北陸花嫁の間にも、ドライフラワーが大流行している件

TEXT by marrico_editor

2018.11.01

ニュース

富山出身のラーメン好き、生粋の田舎っ子編集Yです。この間取材した花嫁さんが、まさかの友達の友達でした。富山県って、狭いですね…。ふふふ

現在、「結婚SANKA」2017年12/20号『結婚準備シミュレーション』記事の取材を進行中です。

〈結婚準備シミュレーション記事とは?〉

プロポーズされてから、結婚式当日までの花嫁の日常を紹介する記事です。

 

結婚式を終えられた卒花嫁に話を聞いて、気づいたのですが、なにやら北陸にも…

 

ドライフラワー&プリザーブドフラワーブーム

がキテるみたいですよ!?

 

結婚式といえば、生花を使うのが主流ですが、生花は残念ながら、数日経つと枯れてしまいますよね。その点、ドライフラワーやプリザーブドフラワーは、見た目がかわいいのはもちろんのこと、結婚式が終わった後も長く飾っておけるというメリットも花嫁に人気のようです♪

 

こちらは、2017/12/20号に登場する花嫁さんが、結婚式で両親に贈った、ドライフラワーの三連時計。

両親の贈り物の定番になりつつある三連時計ですが、ドライフラワーを用いるだけで雰囲気がガラッと変わりますよね!

 

こちらは、2017/6/20号に登場してもらった卒花嫁マイさんの、プリザーブドフラワーを使った手作りフラワーボックス。

結婚式での両親へのプレゼントを考えたときに、「花束にすると高いし枯れてしまう…」とフラワーボックスを手作り!木箱の中に「オアシス」を詰め、大阪で購入したプリザーブドフラワーを刺して作ったそうです。

 

こちらは、卒花嫁Kさんが作ったウエディングタペストリー!

転写シートでデザインを写し、ポスカで文字を塗り塗り。ドライフラワーとセットにするだけで、アンティークな可愛さがプラスされますね♪

 

そして、みなさん!こちらの写真をご覧ください。

ナチュラルなウエディングを計画中の花嫁Mさんの部屋に…

なんと…

つるされたドライフラワーがズラー!?

なんと!自分でお花を着色し、乾燥させてドライフラワーを作ったそうです。会場装飾やウエディングブーケだけでなく、ヘアアクセサリーにも使用するのだとか!(オシャレ花嫁の、女子力の高さ…。恐るべし!)自分で作ったドライフラワーで彩る結婚式、考えただけでも高まりますね!ただ、一緒に暮らしてる家族には「クサイ!なにこれ!」って言われたみたいです(笑)

 

ざっとご紹介しましたが、北陸花嫁の女子力の高さ…恐るべし!!(本日2回目の感想)私も、ドライフラワー始めてみようかしら…ドキドキ

絶賛結婚準備中の花嫁のみなさんも、ドライフラワーやプリザーブドフラワーをアイテムに取り入れてはいかがですか?

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ニュース”の最新記事はこちら

このページの先頭へ