【アーククラブ迎賓館 金沢】「コード・ブルー」がテーマ!ブルーとホワイトのオシャレな結婚式ができた

marrico_editorTEXT by marrico_editor

2018.12.20

ウエディングレポ

 二人のプロフィールはこちら

石川県金沢市
木村 友さん(27) 岬さん(31)

挙式DATA

会場 アーククラブ迎賓館 金沢
挙式日 9月9日
準備期間 10カ月
挙式スタイル 人前式
ゲスト数 51名
結婚式の総額 約350万円

 

 

  結婚式当日をレポート!

  挙式

人前式の「誓いの言葉」は、二人のキューピッドにおまかせ

二人のキューピッドでもある岬さんの友人に、人前式での大役をお願い。誓いの言葉では、結婚の立会人をしてもらった。「快く引き受けてくれて感謝です!」と二人。

 

 演出

二人の職業「看護師」と大好きなドレスの色から結婚式のテーマを決定!

看護師という職業にちなんだ結婚式にしたいと思っていた二人。偶然9月9日(救急の日)が空いていて。岬さんの選んだカラードレスがブルーだったことから、テーマを「コード・ブルー」に。

 

 会場装飾

会場装飾は「ナチュラル×ブルー」に。ソファの高砂席でリラックス!

ソファ席に憧れはあったけれど、結婚式で実際に見たことがなく不安だったそう。でもリラックスできゲストとの距離も近くて大正解!何より写真映えしてお気に入り。

 

 お色直し中座

お色直し中座は両親と。内緒で用意していた手紙に感動!

お色直し中座の時、両親を指名し、感謝の手紙を読んだ友さん。「お父さんもお母さんもとても喜んでくれて。花嫁の手紙は定番だけど、新郎の手紙もやってよかったです」。

 

 アイテム

手作りアイテムはテーマカラーで統一。会場全体がセンスアップ!

診察券モチーフのエスコートカードや、フォトアイテムにも使える大きなリースなど、たくさんDIYした二人。どれもテーマカラー「ブルー」がベースだから、会場全体にも馴染んでオシャレ!

 

 二人にインタビューしました!

Q. 結婚式で印象に残っているのはどんなシーンですか

母へのサプライズで、挙式前に花嫁の手紙を読んだこと

涙もろいから、みんなの前で花嫁の手紙を読むのが恥ずかしくて。でも、感謝の気持ちは伝えたいと、挙式前にサプライズでファーストミートを行い、花嫁の手紙を読みました。(岬さん)

 

Q. これは「叶えたかった」というお気に入りの演出は何ですか?

テーマカラーの「青と白」をドレスコードにしたこと

ドレスコードに憧れていたんです!みんなブルーや白を身に着けてきてくれて、会場中が一つになったみたいでうれしかった。しかも、スタッフのみなさんも揃えてくれて感動です!(岬さん)

 

Q.結婚式をする前と後、生活や気持ちで変わったことはありますか

ケンカしなくなりました!より仲良くなった気がします

結婚式の前から入籍・同居していたので、生活面での変化はあまり感じないけれど、彼とも家族とも、もっと仲良くなれた気がします。大きな節目を一緒に過ごせたからかな!(岬さん)

 

Q. 「アーククラブ迎賓館 金沢」で結婚式をしてみてどうだった?

「この人と一緒に!」と思えるプランナーさんに出会えました

「この人と私たちの結婚式を一緒に作りたい!」と思えた素敵なプランナーさんと出会えたこと。このことが、結婚式への想いがどんどん膨らんだきっかけになりました。(岬さん)

 

料理やケーキの味はもちろん見た目でも楽しませてくれました!

もともと友人の結婚式で参列したことがあり、料理の味については安心をしていましたが、さらに、私たちのテーマに合わせた料理の演出にも対応してくれてうれしかったです。(岬さん)

 

会場のスタッフみなさんも一緒に結婚式を盛り上げてくれうれしかった

「青×白」のドレスコードにした私たち。当日は、会場のスタッフみなさんも白シャツにデニムで揃えてくれて。 「会場が一つになるってこういうことなんだ!」って感動しました!(岬さん)

 

 

「アーククラブ迎賓館 金沢」が気になったらこちらをチェック

 

 

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ