【アールベルアンジェ】飾らず、気取らず、私たちらしく。大好きなみんなに、いっぱいのありがとうを!

marrico_editorTEXT by marrico_editor

2019.12.20

ウエディングレポ

 二人のプロフィールはこちら

富山県黒部市
岩井 隆治さん(33) ・ はづきさん(31)

挙式DATA

会場 アールベルアンジェ
挙式日 8月31日
準備期間 7カ月
挙式スタイル キリスト教式
ゲスト数 56名
結婚式の総額 約430万円

 

 

  結婚式当日をレポート!

  挙式

色とりどりのライティングで忘れられない幻想的な挙式シーンに

「緊張しました」とはづきさん。二人がこの会場に決めた理由の一つが、このチャペル。ブルー、パープル、グリーン、ピンク…シーンごとに表情を変えて、セレモニーを感動的に盛り上げた。

 装飾

高砂席は、大人なデコレーションのソファ席に。自然とゲストが集う心地よさ

気取らない式を目指した二人は、高砂を緑に囲まれたソファ席にしたいとオーダー。披露宴中も、ゲストが自然と集まって、腰掛けて。気がつけば女子会状態に。楽しそう!

 

 入場

入場はキャンドルサービスで。フローティングキャンドルの優しい灯りでパーティー開始!

披露宴会場の大階段を降りて、二人が登場!  入場はキャンドルサービスで、ゲストに感謝の言葉をかけながら。水に浮かべたキャンドルのオレンジの灯りが、おしゃれに会場を照らした。

 演出

大好きな絵本がモチーフ。おめでたい!だるまさんをフォトアイテムに

各テーブルに用意された、はづきさん手作りのだるまさん。ゲストが目入れをしたら、色直しの和装にぴったりなフォトアイテムに! 大勢いた子どもゲストたちも大喜び。

 前撮り

「オノマトペの屋上」でのカラフルPOPな写真がお気に入り!

前撮りは7月末に。人と違った感じがいいなと、はづきさんがリクエストして「富山県美術館」で撮影。ヒールを脱いで跳んだり、寝そべったり。思いっきり撮影を楽しんだそう。

 二人にインタビューしました!

Q.結婚式準備で、楽しかったことは何ですか?

彼と一緒に、アイテムを たくさん手作りしたことです

普段から物を作るのが好きなので、デコレーションアイテムや、小物をたくさん作りました。彼も自分から手伝ってくれて。スターシャワーやフォトプロップスは彼の力作!(はづきさん)

 

Q.結婚式で、心に残っているシーンを教えてください。

「私の結婚を一番喜んでくれたおばあちゃんのうれし涙です」

中座のエスコートは、感謝を込めておばあちゃんをご指名。驚きながらも、とっても喜んでくれました。その涙に、私もこらえきれず…。元気なうちに、結婚式ができてよかった!(はづきさん)

 

Q.これから式を迎える花嫁たちへアドバイスはありますか?

「写真はプロに依頼が正解。ドレスで歩く練習もしてみて!」

少々お金がかかっても、写真はプロに依頼するのがおすすめ。満足度が高くて、後々ちゃんと見返します。あと、思いの外ドレスは歩きにくいので、試着時に練習するといいかも。(はづきさん)

 

Q. 「アールベルアンジェ」で結婚式をしてみてどうだった?

「『ブルーチャペル』はやっぱり美しかった! いろんな会場初のこと、親身に全力で叶えてくれました」

選んだ決め手は、おいしい料理と、ほかにはない幻想的なチャペル。「カッコいいな」って思ってたけど、本番も素敵でした。リクエストした「富山県美術館」での撮影や高砂のソファ席は、実は前例のなかったことみたい。それでも、思ってた以上のクオリティで。うれしかったです!(はづきさん)

 

「アールベルアンジェ」が気になったらこちらをチェック

 

ウエディングレポートをもっとみる  

 

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ