【ラヴィール金沢】アイデアと工夫とこだわりを詰め込んで!オリジナリティいっぱいの一日に

marrico_editorTEXT by marrico_editor

2019.06.20

ウエディングレポ

「ラヴィール金沢(石川県・野々市市)」で結婚式を挙げたカップルのウエディングレポートをお届け!

 

■profile

石川県小松市
猫宮 大河さん(24)・ さつきさん(24)

 

■結婚式をした二人にインタビュー

Q1.結婚式で工夫したことは何ですか?

A1.始球式の演出だけでなく定番演出も楽しくアレンジ!

ありきたりな結婚式にはしたくなかったので、披露宴を始球式でスタートしたり、プランナーさんと一緒にいろんなアイデアを出しました。ケーキ入刀やファーストバイトといった定番演出もアレンジしたおかげで、ゲストにも新鮮に楽しんでもらえたと思います。(さつきさん)

 

Q2.準備でがんばったなって思うことを教えてください

A2.メッセージカードを2種類ゲスト全員分、書きました!

受付での待ち時間も楽しめるようゲスト一人ひとりに写真付きのメッセージカードを。席札には、私のゲストには彼から、彼のゲストには私からの感謝の想いをつづりました。(さつきさん)

 

Q3.ゲストから結婚式の感想は聞けましたか?

A3.親戚からも「とても良かった」と言ってもらえてうれしかったです

友人たちからも、久しぶりに会った親戚からも、ほめてもらえて良かった! みんなに楽しんでもらえたんだなって、その言葉で実感。ほんと、頑張ったかいがありました。(さつきさん)

 

■二人の結婚式をレポート!

【挙式】ステンドグラスが美しいチャペル。ゲストの涙に、思わず感極まって

儀式を終えて、二人が振り向きバージンロードを進んだときのこと。涙しているゲストの姿が、目に飛び込んできたそう。感動と相まって、思わずさつきさんの目にも、涙がこぼれた。

 

【挙式後演出】感動的な挙式のあとは、きらめくスターシャワーでキュートに祝福!

チャペルの大階段で行ったスターシャワー。キラキラ輝くよう、金色と銀色の紙を星形に一つひとつ切ったそう。「家族や友達にも手伝ってもらって。ありがたかったです」。

 

【ケーキ】初めての共同作業は、桜色のソースを二人でドリップ!

和菓子やどら焼きで装飾したウエディングケーキに、入刀ではなく桜風味のピンク色のソースを二人で注いだ。ファーストバイトは、どら焼きを二人で持って、両サイドからガブリ!

 

【お色直し入場】ファーストミートで二人だけの儀式も楽しんだ

ウエディングドレスもカラードレスも大河さんに内緒で選び、当日にお披露目。「きれいだなぁと感動しました」と大河さん。お色直し入場は階段からドラマチックに登場した。

 

【演出】フォトラウンドでもゲストにワクワクを用意!

フォトラウンドにもひと工夫。フォトプロップスをくじに見立て、あたりを引いたゲストにプレゼントを贈呈。そのまま手にしたプロップスを持って記念の写真を撮影した。

 

■この会場で結婚式をしてみてどうだった?

ステンドグラスが輝く憧れのチャペルで感動の挙式を実現

ステンドグラスが美しいチャペルに憧れがあって。ラヴィールのチャペルはすごく素敵で、一目で気に入りました。当日は絶対に泣かないと思っていたのに、泣いちゃいました。(さつきさん)

 

私たちのためのオリジナルメニューが大好評!

タイガという響きにかけてトラ柄の盛り付けだったり、彼女の名前から5月にちなんだ食材を使ってくれたり。「おいしかった」とみんなに言ってもらえて、シェフに感謝です。(大河さん)

 

プランナーさんが本当にいい人。打ち合わせが毎回、楽しかったです

フェアで、何となく気になっていたプランナーさんを指名。これが大正解! 私の「ありきたりにしたくない」の想いに、たくさんのアイデアとアドバイスで応えてくれました。(さつきさん)

 

■結婚式場

ラヴィール金沢

 

■挙式データ

挙式日:3月9日

準備期間: 9カ月

挙式スタイル:キリスト教式

ゲスト数:80名

結婚式の総額:約340万円

 

■当日のスケジュール

挙式  10:00〜

披露宴 11:00〜

二次会 19:00〜

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ