【迎賓館ヴィクトリア高岡】憧れの結婚式を実現できて、家族や友人のことが、もっと大好きに!

marrico_editorTEXT by marrico_editor

2019.06.20

ウエディングレポ

「迎賓館ヴィクトリア高岡(富山県・高岡市)」で結婚式を挙げたカップルのウエディングレポートをお届け!

 

■profile

富山県射水市
下村 優介さん(29)・ メグミさん(25)

 

■結婚式をした二人にインタビュー

Q1.どんな結婚式にしたかったのですか?

A1.本格教会で、ふんわりドレス!昔からの憧れを実現しました

ずっと昔から、海外にあるような本格的な教会で挙式するのが夢でした。さらに、他の人と被らない結婚式がよかったので、自然と会場が絞られました。ドレスも、着たいブランドが決まっていて、会場で取扱いしていたので、選ぶのもスムーズでした。(メグミさん)

 

Q2.結婚式をしてみて良かったと感じたことはなんですか?

A2.家族や友人のことが大事だなと素直に思えました

優介さんのことや、家族、友人など、周りのみんなことがもっと好きになって、大切にしようと思うようになりました。遠方から来てくれた友人も多く、ありがたかったです。(メグミさん)

 

Q3.これから結婚式をするカップルにアドバイスをお願いします!

A3.やりたいと思ったことは 我慢せずやったほうがいいです

準備や打合せを進めていく中で、「お金をかけすぎかな?」と思ったこともありますが、全て実行しました。今でも後悔は全くないので、「やりたい」と思ったことはやるべきです!(メグミさん)

 

■二人の結婚式をレポート!

【挙式】母娘共に想いが込み上げ、号泣。入場前の、母からのベールダウン

一番緊張したという入場時。ベールダウンの時、号泣するお母さんからおでこにキスされるとつられて涙が。動揺して、「入場の歩き方を間違えてしまった」とメグミさん。

 

【挙式後演出】自分らしさを重視して、手作りポンポンで祝福シャワー! 前撮りでも利用して一石二鳥

「他の人と同じはイヤ」と思っていたため、フラワーシャワーの代わりをリサーチ。「写真で見て、カラフルでかわいいなと思ってポンポンに。思った以上に好評でした」と満足の様子。

 

【ケーキ入刀】ファーストバイトの後はサプライズで「親御様バイト」

リボンをまとったケーキでファーストバイトの後、二人のご両親にファーストバイトをサプライズで依頼。「楽しそうな姿を見ていたら、私たちもうれしくなりました」とメグミさん。

 

【アイテム】大好きなスヌーピーたちが受付から披露宴まであちこち登場!

フォトプロップスやペーパーアイテムなどは、メグミさんの大好きな「スヌーピー」をモチーフに。ウェルカムボードは絵が得意なお姉さんに依頼して、手作りしてもらったそう。

 

【両親へ記念品贈呈】最後もやっぱりスヌーピーで自分らしく感謝の気持ちを伝えた

お母さんにはスヌーピーのウエイトドールを、お父さんには花束を贈呈。「アイテムはスヌーピーで揃えたかったので、頑張って探しました」。メッセージも入れ、喜んでもらえたそう。

 

■この会場で結婚式をしてみてどうだった?

母と試食。二人とも満足できる料理で ゲストからも好評でした

母と初めて会場見学に行った際に、料理も二人で試食しました。二人とも満足できる味と見た目だったので、安心してゲストをおもてなしできるな、と思いました。(メグミさん)

 

要望をきちんと聞いて、相談にのってくれる親切なスタッフさんでした

スタッフさんの対応も親切で、いい方たちばかりだったので、安心できました。私のイメージしていた要望をきちんと理解してくれて、打ち合わせもスムーズでした。(メグミさん)

 

ステンドグラスなど英国で実際に 使われていた教会に一目惚れでした

ステンドグラスや木製のベンチなど、海外にある教会をイメージしていたので、迎賓館ヴィクトリア高岡の教会はまさに理想通りでした。他にはあまりないので、即決でした。(メグミさん)

 

■結婚式場

迎賓館ヴィクトリア高岡

 

■挙式データ

挙式日:2月24日

準備期間:10カ月

挙式スタイル:キリスト教式

ゲスト数:50名

結婚式の総額:約395万円

 

■当日のスケジュール

挙式  10:00〜

披露宴 11:00〜

二次会 18:00〜

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ