【アールベルアンジェ】二人の「好き」を詰め込んだ結婚式。私たちもゲストも笑顔いっぱいで、楽しかった!

marrico_editorTEXT by marrico_editor

2018.12.20

ウエディングレポ

 二人のプロフィールはこちら

富山県富山市 
堀川 勝洋さん(24) 蒼葉さん(24)

挙式DATA

会場 アールベルアンジェ
挙式日 5月12日
準備期間 1年
挙式スタイル キリスト教式
ゲスト数 65名
結婚式の総額 約380万円

 

  結婚式当日をレポート!

 挙式

「自信を持って行ってらっしゃい」。言葉よりも伝わってくる、母の仕草

新体操の先生でもあるお母さんは大事な舞台の前に、必ず目を見てうなずくのだそう。「ベールダウンで母と目を合わせたときに、フワフワしてた気持ちが引き締まりました」。

 挙式後演出

まるっこくて可愛い色とりどりのポンポンシャワー

「ドレスやタキシードが白なので、カラフルな演出になればと色とりどりに用意しました」。丸みが可愛い手作りのポンポンは、写真が映えるとゲストから大好評!

 

 アイテム

王道じゃ、つまんない! こだわりブーケとエリンギが宙を舞う!

ブーケトスでは、蒼葉さんはオーダーして作ったミニブーケを、勝洋さんは好物のエリンギを投げることに。エリンギは現金5,000円というおまけ付きで、男性ゲストは大盛り上がり!

 装飾

好きな景色「夕焼け空」をイメージして、カラフルなチュールで飾った高砂席

カラフルな配色にこだわって「夕焼け空」を高砂席で表現。「二人ともサンセットが好きっていうことと、カラフルなのが私たちらしいから」と蒼葉さん。

 余興

友人たちの余興ダンスに思わず感動。「まさか、彼らが踊るなんて!」

「友達は踊りをするようなキャラじゃないので、一生懸命盛り上げてくれてると思うと、うれしくなって」。変装とダンスで会場を笑いに包んだ余興が、一番印象的な思い出。

 二人にインタビューしました!

Q.二人の結婚式のテーマを教えてください。

「二人らしさを表現する『サンセット&ボヘミアン』に」

好きな色、景色、ファッションを取り入れた結婚式で私たちらしさを表現したいと思ったんです。カラフルな会場装飾や演出、衣裳をアレンジしたりして、個性を出しました。(蒼葉さん)

 

Q.結婚式準備で大変だったことはありましたか?

「手作りアイテムが大変でした。でもイメージ通りの会場に満足!」

手作りしたいものが多くって…。ゲストのテーブルに置く流木は、3回も海に拾いに行ったんです。でも、苦労しながら頑張った分、理想の会場作りができたので良かった。(蒼葉さん)

 

Q.ゲストのために工夫したことはありますか?

「ゲストがワクワクするように、『未体験の演出』を心がけました」

ゲストに少しでも楽しんでもらうために、マンネリ感は出さないよう気をつけました。だから、定番のブーケトス演出や、プチギフトの内容こそ工夫しようって決めたんです。(蒼葉さん)

 

Q. 「アールベルアンジェ」で結婚式をしてみてどうだった?

「会場コーディネートの自由度が高い、純白の会場が魅力的。県外ゲストにも分かりやすい立地の良さも決め手です」

披露宴会場が真っ白なので、ここなら自分たちの好きなように会場装飾ができると思いました。それに余興でスペースが必要だったのですが、十分な広さがあったのもよかったです。県外のゲストも多かったので、富山駅から徒歩1分というアクセスの良さもポイントです。(蒼葉さん)

 

「アールベルアンジェ」が気になったらこちらをチェック

ウエディングレポートをもっとみる  

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ