【クラシコ】大好きなお父さんとお母さんに見守られて、幸せでいっぱいの結婚式でした!

marrico_editorTEXT by marrico_editor

2018.12.20

ウエディングレポ

「クラシコ(富山県・高岡市)」で結婚式を挙げたカップルのウエディングレポートをお届け!

 

■profile

富山県高岡市
谷﨑 竣也さん(28) 春奈さん(28)

 

■結婚式をした二人にインタビュー

Q1.どうして結婚式を挙げようと思ったんですか?

A1.花嫁姿を楽しみにしてくれた両親に喜んでほしかったんです

昔からお母さんが「娘に好きなドレスを着せてあげたい」ってよく言っていましたし、お父さんも私の花嫁姿を楽しみにしてくれていました。喜んでくれて、本当によかった!(春奈さん)

 

Q2.披露宴で印象に残っているのはどのシーンですか?

A2.二人の兄を手を組んで会場を歩いたこと!

お色直し中座のとき、どうしても仲良しの兄二人と一緒に歩きたかったんです。大好きなお父さんもニコニコと喜んでくれて、家族のあたたかみを改めて感じられました。(春奈さん)

 

Q3.結婚式準備で楽しかったことを教えてください

A3.憧れのアイルランナーを手作りしたことです!

インスタで知ってから、どうしてもバージンロードにアイルランナーを敷きたくて、布とアイロンプリントで手作りしました。彼も手伝ってくれて、いい思い出になりました!(春奈さん)

 

■二人の結婚式をレポート!

【挙式】バージンロードを彩るのは今までの思い出を載せた手作りアイルランナー

バージンロードに敷いた布製の「アイルランナー」には、二人の幼少期からの写真が散りばめられている。「この写真、懐かしいね」とお父さんと一緒に笑いながら、竣也さんの元へと歩いた。

 

【挙式後演出】挙式の後はウォーターガーデンの大階段で楽しいひとときを

水辺の大階段でフラワーシャワーの祝福を浴びた後は、ブーケプルズに続いてサッカーボールトス! サッカーが大好きな竣也さんならではの演出で、会場は大きく盛り上がった。

 

【披露宴】テーマカラーはピンクとパープル。笑いと涙のパーティーが始まった!

ピンクとパープルの大人コーデで彩られた会場。水辺から二人が登場し、いよいよ披露宴のスタート! 「笑ったり、泣いたりして、あっという間に時間が過ぎてしまいました」。

 

【演出】お色直しの再入場の前に、花束を添えて、改めてプロポーズ!

ゲストが室内からガーデンに目をやると、大階段に立つ二人の姿が。竣也さんから花束を贈られる春奈さんの笑顔に、会場では大きな拍手が沸き起こった。

 

【花嫁の手紙】披露宴の最後に披露された花嫁の手紙と、花嫁への手紙。

春奈さんを涙させたのは、大好きな父から贈られた手紙。「兄妹で女の子は私だけだったので、これまで特別扱いで可愛がってくれたんです。本当にうれしくて、感動でした。」

 

■この会場で結婚式をしてみてどうだった?

チャペルの雰囲気に一目惚れ。バージンロードは特にすごい!

「アイルランナー」を敷きたいと思っていたので、長いバージンロードはイメージにぴったりでした。白の雰囲気もすごく素敵だったので、「ここで挙げたい!」とすぐに思いました。(春奈さん)

 

とにかく会場すべてが素晴らしい。高岡にこんな場所があったなんて!

もともと、地元・高岡で挙げられたら便利だなと思っていました。会場に行ってみて、ウォーターガーデンも披露宴会場もぜんぶ美しくて、驚きました。(春奈さん)

 

プランナーさんが上手に希望を引き出してくれました

私たちのイメージとか理想を、うまく形にしてくれたプランナーさんには感謝でいっぱいです。演出も装飾も、想像以上に素敵なものにしてくれて、本当にうれしかったです!(春奈さん)

 

■結婚式場

クラシコ

 

■挙式データ

挙式日:5月12日

準備期間:1年

挙式スタイル:キリスト教式

ゲスト数:50名

結婚式の総額:約280万円

 

■当日のスケジュール

挙式  10:00〜

披露宴 11:00〜

二次会 19:00〜

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ