【ララシャンス太陽の丘】のプロポーズ・サポートが超絶優しすぎる!料理も撮影も全て無料!?

opomeTEXT by opome

2020.09.07

プロポーズ・指輪

いよいよ、最愛の彼女にプロポーズ!と覚悟を決めたものの、一体全体どんなプロポーズをしたら彼女が喜んでくれるのだろうか…と頭を抱える、迷えるプロポ男子(プロポーズを計画している男性のこと)のみなさま!

最高におすすめしたい、プロポーズの救世主とも言えるスポットを金沢で見つけました。

 

その場所は、「ララシャンス太陽の丘」

石川・金沢のお年頃女子なら誰もが知っている、金沢市太陽が丘にある人気の結婚式場です。

 

「結婚式場でプロポーズってどーゆうこと?」

その「?」を解き明かすべく、最近彼女ができて浮かれている編集部 大石が実際にそのサポートを体験してきました。

そのプロポーズ・サポートの内容が、とにかく凄かった!

金沢近郊のプロポ男子のみなさま、必見です!

 

「ララシャンス太陽の丘」到着。慣れぬキラキラムードに緊張…が、そこには頼れる彼が待っていた!

ここがあの!全石川県女子憧れの結婚式場!「ララシャンス 太陽の丘」!!

到着した大石氏。硬い表情です。

「正直、緊張してないって言ったら嘘になります。っていうか、最近付き合ったばっかりだってのに、なんでプロポーズの相談しなきゃならないんだ…。そして、こんなキラキラした場所に一人で来るなんて、辛すぎるぞ」。

キラキラに怯える大石氏を、感じの良いスタッフさんがお出迎えしてくれました。

「わ!なんて親しみやすい笑顔なんだ!緊張が音を立てて解けてゆくぞ!シュルシュル…」見るからに、頼れそうな彼に導かれて、館内へ。

やだもう、気がつけばめっちゃ喋っちゃってる!まずは二人のこと、ヒアリングされました

出迎えてくれた頼れる笑顔の紳士は、ララシャンス太陽の丘のウエディングプロデューサー・前田さん。プロポーズ・サポートの担当の方でした。

話しやすそうな男性スタッフが担当とわかり、ホッとする大石氏。


ララシャンス太陽の丘のプロポーズ・サポートとは ??

ウエディングプロデューサーが結婚式場を舞台に、二人のためにオリジナルのプロポーズをプロデュースするサービスです。

彼の想いや彼女の好みをくみとって、プランを立てるだけでなく、当日も式場のスタッフが総力をあげて、プロポーズをバックアップしてくれます。

…といっても、イメージがわかないと思うので、大石が実際にプロポーズのプランを立ててもらいました。

前田さん「大石さん、こんなプロポーズしたいなっていうイメージありますか?」

大石「そうですね…考えたことなかったですね…」

(プロポーズもなにも、最近付き合ったばかりなんだよな…そして僕は、割と人見知りだ。そんな僕から、色々と聞き出せるかな、前田くん)失礼な空気の大石氏。

大石「プロポーズはちゃんとしたいなって思うんですけど、具体的にこうしたいとかって、思いつかないんですけど…」

前田さん「では、例えばこんな感じはどうでしょう…」

大石「え、そんなことできるんですか?いいですね…」

前田さん「彼女さんのお好きな花や曲がわかれば、それを取り入れることもできますよ」

大石「彼女の好きな花かぁ〜♡ 実は彼女ね…」

気がつけば、彼女とのなれそめや思い出をベラベラ喋る大石氏。うれしそうです。

大石「じゃあ、じゃあ、彼女を誘い出す口実、どうしますかっ!どうしたらいいです??」

前田さんの心地の良いトークと絶妙な提案に、完全にノッてきた大石氏。身振り手振りも交えて、積極的に自身の思いを伝えています。

前田さん「そうですね、うちはイルミネーションもすごくキレイなんで、それを見に行こうなんてのはどうですか?」

いつしか自身のプロポーズ・プランニングに全力投球中の大石氏。頭を抱えて唸ります。

大石「あーっ、イルミネーションかーっ!!うーん、自分そんな柄じゃないんだよなー」

前田さん「では、こんなのはいかがでしょう…」

完全に、プロポーズするマインドが整った大石氏。前田さんの手腕、お見事!

大石「そ、それ!それ、いいっす!!!それでいきましょ!!!!!」

ということで、前田さんに提案していただいたプランはこんな感じ〜

□友人から、ララシャンス太陽の丘のディナーチケットをもらったから一緒に行こうと、彼女を誘う

□ララシャンス太陽の丘で、二人楽しくディナーをいただく

□ディナー終盤、電話がかかってきたと、大石が席を外す

□大石は前もって用意しておいたスーツに着替え、花束と指輪を持ってチャペルへ

□カメラマン、チャペルにスタンバイ

□スタッフが彼女に声をかけて…

全てをお伝えしたいところですが、大石の彼女にバレてしまうとサプライズ失敗となってしまいますので、このへんで

全て無料!? うそでしょ!な「ララシャンス太陽の丘」の優しすぎる想いに驚愕

大石「ところで今回、前田さんに時間をかけてプランニングしてもらって、しかも当日はお料理もお花も、撮影も、ララシャンス太陽の丘さんにお願いすることになるわけですけど、このプロポーズ、全部でおいくらぐらいになるんでしょうか

(結構な金額だろうけど、一生に一度のことだしな。最高のプランだしな。彼女、喜ばせたいしな。もう、いくらかかっても払う覚悟はできている…ドキドキ…)

前田さん料金はいだたいておりません。全て無料で、サポートさせていただきます

大石「へ?無料?」

無料!? まじっすか!?」大石氏の目に光が宿った。

前田さん「1組でも多くのカップルを、幸せな結婚へと導くお手伝いができたらという思いでさせていただいている無料のサービスになります。ララシャンス太陽の丘が、お二人にとって思い出の場所になれたら、うれしいです」

当日の成功イメージ、バンバン浮かんできた!素敵すぎる館内クルーズへ

前田さん「大石さん、実際にチャペルをご覧になられませんか」

大石「見ますとも!僕の一世一代のプロポーズの舞台を、ぜひともこの目で確認しておきましょう!!」

前田さんと、同じくプロポーズ・サポートを担当されているウエディングプロデューサーの浅井さんに導かれてチャペルへと向かう大石氏。

ララシャンス太陽の丘には、趣の異なる二つのチャペルがあります。

まず案内されたのは、木々の温かなぬくもりと清らかな水に彩られた、太陽と水の教会「サン・ソレイユ」

前田さん「大石さん、さぁどうぞ!!」

扉の向こうに広がっていたのは、木のぬくもりと緑が優しい、まるで森の中のような心地の良いチャペル。

白い大理石のバージンロードに映り込む景色も、夢のような美しさです。

大石「うぉ〜〜〜!!」

祭壇の奥には、天井まで届く開放的な大きな窓。その奥には滝がキラキラと流れます。

大石「あぁ…ここで僕は彼女にひざまずき、指輪をそっと…」

その瞬間、感動的なサプライズ演出が行われるのですが、それはサプライズということでここでは内緒にしておきます。

ちなみに、挙式のイメージはこんな感じです。

チャペルには、全天候型の大階段が隣接。夜はここからの眺めがまた、最高とのこと。

前田さん夜になると木々がライトアップされるんです。窓の外がキラキラ輝いて、本当にロマンチックなんですよ」

ライトアップされるとこんな感じです。最高にロマンチック!!

大石「ほぅ、なるほど…それは悪くないですな…」

上からなのが鼻につきます。

 

続いて、もう一つのチャペル「アクアベール」を案内していただきました。水と光が織りなす、幻想的で神秘的な水上チャペルです。

前田さん「さぁ大石さん、こちらも素敵ですよ!」

大石「おおおおお〜〜〜!!!」

三面をガラスと水に囲まれた、光あふれる純白のチャペル。

「サン・ソレイユ」のナチュラルな雰囲気とはガラリと変わって、スタイリッシュでモダンなイメージです。

大石「こっちの感じも、彼女好きそうやなぁ〜」

仕事を忘れ、すっかり素の大石氏。思わずネイティブの関西弁が出てしまうほど。

ちなみに、夜はライトアップされてこんな感じです。

そして、挙式のイメージはこんな感じです。

大石「ぬおおお〜〜〜!どちらのチャペルも素晴らしすぎる!!!どっちかなんて、選べないぞ…そうだ、2回する?」

前田さん「2回ですか…ははははは…そうですね…どうでしょう…」

大石よ、前田さんを困らせるな。

実際に「ララシャンス太陽の丘」のプロポーズ・サポートを利用して大成功を収めた、先輩にインタビュー!

「ララシャンス太陽の丘」のプロポーズ・サポートで見事プロポーズを大成功させた、畠中航平さんにお話を伺いました。

Q.ララシャンス太陽の丘のプロポーズ・サポートを利用されたきっかけを教えてください

一生に一度のプロポーズ、「彼女を驚かせたい!」とは思っていたのですが、具体的にどうしたらいいか思い浮かばず。ジュエリーショップからの紹介で、このサービスを知りました。何かいいアイデアはないかなと思っていた自分にぴったりだなと、お願いすることにしました。

Q.打ち合わせはどんな風に行いましたか?

休日の昼間、私一人でララシャンス太陽の丘へ出かけました。

どんなアイデアが提案されるのか、とてもワクワクしていたのを覚えています。

担当してくださったのは、前田さん。大きな方だなというのが、第一印象でした。フランクで、温かい雰囲気で、すごく話しやすかったです。

二人がつきあった経緯や、どんなサプライズがしたいか、ほかにも他愛もない話をしながら、作戦を立てていきました。

当日は彼女の誕生日。サプライズ誕生祝いと見せかけて、実はさらにプロポーズと、ダブルでサプライズを仕掛けることにしました。

前田さんのサポートのもと、事前に指輪やスーツなどを会場に運び込んで、準備万端の状態で当日を迎えることができました。

Q.プロポーズ当日のエピソードを教えてください

当日は、彼女に怪しまれることなく、うまく誘い出せました。

会場に着くと、前田さんがあたかも初めましての感じの演技で私たちを迎えてくださって。笑

私も必死にポーカーフェイスを装っていましたが、食事中の会話も全て上の空…いやー、緊張しましたね。

でも、前田さんをはじめ、会場のスタッフさんたちみんなが味方なんだと思うと、心強かったです。

前田さんと立てたストーリーに沿って、見事サプライズ・プロポーズは大成功!

彼女は、まさかここで私がプロポーズするなんて、思いもよらなかったそうです。とっても喜んでくれました。

プロポーズ大成功直後の航平さんと、奥さまの沙羅さん。お二人からあふれるHAPPYオーラ!う、うらやましぃ〜。

Q.プロポーズを振り返ってみて、いかがですか?

お願いしてよかったです!

事前のプランニングから、当日の食事、サポート、花束、撮影まで。正直、ここまでしていただけるなんて思ってもみませんでした。

前田さんがきめ細やかに面倒をみてくださって。当日の演技も、素晴らしかったです。笑

前田さんやスタッフのみなさんの、純粋にプロポーズを成功させたいって気持ちが伝わってきて、感動しました。

何より二人にとって、一生忘れられない素敵な思い出、思い出の場所ができたっていうことがうれしいです。

プロポーズ後、イルミネーションの中で記念撮影。最高の思い出ですね。

ちなみにお二人はこのご縁を大切にしたいと、その後、結婚式の会場にララシャンス太陽の丘を選んだそうです。末長くおしあわせに!!

とゆうことで、僕「ララシャンス太陽の丘」でプロポーズします

大石「やります!僕、やりますここでプロポーズ!!前田さん、改めてよろしくお願いいたします」

熱い思いを前田さんにぶつける大石氏。

プロポ男子のみなさま、大石でさえその気にさせてしまった、ララシャンス太陽の丘の素晴らしきプロポーズ・サポート、いかがでしたか?

頼れる紳士たちが、あなたのプロポーズを見事サポートしてくれますよ!

気になった方は、まずはお電話でお気軽に問い合わせしてみてください。

プロポーズ予定日の1〜2カ月前までの相談が、おすすめだそうです。

 

ララシャンス太陽の丘

住所:石川県金沢市太陽が丘3-1-3

電話:0120-488-877

営業時間:11:00〜20:00

定休日:、水曜(祝日を除く)

駐車場:150台

現在、ララシャンス太陽の丘では、新型コロナウイルスに関する感染拡大予防対策を実施されています。

詳しくはこちらからご確認ください。

    この記事を読んだ人は、
    こんな記事も読んでいます

    “プロポーズ・指輪”の最新記事はこちら

    このページの先頭へ