【レポ】アットホームな空間で聴いた父の演奏。やっぱり、うちの家族って最高だな

TEXT by marrico_editor

2018.10.25

ウエディングレポ

結婚式に何しようか考えていたら、ハーモニカが趣味の父の姿を思い出したんです。「せっかくだから家族にも」と演奏を頼んだら、すごく喜んでくれて。いつも「うるさいなぁ」って思ってた音が、結婚式では違って聴こえた。こんな素敵な音色を奏でていたんだね。少人数のアットホームな空間だったからこそ、みんなで演奏を楽しんだり、家族や友人とじっくり話せたり。ありがとう、大好きの気持ちでいっぱいになりました。(朋香さん)

 

■結婚式場

軽井沢高原教会(長野県・軽井沢町)

 

■二人が叶えたかったこと

①リゾート地 軽井沢でのナイトウエディング
②アットホームな空間で形式ばらずにラフな感じで
③ゲストに旅行気分を味わってもらいたい

 

【挙式】幻想的な夜の教会。キャンドルの優しい灯りが二人を包む

挙式で行ったのは「キャンドルリレー」。参列者が二人のことを想いながら、順番に教会からの灯火を繋げていくというもの。優しい灯りによって、教会はより幻想的な雰囲気に。

 

【挙式後】星空の下、ゲストからのあたたかな祝福に顔がほころぶ

挙式後は、ゲストに見守られながら披露宴会場へ移動。緊張も和らぎ、二人とも自然とホッとした表情に。ゲストからは『夜の結婚式って素敵だね』と言ってもらえたそう。

 

【乾杯】アットホームな雰囲気の披露宴会場で乾杯!夜のパーティーを楽しむ

「ラフな感じにしたかった」という二人。自ら動き回り、ゲストとの会話を楽しんだり、料理を美味しく食べたり。ソファ席もあるので、ゲストがゆったりとくつろぐことができた。

 

【演出】二人のために家族が楽器を奏でてくれて…。美しい音色に思わず涙

音楽をたしなむ朋香さんの父、浩史さんの母、妹二人が生演奏を披露。「たまたま楽器を弾ける人が両家にいたんです。当日は、父のハーモニカに思わず泣いちゃいました(笑)」。

 

【前撮り】ロケーション抜群!緑豊かな自然の中で非日常感を味わう

前撮りは、軽井沢の豊かな自然を生かしたロケーション撮影。新緑の中で、当日は着られない和装も一緒に楽しんだ。「非日常って感じで新鮮!軽井沢って素敵なところですね」。

 

 

■二人がこの会場を選んだ理由は?

会場を知ったきっかけは、クリスマスに訪れた「キャンドルナイト」。幻想的な雰囲気がすごく印象的で、「ここで結婚式ができたらいいな」って。軽井沢なら、遠方からのゲストにも旅行気分を味わってもらえるし! 4ヵ月のスピード準備だったけど、スタッフさんのサポートのおかげで素敵な挙式になりました。

 

■この会場のココが良かった!!

歴史ある教会で挙げるナイトウエディング。キャンドルが醸し出す幻想的な雰囲気にうっとり

ナイトウエディングって、友達でもやってる人が少なかったので、最初はちょっと不安でした。でも夜の教会はとてもロマンチック!キャンドルを灯しながらの結婚式は、すごく思い出になりました。

 

自然豊かな軽井沢はロケーションが見どころ!ゲストにも旅行気分を味わってもらえます

緑がいっぱいの軽井沢!抜群のロケーションで前撮りも思いっきり楽しみたかったし、ゲストにもリフレッシュしてもらいたかった。ゲストは翌日観光もできるので、旅行気分も味わってもらえました。

 

軽井沢の美食に舌鼓…。あの日の美味しさは今でも忘れられません

料理の美味しさにも感動しました。挙式から半年経った今でも、ゲストから「あの時の料理、すごく美味しかったよね!」と言われるくらい。素敵な空間での美味しい料理は忘れられませんね。

 

■profile

石川県金沢市
清住 浩史さん(30)・ 朋香さん(29)

 

■挙式データ

挙式日:9月2日
挙式スタイル:キリスト教式
準備期間:4カ月
ゲスト数:35名
結婚式の総額:約345万円

 

■当日のスケジュール

挙式  18:15〜
披露宴 19:45〜
二次会 なし

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ