【会場見学にいく前に】話し合っておきたい3つのこと/福井・石川・富山の結婚準備マニュアル

shacoTEXT by shaco

2020.04.10

結婚準備

\結婚式の1年以上前〜6カ月前/

二人のやりたい結婚式のイメージが膨らんできたら、さっそく会場探しスタート!スムーズに会場探しをするためには、「とりあえず会場に行ってみる」のではなく、会場見学に出かける前に、二人の希望や条件を決めておくことが大切です。「結婚式はいつにする?」「ゲストは何人くらいにしようか?」「予算はいくらくらいにする?」など、二人や家族と話し合っておきたい3つのポイントをご紹介します!

 

 結婚式、いつにする?

結婚式会場を押さえるとき、日取りを指定して予約をするのが一般的です。会場に出かける前に、結婚式をいつ頃するか、できれば具体的な日付で候補日を出しておくと、会場の空き状況が確認できますよ。

 

\先輩カップルへアンケート/いつ結婚式した?

先輩カップルへのアンケートの結果、気候が良く過ごしやすい3〜6月、9〜11月のオンシーズンに人気が集中。一方、オフシーズンとされる7〜8月、12〜2月は、お得なプランがあるなどメリットもあります。

 

日取りを決めるポイント

● 二人の希望はもちろん家族の都合はどう?

記念日だったり、好きな季節だったり、また二人の仕事の状況(繁忙期は避ける)などを考えて、希望の日取りをピックアップ。お互いの親の希望も聞いておくと安心です。

準備期間はどのくらい必要?

1年以上ならゆったりと準備ができ、6カ月ぐらいはやや急いで準備する期間とされ、3カ月前後がお急ぎ婚となります。準備期間も考えて候補日を検討してみて。

候補日を複数用意しておくのがオススメ

希望の日取りを必ず予約できるとは限らないので、候補日は複数用意しておくと安心です。特にお急ぎ婚の場合は必ず複数用意し、すぐに空き状況をチェックしてもらいましょう。

お得な結婚式を叶えたいなら…

オフシーズンとされる12・1・2月と7・8月や、仏滅のお日柄など、会場によってはお得なプランがあり、リーズナブルに結婚式を叶えることができます。

 

希望の日取りを出してみましょう

第1希望…   年   月   日

第2希望…   年   月   日

第3希望…   年   月   日

 

 

誰を招待する?ゲスト数は何人になる?

ゲスト数を決めておくと、パーティー会場の広さや座席数が十分かどうかチェックでき、またゲスト数で変動する見積りも、具体的なゲスト数で計算してもらえるので、より正確な費用が把握できます。

● 二人が招待したい人をピックアップ

会社関係や友人をどこまで招待するか書き出してみよう。

● 親が招待したい人をヒアリング

親戚関係など、どこまで招待するか必ず聞いておく。

● 両家でバランスをとる

両家でゲスト数をある程度合わせたい時は、ゲストの顔ぶれを見直す。

※両家が納得しているのであればゲスト数を合わせる必要はない

 

予想ゲスト数を出してみましょう

新郎側 新婦側
親戚
会社関係
友人
その他
合計
両家Total

 

\北陸の卒花にアンケート/ゲストは何人呼んだ?

50人以上の結婚式が過半数を占める結果に。ゲストの顔ぶれも、多くのカップルが、会社関係や友人を招待しているよう。

 

 

 結婚式にはどのくらいお金をかける?

予算に関して、二人で話し合っておくことは大切。実際、会場で見積りを出してもらった際、提示された金額が、予算内かどうか判断することができます。

 

\北陸の卒花にアンケート/結婚式、いくらかかった?

200万円から399万円が過半数を占めた。比較的、ゲストを多く呼ぶ傾向のある北陸では、結婚式にかかるお金も高くなりがち。しかし、ゲスト数が多ければ、ご祝儀の総額が増えるメリットもある。

 

結婚式の予算を出してみましょう

(予想)ご祝儀の総額…         円 

ゲストからいただくご祝儀も、大切な結婚資金に。ただし前払いの会場の場合、支払い時はご祝儀を当てにできないのでご注意を。

※友人や同僚のご祝儀は、自分が招待された時にいくら包んだか思い出してみて。また親戚に関しては、親に聞いてみましょう。とはいえご祝儀額はあくまでも目安。予想と実際の額は変動するので、確信が持てない場合は少なめに設定しておくと安心です


二人の預貯金額…            円

これまでの貯金額はもちろん、結婚式までの準備期間に貯金することもできる。


親の援助…               円

事前にポンとまとめてもらえる、支払い時に出してくれるなど、親によって援助のタイミングはいろいろなので、実際のところ予測は立てにくい場合も。親にさりげなく聞いてみるのも1つの方法。


(ご祝儀総額+二人の預貯金+親の援助)- 新生活やハネムーンなどのお金

=二人の結婚式の予算…         円

 

 

 自分たちだけで決めちゃダメ!

親への連絡・相談・報告を忘れずに

親に対して結婚式に関することは何でも、連絡し、相談し、その上で決定事項を報告することが大事です。自分たちだけで勝手に決めると、後から親に反対されるなんてことにもなるので気をつけましょう。

※親によっては、会場決定後も招待状の発送人を誰にするか、料理や引出物の内容、席次を気にすることもあるので、何事もできるだけ連絡・相談はマメにしておくと安心

ゲストの顔ぶれ

結婚式の日取り

結婚式をする会場

結婚式のスタイル(どんな結婚式にしたいか、など)

 

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“結婚準備”の最新記事はこちら

このページの先頭へ