【アールベルアンジェ】自分たちの大好きな人たちと一緒に時間を過ごせた結婚式は、最高の1日でした

marrico_editorTEXT by marrico_editor

2018.12.20

ウエディングレポ

「アールベルアンジェ(富山県・富山市)」で結婚式を挙げたカップルのウエディングレポートをお届け!

 

■profile

富山県富山市
中西 啓祐さん(29) 佳織さん(26) 

 

■結婚式をした二人にインタビュー

Q1.二人の結婚式のテーマは? そのために心がけたことは何ですか?

A1.「日頃の感謝を伝える」がテーマ。家族との絆も大切に

ゲストへの感謝をスピーチや演出で伝えることの他に、家族との繋がりも意識しました。姪っ子のリングガールや、中座で家族と退場したりして、みんなに参加してもらいました。(啓祐さん)

 

Q2.ゲストのために、工夫したことはありますか?

A2.ケーキのプレゼンターをサプライズで指名しました!

千葉から来てもらったゲストに、せっかくなので演出に参加してほしくて。事前にプレゼンターをお願いしちゃうと、緊張して楽しめないと思って、あえて当日指名にしました。(佳織さん)

 

Q3.結婚式でやってよかった演出などはありますか?

A3.こんな時だからこそと思い、僕も両親に手紙を読みました

一生に一度の機会だからと思い、彼女だけでなく、僕も手紙を読むことにしました。これまでの思い出や大人になってからも変わらず感謝してるってことを伝えられてよかった。(啓祐さん)

 

■二人の結婚式をレポート!

【挙式】リングガールに姪っ子ちゃんが登場。微笑ましい場面に会場はホッコリ

啓祐さんの姪っ子が二人にリングを届ける時、「途中で二回も落としちゃったけど、その姿が可愛らしく、笑いが起きて。最後まで頑張ってくれました」と和やかな雰囲気に。

 

【アイテム】ファーストバイトのスプーンはまさかの杖と歯ブラシ⁉︎ 二人らしいユニークなアイデア

理学療法士の啓祐さんは、「じじばばになっても食べ物に困らないように」、歯科衛生士の佳織さんは「甘いものが好きな啓祐さんが虫歯にならないように」と、想いを込めたのだとか。

 

【演出】キャンドルを灯すとメッセージが浮かび上がる、「クレールストーリア」が幻想的

お色直し入場で「高砂席でのメイン演出での驚きよりも、ゲスト一人ひとりに、驚きを添えて感謝を伝えたいと思って」と用意した演出。光による幻想的なワンシーンとなった。

 

【余興】二人の恋のキューピットが仕掛けたサプライズな内容に驚きと感動!

新婦側の友人による余興は、後半から新郎側の同僚も参加するというサプライズが。「好きな曲でのダンスと二人とも楽しめるよう工夫してくれたことが、うれしかったです」と佳織さん。

 

【サプライズ】みんなの心を一つに。想いを込めて、佳織さんにプレゼント

啓祐さんは「当日参加できなかった友人も含め、みんなの想いを形にできたら」とこっそり佳織さんの友人たちに会いに行き、みんなから集めた花びらで花時計を作り、プレゼントした。

 

■この会場で結婚式をしてみてどうだった?

親身に対応してくれるスタッフさんの気持ちがうれしい! チャペルをはじめ、新しくキレイな会場が良かったです

スタッフさんが自分たちのためを考えて接客してくれているのが伝わり、初めから好印象でした。会場が新しくてキレイで、もちろんチャペルも美しく、ブルーチャペルの演出は幻想的で素敵でした。ゲストにとっても目新しい会場で飽きさせないと思ったのが、決め手でした。(佳織さん)

 

■結婚式場

アールベルアンジェ

 

■挙式データ

挙式日:9月22日

準備期間:1年

挙式スタイル:キリスト教式

ゲスト数:88名

結婚式の総額:約400万円

 

■当日のスケジュール

挙式  12:00〜

披露宴 13:00〜

二次会 19:00〜

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ