【ラ・ブランシュ富山】主役は私たちじゃなくっていい。だって、「ゲストが笑顔でいられること」が最優先だもん!

TEXT by marrico_editor

2019.06.20

ウエディングレポ

「ラ・ブランシュ富山(富山県・富山市)」で結婚式を挙げたカップルのウエディングレポートをお届け!

 

■profile

富山県滑川市
稲本 盛孝さん(26)・ 彩音さん(25)

 

■結婚式をした二人にインタビュー

Q1.結婚式で特に印象に残っていることはありますか?

A1.ベールダウンの時にお母さんがかけてくれた言葉です

お母さんが「きれいだよ。幸せになってね」って言ってくれたんです。すごくシンプルな言葉だけど、目が合った瞬間に、お母さんへの感謝の想いと涙があふれて止まらなかったです。(彩音さん)

 

Q2.ゲストを楽しませるために工夫したことはありますか?

A2.演出やゲームはすべてゲスト参加型に!

甥っ子たちにお願いした「乾杯」や、ロシアンシュークリーム、ポッキーゲームやお菓子プルズなど、ゲストにワクワクしてもらえるような演出やゲームをたくさん盛り込みました!(彩音さん)

 

Q3.結婚式を挙げてから変わったことはありますか?

A3.両家の家族とのキョリがグッと縮まった気がします

今まではやっぱり、両家ともお互いに気を遣ったり、よそよそしい感じがあったりもしたのですが、それが一切なくなって(笑)。彼女の実家へ行った時も、家族の一員のように、リラックスしていられるようになった気がします。結婚式の力ってスゴイですね!(盛孝さん)

 

■二人の結婚式をレポート!

【挙式後】挙式後は大階段を降りながらフラワーシャワー!

チャペルの外では、大好きな家族や友人たちがスタンバイ!大階段を降りながらフラワーシャワーで祝福を受けた。「挙式の緊張もどこかへいっちゃいました!」と二人。

 

【装飾】「リラックスできる空間にしたい」と緑いっぱいの高砂席に!

ゲストから大好評だった、オシャレ&ナチュラルな高砂席。キャンドルやパンパスグラスを使ったアンティーク感のあるコーディネートは、11月の結婚式にぴったり!

 

【ケーキ】ケーキも、会場の雰囲気とマッチ!両親のお手本バイトは大盛り上がり

会場装飾の雰囲気に合わせて、ケーキもナチュラルに。「お手本バイトは、恥ずかしがりながらも楽しんでくれました。両親の『あ〜ん』が見られるなんて新鮮!」と彩音さん。

 

【料理】食いしん坊の二人らしい!大好きなパンをサーブしながらゲストとの時間を満喫

友人の結婚式で見た時から「かわいい! 絶対やりたい!」と彩音さんが決めていたというパンサーブ。ゲストと記念撮影をしながら、その合間に二人も大好きなパンをもぐもぐ(笑)。

 

【アイテム】ドライフラワーや思い出の写真で彩ったウェルカムスペース

「手作りするのが好き!」という二人が、当日までにコツコツ準備してきたアイテムたちがズラリ。イラストは、インスタグラムで見つけたイラストレーターさんにお願いしたそう。

 

■この会場で結婚式をしてみてどうだった?

窓の外の緑が映える!落ち着いたチャペルが理想通り

ゴージャスな雰囲気や派手な感じは苦手で。だからここのチャペルは、光がたっぷり入って明るいし、窓から見える緑がすごくキレイ! アットホームな雰囲気も良かったです。(彩音さん)

 

「食べるのが好き!」な僕たちも納得。最高のおもてなしができました

料理の美味しさも決め手のひとつ。食べるのが大好きな僕たちも納得の美味しさでした! 県外ゲストにも「北陸ってホントに美味しいものばかりだね」って言ってもらえました。(盛孝さん)

 

フレンドリーで優しいスタッフさん。打ち合わせがこんなに楽しみなんて!

スタッフさんがとっても親切で優しくて、毎週打ち合わせをするのが楽しみでした。当日、仲良しのパティシエさんが、デザートプレートにメッセージを入れてくれたのも感激しました!(彩音さん)

 

■結婚式場

ラ・ブランシュ富山

 

■挙式データ

挙式日:11月17日

準備期間: 1年

挙式スタイル:キリスト教式

ゲスト数:45名

結婚式の総額:約350万円

 

■当日のスケジュール

挙式  13:30〜

披露宴 14:45〜

二次会 なし

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ