【結婚式の基礎知識】親族杯の儀(しんぞくさかずきのぎ)

shacoTEXT by shaco

2018.10.30

結婚準備

親族杯の儀(しんぞくさかずきのぎ)

「親族杯の儀」とは、神前式で行われる儀式の一つ。両家が親族となることを表す誓いの杯を交わすこと。参列した親族の前に置かれた杯に、巫女が「御神酒」を注ぎ、祭主の合図で、全員で起立して、三口で飲み干します。「親族固めの盃」とも呼ばれます。

 

【関連用語】

参進の儀(さんしんのぎ) 三献の儀(さんこんのぎ) 三三九度(さんさんくど) 誓詞奏上(せいしそうじょう) 玉串奉奠(たまぐしほうてん)

     

    【関連記事】

    【結婚式の基礎知識】神前式の流れ

    和婚の先輩花嫁のウエディングレポをみる

     

    福井・石川・富山で結婚式場を探すなら

    この記事を読んだ人は、
    こんな記事も読んでいます

    “結婚準備”の最新記事はこちら

    このページの先頭へ