【インペリアルウィング富山迎賓館】サプライズで笑顔と涙あふれる思い出に。もう一回、結婚式準備からやりたいくらい!

marrico_editorTEXT by marrico_editor

2019.12.20

ウエディングレポ

 二人のプロフィールはこちら

富山県魚津市
K.Hさん(25)・ Mさん(26)

挙式DATA

会場 インペリアルウィング富山迎賓館
挙式日 10月13日
準備期間 1年2カ月
挙式スタイル 人前式
ゲスト数 70名
結婚式の総額 約244万円※食事会と1.5次会を含む

 

 

  結婚式当日をレポート!

  挙式

自分たちで考えた誓いの言葉。名前をあいうえお作文に!

人前式スタイルの挙式では、二人の名前から始まるあいうえお作文で、誓いの言葉を。大きな声で「せーの!」と二人で読み上げると、会場からは爆笑が起こった。

 

 1.5次会

次から次へとサプライズの演出が!ゲスト参加型、笑顔いっぱいの1.5次会

クラッカーとともに新郎新婦が入場、新郎への誕生日サプライズ、ゲスト参加型のクイズ大会&じゃんけん大会…。ゲストを飽きさせない演出で、会場は終始ワイワイ!


 会場装飾

手づくりアイテムいっぱい。お花屋さんのセンスも光った高砂席がおっしゃれ〜!

新郎手づくりのタペストリーやボード、家にあった小物を使って。イメージを伝えると、お花屋さんが花と合わせたデコレーションを提案してくれたそう。「イメージ以上!」と、新婦Mさんも感激。

 

 演出

胃袋を掴まれた肉料理をゲストにも味わってほしくって。ビッグサイズのお肉に入刀!

「試食して美味しかった肉料理を、ゲストにもたくさん食べてほしかった」とケーキではなく、塊肉へ入刀! どんな形で出てくるか知らなかったという新郎新婦も、びっくりのボリューム!

 

 前撮り

自分たちで作ったフォトアイテムで、丸一日ロケーション撮影を楽しんだ

新緑の時期に、和装は近くの旧家で、ドレスは会場のガーデンにて撮影。「色打掛は成人式みたいに見えた」と、当日着ない和装は白無垢に。手づくりのフォトアイテムも大活躍!

 

 二人にインタビューしました!

Q.どうして結婚式をしようと思ったんですか?

家族への感謝をちゃんと伝える場を用意したかったからです

食事会・1.5次会という形で、親族と友人、それぞれと過ごす時間を分けました。両親へ向けた手紙やプレゼントは食事会で渡し、しっかりと想いを伝えられたと思います。 (新婦Mさん)

 

Q.結婚式で一番力を入れたことは なんですか?

DIY!木工・布系は彼が紙系は私が担当しました!

招待状は、使う紙選びから始め、デザインや印刷まで全て二人のオリジナル。丸太で作った結婚証明書は、彼がペイントまでしてくれて。思い通りのものができて大満足です! (新婦Mさん)

 

Q.結婚式で一番印象に残っているシーンはどこですか?

「どんないい旦那もらったがけ!」って友人に言われたサプライズ

1.5次会の終盤、彼からのサプライズ。動画の中で、彼が私にゆかりのある場所を次々と訪れ、最後には花束を持って眼の前に! ゲストのみんなも、感動してくれました。(新婦Mさん)

 

Q.「インペリアルウィング富山迎賓館」で結婚式をしてみてどうだった?

想像を超えるプランナーさんの提案に 「打ち合わせに行くのが待ち遠しい!」

自分たちだけでなく、ゲストにも楽しんでもらいたいと思っていた結婚式。毎回最高の提案をしてくれたプランナーさんたちのおかげで、打ち合わせに行くのが待ち遠しかった! (新郎Kさん)

 

一口惚れ(?)したコース料理。 『ゲストにも食べてほしい』と即決でした

最初に試食したときに、お互い一口目で「美味しい!」と思ったコース料理。「これをゲストにも食べてほしいね」と二人の意見が一致! 当日に入刀したお肉も絶品でした。(新郎Kさん)

 

ずっと憧れていた ガーデンウエディングが叶えられた!

歴史のある会場だけど、リニューアルしたばかりで、とってもキレイでした。ナチュラルな雰囲気の式をイメージしていたので、ガーデンでの挙式が叶えられてよかった。(新婦Mさん)

 

 

インペリアルウィング富山迎賓館」が気になったらこちらをチェック

 

ウエディングレポートをもっとみる  

 

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ