時間内で撮り放題!? 結婚式にも使える、金沢の最新写真サービスを調査してきました!

TEXT by mocchi

2018.12.20

ニュース

こんにちは! marricoマチナカ調査員の編集Yです!

 

実は先日、編集部にとある依頼が。

『カップルで写真を好きなだけ自由に撮れるサービスが、金沢に出来たとの噂です。どんなサービスなのか、調査してください!』

 

写真を撮れるといっても、プロのカメラマンに依頼する別撮りや、自分たちでカメラや三脚を準備して撮影するセルフ前撮りとは全く別物とのこと。

いったい、どんなサービスなんでしょうか…!?

 

その真相を探るべく、編集Yがさっそく調査してきました!

 

場所は、金沢市鱗町。竪町商店街から歩いて5分ほどのところにあります。

一見、ウエディングとは関係の無さそうな、ごく普通のビル…(ゴクリ)

 

エレベーターで3Fへ上がってみると、なにやら広〜い撮影スタジオが!

この日は編集部のセクシー番長・先輩Kさんも一緒に来てくれました。

するとキャーキャー騒いでいる私たちの後ろから、聞き覚えのある声が…

あれっ!結婚SANKAでもおなじみのカメラマン「STILL&MOVIE」の藤間信行さんではありませんか!

金沢を中心に、結婚式のスナップ撮影や前撮り・ロケーション撮影を行っている藤間信行さん。相変わらずダンディです。

 

編集Y「いったい、ここでどんなサービスを提供しているんですか?」

藤間さん「このスタジオを貸切って、用意してあるカメラやスクリーン、シャッターを使って自由に全身写真が撮れるサービスです。予約した時間内は撮り放題。データで持って帰ることができるので、使い方もカップルさんの自由にできます。恋人や家族と、もっと気軽に撮影を楽しんでほしいな…というところから思いつきました」

編集Y「すごく便利!なんだかプリクラの進化版みたいですね!(笑)」

 

さっそく私たち二人も、藤間さんのサービスを体験してみることに!

今回は特別に、スタジオにあるものを使って撮影スペースをデコレーションしてもらいました。

通常は何も置かれていないフリースペースなので、二人で作ったDIYアイテムを持ち込んだり飾ったりして、オリジナルの空間を作ることができるんです。

「写真撮るんだったら、事前に言ってよ!もっとかわいい格好してくるんだったのに!」と先輩に怒られ、後からフルボッコされる恐怖に慄いています。

 

目の前には、真ん中の穴からカメラのレンズが覗く大きなスクリーン!

このスクリーンに全身が映る仕組みになっているので、自分たちの位置やポーズを常に確認できるんですよ。

そして、私が持っているこの小さなリモコン。カメラのシャッターを、これで自由に操作できます!

これを使えば、二人の好きなタイミングで撮影ができるという訳ですね!

 

予約して実際にサービスを利用する時は、SDカードを持参して、設置されているカメラにセットするだけ。

データも残らない上に、スタジオは二人だけの貸切状態♪

プロの人に来てもらい、撮影する前にヘアメイクや着付けをしてもらうこともできます!それに、マタニティフォトなど「カメラマンに撮影されるのはちょっと恥ずかしい…」という場合でも、ここなら気にせず撮影を楽しめちゃいますね。

さっそく人目を気にせず好き放題(笑)。ソファやアンティーク家具など、スタジオに置いてあるものなら借りることができます。

 

えっ、女子二人(しかも私服)だとイメージができない?

ご安心ください。実際に利用したカップルさんの写真も見せてもらいましたよ〜!

おそろいの白シャツ×デニムコーデがかわいい♡ アンティークなフレームも白バックに映えますね♪

 

気になる料金は、1時間撮り放題で、1人5,000円。

そして、なんとなんと!このサービスは、結婚式場での結婚式に持ち込むこともできるそう!

フォトブースに導入すれば、交代でカメラを持たなくても、ゲスト同士が自由に撮影できたり。この斬新なアイデアには、私たち二人もびっくり!!!

あれ、先輩の顔にしか目が行かない写真が撮れてしまった。

別撮りやセルフ前撮りなど結婚式の写真はもちろん、結婚指輪選びや会場探しのついでにぶらっと立ち寄るのもOK。他にも入学式や成人式など、ハレの日も活躍すること間違いなしのサービスでした。

 

大切な日に、恋人や家族と気軽に写真撮影を楽しめるなんてサイコー!

金沢にいるみなさ〜ん、ぜひここで大切な人との写真撮影を自由に楽しんでくださいね♪

 

「STILL&MOVIE」藤間さんのHPはこちらから↓↓ スタジオへ訪れる際には、前もって予約するのを忘れずに!

http://stillandmovie.com/

    この記事を読んだ人は、
    こんな記事も読んでいます

    “ニュース”の最新記事はこちら

    このページの先頭へ