「えっ、こんなところで?!」世界農業遺産の輪島・千枚田で叶える特別な結婚式

TEXT by marrico_editor

2018.11.01

ニュース

結婚式は、教会や神社でするものだと思っていませんか? 北陸には、「えっ、こんなところで!?」と思わずびっくりしてしまう場所で、結婚式を挙げるカップルもいるんです!

今回は、2016年9月10日に石川県輪島市白米町で行われた「千枚田ウエディング」をご紹介♪

 

輪島の千枚田は「世界農業遺産」にも認定されていて、その美しい眺めから観光地としても有名です。この農業遺産を発信するため、毎年能登市がカップルを募り、秋の稲刈りイベント後に結婚式を執り行っているそう。2000年から始まったこの結婚式は、今年でなんと17回目。今回は輪島出身の2組のカップルが、青空の下、自然の中で愛を誓い合いました。

 

結婚式では、花嫁行列を縄でふさぐ「縄張り」や、菓子を投げて幸せをまく「つと投げ」など、能登の結婚式の風習も再現されたとのこと。毎年、この千枚田ウエディングを心待ちにしている人も多く、SNSでは「今年も千枚田結婚式の季節がやってきたのか…」という地元民の声とともに、結婚式の様子の写真が次々とアップされ、「こういう結婚式もいいな〜!」と感嘆する声も。実り豊かな稲穂のように、2組の夫婦の結婚生活が実りあるものになりますように…。

他にも、富山の立山(室堂平)や「黒部ダム」、福井の「三方五湖」などで結婚式を行ったカップルもいるそう。自然豊かな北陸の名所を二人占めできるなんて贅沢ですね。カップルを募集している自治体や観光地もあるので、気になる人は探してみて!

今marricoを読んでいるあなたも、二人だけの思い出の場所、特別な場所で、結婚式を挙げてみてはいかが?

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ニュース”の最新記事はこちら

このページの先頭へ