【迎賓館ヴィクトリア福井】結婚式のおかげで、「家族っていいな」って改めて気づきました

TEXT by marrico_editor

2018.10.22

ウエディングレポ

私が小学生の時、叔父の結婚式に参列して、ヴィクトリア福井の「聖マリア教会」で挙式したのを覚えていたんです。そのときから結婚への憧れみたいなものがあって。17年経って、結婚式を挙げるってなったときにやっぱりその教会の雰囲気が好きで…。自分たちが叔父と同じ「聖マリア教会」でウエディング。叔父も喜んでくれて、両親もすごく嬉しそうにしてくれた。「家族っていいな」って改めて気づくことができたのは結婚式のおかげ。(千尋さん)

 

■結婚式場

迎賓館ヴィクトリア福井 (福井県・福井市)

 

■二人が叶えたかったこと

①両親に感謝の気持ちを伝えたい!
②白、グリーンで統一した海外のような雰囲気
③主人にサプライズして驚かせたかった!

 

【挙式】叔父の結婚式から17年。同じ教会で幸せを誓い、引き継がれた家族愛

      

当時小学生だった千尋さんは、聖マリア教会で叔父の挙式を見ていた。同じ教会で幸せを誓い、17年の時を越えて、家族同士がつながるウエディングに叔父も嬉しそう。

 

【ウェルカムスピーチ】来てくれたゲストに、家族に感謝を込めて ウェルカムスピーチ

3カ月という短い準備の中、集まってもらったゲスト、協力してくれた友人に日頃の感謝と「今日は楽しんでいってください」という気持ちを伝えて、会場を盛り上げた。

 

【ケーキ】二人が食べる前に 両親が「お手本バイト」家族みんなが笑顔に

ケーキカット後は、二人が食べる前に、お互いの両親が食べさせ合う「お手本バイト」を披露した。「当の本人たちがノリノリで、楽しんでやってくれました」と千尋さん。

 

【サプライズ】康介さんにサプライズ!ラプンツェルをイメージした灯りで会場を彩る

千尋さんが康介さんにサプライズを用意。目隠しを外した康介さんの目の前にはたくさんの光が! 戸惑いながらも喜んでくれた康介さんをみて、千尋さんも嬉しくなったそう。

 

【余興】仲のいい友人勢揃い! 白雪姫の余興に会場は大盛り上がり

同じ小学校の先輩、後輩だった二人。共通の友人も多く、たくさんの友人が余興に協力してくれた。「短期間であそこまで面白い余興をしてくれるとは思わなかった!」と千尋さん。

 

 

■二人がこの会場を選んだ理由は?

会場見学にいったときに、教会のステンドグラスや、神聖な雰囲気にとても魅力を感じました。試食したときも、一口食べて美味しくて。両親の評価も高くて、「ここなら間違いないな」と思いました。また、スタッフのみなさんの対応がとても親切で丁寧だったことも、決め手のひとつですね。

 

■この会場のココが良かった!!

思わず見惚れるステンドグラス 神聖な雰囲気が魅力的な「聖マリア教会」

英国から譲り受けた本物のステンドグラスに照らされ、神々しい光に包まれる「聖マリア教会」。聖歌隊の歌声が響き渡る神聖な雰囲気の中、感動のウエディングを叶えることができる。

 

北陸の食材を使った シェフ渾身の美食「北陸キュイジーヌ」

北陸の豊かな食材を使った美食「北陸キュイジーヌ」は、お互いの家族やゲストの気持ちをつなぎ、心からの感動と満足を届けてくれる。幸せの味として、二人とゲストの記憶にずっと残っていく。

 

おもてなしを極めた クラシカルで上質な披露宴会場

披露宴会場は、おもてなしを極める華やかな空間。家族や友人、大切な人に見守られながら、これから始まる二人の幸せな未来の始まりにふさわしい温かな披露宴を叶えることができる。

 

■profile

福井県福井市
嶋内 康介さん(25)・千尋さん(24)

 

挙式データ

挙式日:4月16日
挙式スタイル:キリスト教式
準備期間:3カ月
ゲスト数:90名
結婚式の総額:約370万円

 

当日のスケジュール

挙式  10:00〜
披露宴 11:00〜
二次会 なし

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ