【Arc-en-Ciel KANAZAWA (アルカンシエル金沢)】ナチュラルなチャペルの中、和装姿で挙式。型にはまらない結婚式を楽しみました!

marrico_editorTEXT by marrico_editor

2018.12.20

ウエディングレポ

 二人のプロフィールはこちら

石川県七尾市
木村 元さん(29)・ 真弓さん(28)

挙式DATA

会場 Arc-en-Ciel KANAZAWA(アルカンシエル金沢)
挙式日 8月25日
準備期間 8カ月
挙式スタイル 人前式
ゲスト数 58名
結婚式の総額 約380万円

 

 

  結婚式当日をレポート!

  挙式

開放感のある空間でリラックス! 自由なスタイルの和の人前式

誓いの言葉は二人で相談しながら決めたそう。入り口には花嫁のれんを飾り、入場の時には、花嫁仕度の仕上げとして、お母さんが胸元に懐剣を差す「懐剣の儀」を行った。

 

 会場装飾

インスタグラムで見つけて、絶対にしたかった大人可愛いナチュラルな高砂席

「高砂席のコーディネートは譲れなかった」という真弓さん。森のように木をたくさん飾り、まるで自然に囲まれているようなオシャレな空間に。照明を落としたときのライトアップも素敵!


 演出

自分たちもゲストも楽しめる和の演出に大盛り上がり!

ケーキカットの代わりに行ったのは「鏡開き」。蓋をたたき割った後はゲストみんなにお酒を振る舞った。「木の香りがして美味しい!」と、ゲストも喜んでくれたそう。

 

 歓談

食後のデザートと歓談はフォトジェニックなテラスで。ゆったり過ごせて満足!

高砂席の後ろに広がる全天候型のテラススペースでデザートビュッフェ。ゲストは自由にスイーツを選んだり、テラスのフラワーウォールの前で新郎新婦と一緒に歓談や写真撮影を楽しんだ。

 

 アイテム

写真に残したくなるオシャレな手作りアイテムがいっぱい

ウエルカムスペースはグリーンを取り入れたナチュラルな雰囲気に。家族と一緒に手作りしたハーバリウムやウエルカムボードを飾った。和装に合わせたボールブーケも真弓さんの手作り。

 

 二人にインタビューしました!

Q.「こういうことがしたい!」という結婚式のイメージはありましたか?

人と違った和装人前式でみんなを楽しませたかった!

誓いの言葉は二人で相談しながら決めたそう。入り口には花嫁のれんを飾り、入場の時には、花嫁仕度の仕上げとして、お母さんが胸元に懐剣を差す「懐剣の儀」を行った。

 

Q.披露宴でやってよかった演出を教えてください!

大好きなおばあちゃんと手をつないだお色直し中座

大好きなおばあちゃんにもスポットライトを当てたくて、お色直しの中座のエスコートをサプライズで指名。「こんなことうれしすぎて泣いちゃう!」って喜んでくれましたよ! (真弓さん)

 

Q.ゲストから好評だった演出の中から一つを教えてください!

挙式と披露宴の間に行ったウエルカムパーティーが好評!

挙式後から披露宴が始まるまでの時間は、ウエルカムパーティーでゲストをおもてなし。「ドリンクもフィンガーフードも美味しくて、ゆっくり過ごせてよかった」って好評でした。(真弓さん)

 

Q. 「アルカンシエル金沢」で結婚式をしてみてどうだった?

緑と光が美しいチャペルで、私たちらしい和装人前式を叶えることができてうれしかった!

私たちの理想は、型にはまらない自由な結婚式。チャペル内での和装スタイルは、今まで実際に見たことがなかったのですが、プランナーさんの提案力のおかげで実現することができました!全天候型の会場だったのも魅力的。天気の心配なく準備も当日も過ごせてよかったです。(元さん)

 

 

「Arc-en-Cier KANAZAWA(アルカンシエル金沢)」が気になったらこちらをチェック

 

 

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ