛り上がる楽しい話題に

両家が初めて顔を合わせる場合は、緊張から会話が途切れがちに。事前にみんなが楽しめる話題を考えておきましょう。二人の子どものころの話は盛り上がります。二人の幼いころのアルバムを持っていくのもオススメ。出身地・地元の話も定番です。

 

Q.結納って何を用意しなければいけないの?

A.同じ北陸三県でも、形式やしきたりによって異なる

同じ北陸三県でも、用意する結納品は異なっていて、たとえ同じ県でも、地域によって大なり小なり、形式やしきたりに違いがあります。結納をすると決まったら、男性側は、まず男性側の地域の結納店に相談しましょう。女性側も結納返しを見据え、地元の結納店に相談しておくと安心です。また、結納の儀式を行う1カ月前までには、結納店に相談しておきましょう。

 

【福井の結納】

現物ではなく、お金を包む品もある

結納品… 5品、7品、9品、11品と奇数数で用意します。最近は末広(すえひろ)、熨斗(のし)、結美輪(ゆびわ)、金封(きんぷう)の簡易セットも。結納品の一つ子生婦(こんぶ)などは、現物ではなく現金を包むケースが多いようです。

結納品の価格… 5〜7万円で揃えることも。

結納返し… 仏壇参りの日、つまり結婚式当日か、結婚式の1〜2週間前に行います。

 

【石川の結納】

結納品の品数は、基本9品

結納品… 7品、9品、11品といった奇数数で用意。子生婦(こんぶ)や寿留女(するめ)などをつける場合は、現物です。男性側の地域や家によっては、女性側の家族や親戚へのお土産を用意するケースもあります。

結納品の価格10万円前後のものが一般的。

結納返し… 結婚式当日の約1〜2週間前に行います。品目は、男性側からの結納の品数と同じか、それより少なく用意します。

 

【富山の結納】

呉西と呉東、海側と山側で違いあり

結納品… 7品、9品、11品といった奇数数で、子生婦(こんぶ)や寿留女(するめ)などをつける場合は、現物で用意。品数に関しては、女性側の意向を考慮して決めましょう。

結納品の価格… 平均で10万円前後。

結納返し… 本来は結婚式当日。最近は結婚式の1週間前に済ませることが多い。品数は、男性側からの結納品の数と同じか、少なく用意します。

 

「顔合わせ・結納」についてもっと知りたい!っていう人はこちらもチェック!

【顔合わせ・結納】準備ダンドリは?当日の流れは?/福井・石川・富山の結婚準備マニュアル

結納・食事会|顔合わせ食事会の流れや予算、体験談、挨拶のコツ

知っておきたい!福井・石川・富山の結婚式の風習・しきたり&引出物事情

【富山】個室で顔合わせ・結納ができる12店を結婚SANKAが厳選!

【金沢・加賀・能登】個室で顔合わせ・結納ができる14店を結婚SANKAが厳選!

【福井】個室で顔合わせ・結納ができる12店を結婚SANKAが厳選!

この特集について

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“結婚準備”の最新記事はこちら

このページの先頭へ