【ラヴィール金沢】二人ならではのおもてなしで エンターテインメントあふれる結婚式に!

marrico_editorTEXT by marrico_editor

2019.12.20

ウエディングレポ

 二人のプロフィールはこちら

石川県白山市
清水 孝憲さん(31)・ 夏美さん(30)

挙式DATA

会場 ラヴィール金沢
挙式日 6月23日
準備期間 6カ月
挙式スタイル キリスト教式
ゲスト数 60名
結婚式の総額 約360万円

 

 

  結婚式当日をレポート!

  挙式

壮大なチャペルを生花で彩って。緊張感漂う神聖なセレモニーに

チャペルに入ったとき、インパクトを感じてもらえるようにと、高さのある生花をコーディネート。ステンドグラスが輝く神聖な空間の中、感動のセレモニーが執り行われた。

 

 挙式後演出

プロのマジックで待ち時間の間もゲストにワクワクの演出を!

挙式が終わり、いよいよ披露宴。二人の入場を待つ間もゲストに楽しんでほしいと、プロマジシャンに演出をお願いしたそう。その間、二人は挙式参列のみのゲストとゆっくり過ごした。

 

 装飾

写真映えする華やかな会場装花と晩餐会風のテーブルレイアウト

披露宴会場に入ったときに、「おぉ!」ってゲストに驚いてもらいたくて、装花を重視したという夏美さん。また、テーブルの配置は、ゲストを見渡せるよう晩餐会風にした。

 

 演出

ゲスト一人ひとりに手渡し。アイスサーブの演出は大人も子どもも大喜び!

結婚式当日は孝憲さんの31歳の誕生日。31(サーティーワン)にちなんで、二人でアイスサーブをする演出を。実は、パティシエの孝憲さんの手作りアイス。子どもたちにも大好評!

 

退場はゲストとハイタッチ。ハッピー感たっぷりの締めくくりに!

「ディナーショーみたいに、ゲストと盛り上がりながら退場したい!」そんな孝憲さんの希望で、退場はゲストテーブルを回って、みんなとハイタッチ。笑顔あふれる締めくくりに!

 

 二人にインタビューしました!

Q.「やってよかった!」と思った演出を教えてください。

ゲストみんなが楽しむためプロの書家に依頼した余興です

友人の負担にならず、一緒に楽しめるようにと、余興をプロの書家に依頼。披露宴中に、即興の書道のパフォーマンスをしてもらうことにしました。ゲストからも好評でした。(孝憲さん)

 

Q.ゲストのために工夫したことは何ですか?

待ち時間も楽しめるようドーナツやマジシャンを用意

受付には手作りのドーナツを置いて、挙式が始まるまでの時間、ゲストに味わってもらいました。披露宴前や中座中はプロのマジシャンを呼んで会場を盛り上げてもらいました!(孝憲さん)

 

Q.結婚式で一番びっくりしたことは何ですか?

彼が手作りのイヤリングをプレゼントしてくれたこと

お色直しのお支度をしているとき、サプライズで彼が、イヤリングをプレゼントしてくれたんです。しかも手作り! 私にもうれしい演出を考えてくれていて、とっても幸せでした。(夏美さん)

 

Q. 「ラヴィール金沢」で結婚式をしてみてどうだった?

チャペルや披露宴会場の装花、ブーケ、料理、演出… 全ての希望に高いクオリティで応えてくれた!

プランナーさんをはじめ、すべてのスタッフの方たちが、僕たちの希望を第一に考えてくれてありがたかったです。的確なアドバイスもしてくれるし、完成度の高さにも感動しました。このスタッフさんたちとなら「どんなことでも一緒に叶えることができる!」って安心できました。(孝憲さん)

 

 

「ラヴィール金沢」が気になったらこちらをチェック

 

 

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ