【クラシコ】「笑いあり、涙あり」がテーマ!サプライズ連発の楽しい結婚式でした!

TEXT by marrico_editor

2019.06.20

ウエディングレポ

「クラシコ(富山県・高岡市)」で結婚式を挙げたカップルのウエディングレポートをお届け!

 

■profile

富山県氷見市
宮田 樹生さん(24)・ 梨菜さん(24)

 

■結婚式をした二人にインタビュー

Q1.結婚式の準備は大変でしたか?

A1.大変でしたが、準備を通して夫婦の絆が深まりました

手作りアイテムも多く、たまに喧嘩もしました。でも、準備を通してお互いの良いところも知ることができたのが、うれしかったことです。結婚式後の方が、仲良しですね(笑)。(梨菜さん)

 

Q2.結婚式をしてよかったと思うことはありますか?

A2.二人や、お互いの家族と共通の思い出ができたこと!

式が終わってからもほとんど毎日DVDを見たり、二人で散歩しながら当日流した曲を歌ったりしています。想像していた以上にずっと、忘れられない思い出になりました。(梨菜さん)

 

Q3.やってよかった演出はありますか?

A3.披露宴の最後に、両親に 誕生米をプレゼントしたこと!

生まれた体重と同じ重さのお米を、自分たちで縫った布で包んで渡しました。ただお金をかけるんじゃなくて、今までのお礼の気持ちを込めて、手作りしたのがポイントです。(梨菜さん)

 

■二人の結婚式をレポート!

【挙式】しんみりしたのは柄じゃないから挙式も、笑顔たっぷりで!

家族とのあたたかい関係性を感じるセレモニー。「人前式だったので、入退場に好きな音楽を流したりして、緊張よりも笑いが多い式でした。自由に楽しみました!」。

 

【挙式後演出】手作りフラワーでゲストが二人を祝福する!

フラワーシャワーのフラワーは、いとこを交えて3人で画用紙でDIYしたオリジナル! 「手作りするのは大変だったけど、『頑張って良かったー!』って思いました」と梨菜さん。

 

【サプライズ】家族にも内緒で新郎である兄のために歌を披露してくれた

樹生さんのために、弟さんがサプライズを企画。梨菜さんが手作りしたムービーに合わせて、これまでの感謝を伝える歌を披露した。これには、樹生さんや家族もビックリ!

 

【お色直し入場】パーティー後半は和装で!花嫁のれんをくぐって再入場

樹生さんのお母さんのものだという花嫁のれん。「仏壇まいりをしたときに飾られていたものです。どうしても式でも使いたいと思って、貸して頂くことにしました」。

 

【ケーキ】個性がぎっしり!二人の「好き」が詰まったオリジナルケーキ

樹生さんが尊敬するプロレスラーの人形や梨菜さんの愛犬の置物など、盛りだくさんに飾られたケーキ。ここでもサプライズで、両家両親へのサンクスバイトが行われた。

 

■この会場で結婚式をしてみてどうだった?

ゲストのことを考えて、 高岡という立地が便利でした

実家が氷見市と高岡市となるので、ゲストが来やすい場所で挙げたいと思っていました。移動にあまり負担をかけることなく結婚式を挙げられたので、正解でした!(梨菜さん)

 

明るくて、開放感のある 披露宴会場が気に入りました

披露宴会場とウォーターガーデンがつながっていて、光がたっぷり! 開放感があって、すごく気持ちよかったです。憧れの大階段があったのも、うれしいポイントでした。(梨菜さん)

 

決め手は、スタッフの人柄です!

プランナーの人柄に惚れたのが、会場を選んだ決め手でした。熱意を持っていろいろな提案をしてくれたこともあって、安心してお願いできそうと感じられました!(梨菜さん)

■結婚式場

クラシコ

 

■挙式データ

挙式日:3月16日

準備期間:9カ月

挙式スタイル:人前式

ゲスト数:61名

結婚式の総額:約340万円

 

■当日のスケジュール

挙式  10:00〜

披露宴 11:00〜

二次会 18:00〜

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ