【ラグナヴェール金沢】海をテーマにした会場は笑顔とサプライズでいっぱいでした!

marrico_editorTEXT by marrico_editor

2018.10.25

ウエディングレポ

中学時代からの付き合いの私たち。二人とも海が好きで、学生の頃は自転車デートの定番コースでした。だから、結婚式のテーマも海! 青をイメージカラーにして、席次表やテーブルを貝殻でコーディネートしました。身近なテーマにしたのは「普段の私たちらしい式にしたい!」という想いもあって。堅苦しくならないよう、ビールサーバーを持ってテーブルを回ったり、式場スタッフに着ぐるみで協力してもらったり。笑いと驚きでいっぱいの一日でした。(里奈さん)

 

■結婚式場

ラグナヴェール金沢(石川県・金沢市)

 

■二人が叶えたかったこと

①ゲストみんなと触れ合える楽しい一日にしたい!
②ガラス張りで開放的な、素敵なチャペルでの挙式!
③海をイメージした会場での披露宴!

 

【挙式】両家の家族が手を取り合って叶えた、あたたかな挙式

「母のベールダウンで、改めて結婚の実感が湧いてきました」と新婦。リングガールは新婦の姪で、リングピローは新郎兄の奥さんお手製。家族と共に作り上げた、あたたかい挙式となった。

 

【サプライズ】新郎の父が用意したサプライズムービーに感極まる新郎

甲子園に出場経験もある高校球児だった新郎の練習風景や仲間のメッセージをまとめたムービーを、なんと新郎の父がサプライズで用意。涙ぐむ新郎の姿にゲストも感動した。

 

【ケーキ】イチゴたっぷりケーキのファーストバイトで、兄のバースデーもお祝い

式の当日が誕生日だったという新郎兄のために、サプライズでお手本バイトへご招待! 戸惑いながらも嬉しそうな兄に、日頃なかなか言えない感謝の想いを伝えた。

 

【お色直し入場】スタッフも参加! ゲストも大喜びのサプライズ再入場

新郎新婦の再入場と思いきや、現れたのはなんと着ぐるみ! 式場スタッフによるニセ再入場に会場は大盛り上がり。本物の新郎新婦はバンケットの大階段から優雅に登場した。

 

【余興】余興も手抜きなし! 多才な友人たちとパーティーを盛り上げる

声楽部出身だった新婦の友人による歌の披露や、よさこい経験者の新郎と友人たちによるよさこいと、余興も本格的。多才な二人ならではの、楽しい時間となった。

 

 

■二人がこの会場を選んだ理由は?

まずチャペルに一目惚れ。結婚式は「できたらいいな」程度に思っていたのに、会場を見てすぐに決心しました。県外のゲストも多かったので、兼六園横で立地がわかりやすいのも大事で。話を進めるにつれて感動したのはスタッフさんの提案力。ここじゃなかったらこんなに素敵な式にならなかったと思います。

 

■この会場のココが良かった!!

開放的で美しいチャペルが二人の結婚式を華やかに祝福する

新婦が気に入ったというチャペル。天井の美しいクリスタルが、ガラス張りの祭壇から入る自然光を受けて美しく輝く。9mの長さを誇る、花を敷き詰めたガラスのバージンロードも人気だ。

 

兼六園に隣接する最高のロケーションがゲストに人気

日本三名園のひとつに数えられる「兼六園」に隣接する絶好のロケーションは、県外から訪れるゲストにも喜ばれる立地。趣深い園内での、前撮りやフォトウエディングも叶えることができる。

 

合言葉は「All for Thank you」。提案力バツグンのスタッフが勢揃い

松木夫妻の結婚式に、着ぐるみで登場したというスタッフ。高い提案力も魅力で、「やりたい結婚式のイメージを伝えたら、幅広い提案をしてくれて助かりました」と、新婦も頼りにしていたそう。

 

■profile

石川県金沢市
松木 佑祥さん(24)・里奈さん(24)

 

■挙式データ

挙式日:5月21日
挙式スタイル:キリスト教式
準備期間:6カ月
ゲスト数:68名
結婚式の総額:約440万円

 

■当日のスケジュール

挙式  11:00〜
披露宴 12:00〜
二次会 19:00〜

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ