【軽井沢高原教会】森の中の教会で、憧れの結婚式!旅行気分で家族や友人とリラックス

yu-minTEXT by yu-min

2020.06.18

ウエディングレポ

 二人のプロフィールはこちら

石川県金沢市
中村 旭さん(27)・ 杏衣さん(25)

挙式DATA

会場 軽井沢高原教会
挙式日 8月24日
準備期間 10カ月
挙式スタイル キリスト教式
ゲスト数 35名
結婚式の総額 約350万円

 

  結婚式当日をレポート!

  挙式

挙式を待つ瞬間も絵になる!歴史ある教会での儀式も感動

「父と腕を組んで…くすぐったい気分でしたね」と杏衣さん。軽井沢を代表する教会での式はハープの生演奏が響き渡り、美しく感動的で、心に深く残るセレモニーに。

 

 挙式後

ゲストからの祝福に包まれて、楽しかったライスシャワー

ゲストからのライスシャワーの祝福に笑顔で応える二人。青い空と樹々が茂る爽やかなロケーションの中、親族やゲストとの記念撮影の時間も、しっかり設けて。


 披露宴

パーティーの始まりはテラスで。ボトルオープンも盛り上がった!

返信ハガキを一番に送ってくれたゲストと共に、ボトルオープン! 景気よくパーティーがスタート。ウエディングケーキは、二人と軽井沢高原教会をイメージしたものに。

 歓談中

手作りフォトプロップスが大活躍!みんな笑顔で「ハイポーズ」

思いおもいのフォトプロップスを手に自然と笑顔がこぼれて、素敵な写真がたくさん。使い捨てカメラも用意し、子どもゲストが夢中でシャッターを押して楽しんでくれたそう。

 デザートタイム

見た目も最高、味も美味しいスイーツマルシェでテンションアップ

「ゲストに楽しんでもらいたい」と、取り入れたスイーツマルシェは大成功。ずらりと並ぶ本格的なスイーツを前に、ゲストたちも主役の二人も思わず満面の笑顔に!

 

 二人にインタビューしました!

Q.なぜ軽井沢ウエディングを選んだのですか?

家族に感謝を込めて旅行のように。他とは違う結婚式にもしたかった

軽井沢旅行プラス結婚式にして、家族に楽しんでもらいたいと思って。あとは、友人の結婚式とかぶりたくなかったというのも、軽井沢ウエディングを選んだ理由の一つです。(杏衣さん)

 

Q.結婚式準備で一番力を入れたことは何ですか?

「『これぞ』という物は作りました。カタチになって嬉しかったです

席札やリングピロー、フォトプロップス、写真を飾ったフォトフレームなど、テーマに合わせたいものは手づくり。ジャイアントフラワーは作るのも会場に運ぶのも大変でした。(杏衣さん)

 

Q.軽井沢に招待する上で気をつけたことはありますか?

心配をしなくていいようにお金のことは事前に伝えました

費用の面で不安にならず、気持ちよく出席してもらうため、招待状には、宿泊費の必要がないことと、当日お車代をお渡しすることも明記しました。電車の時刻表も添えましたよ。(杏衣さん)

 

Q. 「軽井沢高原教会」で結婚式をしてみてどうだった?

軽井沢ならではの澄んだ晴天の下、大好きな家族や友人と和やかに

自然あふれるロケーションで結婚式をしたかったので、高原教会はまさに理想通り。感動的な挙式の後は、ゲストと一緒に中庭での撮影を満喫しました。(杏衣さん)

 

「1泊2日の滞在型ウエディングで、家族や友人も『軽井沢旅』を満喫」

慌ただしくなりがちな当日も、時間を気にせずゲストとゆっくりできて良かったです。結婚式プラス旅行で、家族やゲストにも想い出深い1泊2日になったかなと思います。(杏衣さん)

 

「打ち合わせも結婚式当日も、高いサポート力と気配りがうれしかった」

直接の打ち合わせは4回。メールでも色々サポートしてもらいました。当日は妊娠中の私に気を使ってくれたり、子どもゲストの相手をしてくれたり、スタッフの方にも感謝です。(杏衣さん)

 

「軽井沢高原教会」が気になったらこちらをチェック

 

ウエディングレポートをもっとみる  

 

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ