【ラヴィール金沢】家族3人の結婚式で、ほんと良かった!父にも彼にも「ありがとう」を伝えられました

TEXT by marrico_editor

2018.12.20

ウエディングレポ

「ラヴィール金沢(石川県・金沢市)」で結婚式を挙げたカップルのウエディングレポートをお届け!

 

■profile

石川県小松市
奥 悠佑さん(22) 彩さん(22)

 

■結婚式をした二人にインタビュー

Q1.どんな結婚式にしたいと思いましたか

A1.娘と三人での、かた苦しくない和気あいあいとした結婚式

授かり婚でしたが、身体のことを考えて式は娘が生まれた後に。ドレスもキレイに着たかったし(笑)。ゲストの年齢層が幅広かったので、みんなが楽しめる式にしたいねって彼と話ししてました。子ども連れで不安もあったけど、三人で出られてうれしかったです。(彩さん)

 

Q2.結婚式で印象に残っていることを教えてください

A2.彼の想いを知れたこと、私の想いも伝えられたことです

彼の友人のスピーチで、私と娘の「いってらっしゃい」の言葉だけで、一日笑顔でいられると彼が日々言っていると知り、感動しました。実は私も、彼に内緒で手紙を用意していて。家族のためにがんばってくれている彼へ、普段言えない感謝の想いを伝えました。(彩さん)

 

Q3.結婚式をする前と後とで何か変わったことはありますか?

A3.お互いの信頼度が高まって、絆が深くなったと思います

準備を通して、これまで以上にお互い言いたいことを伝え合えるようになったかな。親たちとも仲良くなれたし、これから家族でがんばって暮らしていこうって改めて思えました。(悠佑さん)

 

■二人の結婚式をレポート!

【挙式前】大人になった私たちを見てほしい! 大聖堂での両親へのファーストミート

「結婚して、親になって。ちゃんと自立できた私たちを見てほしかったんです。」と彩さん。いつも素直に話せなかったお父さんに、この時「ありがとう」と言うことができたそう。

 

【挙式】二人が一目惚れした大聖堂で笑顔と感動のセレモニー

悠佑さんの入場は、娘のいろはちゃんと一緒に。可愛らしい二人の様子に館内はほっこり。続く彩さんは「ベールダウンでお母さんと言葉を交わしたら、涙が止まらなくて」。

 

【ケーキ入刀】大好きなお母さんにお願いした「ラストバイト」からのバイト三連発!

「ラストバイト」に続き、二人で「ファーストバイト」、さらに担当プランナーさん、打ち合わせのたびに娘さんと遊んでくれたスタイリストさんへの「サンクスバイト」も行った。

 

【演出】子どもゲストを退屈させない工夫をいっぱい散りばめて

二人の結婚式には、子どもゲストもたくさん参列! テーブルにはお菓子の詰め合わせを用意し、会場の一角にはキッズスペースを設けて、子どもたちも楽しめるよう気を配った。

 

【演出】ゲストたちにおいしいサプライズ! ガーデンで「肉フェス」開催

二人の掛け声で扉が開くと、ガーデンでシェフたちが豪快に肉をグリル。ゲストたちから歓声が上がり、サプライズは大成功! 悠佑さんがアウトドア好きと知った、料理長の提案だそう。

 

■この会場で結婚式をしてみてどうだった?

ひと目見て、この会場に決めたほどとにかく大聖堂が素敵なんです

フェアにでかけたとき、大聖堂の扉が開いた瞬間、スケールの大きさと美しさに彼が圧倒されてしまって。すぐに、ここで結婚式しようって決めました。当日も本当に素敵でした!(彩さん)

 

寄り添って、心のケアまでしてくれて。スタッフの方々に救われました

準備のことで悩んだときも、プランナーさんがずっと支えて、寄り添ってくれて。当日、台風を心配して、彼女が3人のてるてる坊主を作ってくれたのもうれしかった! 宝物です。(彩さん)

 

「いろんな会場行ったけど、今日が一番おいしかった」と言ってもらえました!

料理がとってもおいしくて、ゲストの方々に喜んでもらえました。何度も結婚式に出たことのある方に、「一番おいしかった」と満足してもらえたのが、心に残っています。(彩さん)

 

■結婚式場

ラヴィール金沢

 

■挙式データ

挙式日:9月16日

準備期間:4カ月

挙式スタイル:キリスト教式

ゲスト数:50名

結婚式の総額:約330万円

 

■当日のスケジュール

挙式  10:00〜

披露宴 11:00〜

二次会 18:30〜

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ