【ラ・ブランシュ富山】ロマンあるイギリス館での和の結婚式で、「結婚したんだね」と幸せを実感しました

marrico_editorTEXT by marrico_editor

2018.10.25

ウエディングレポ

すでに入籍はしていたので、結婚式は大げさにせずこぢんまりと海外挙式もいいかな、なんて思っていたんです。でも両親には「結婚式はお披露目の場。せめて親戚にだけでもきちんとご挨拶の場を…」という気持ちがあったようで、二人で相談して、大切な人みんなに集まってもらうスタイルに落ち着きました。今まで関わった大勢の人に祝福してもらえたことで、「結婚した」という実感が湧き、二人の大切なけじめになったような気がします。(新婦・Hさん)

 

■結婚式場

ラ・ブランシュ富山 (富山県・富山市)

 

■二人が叶えたかったこと

①ゲストに、肩肘張らず楽しい時間を過ごしてほしい
②「みんなと同じ」じゃない演出を取り入れたい
③新潟・福井という二人の地元っぽさを盛り込みたい

 

【挙式】「結婚してください」Tさんからのブーケプロポーズに感動

Tさんがゲストから1輪ずつ花を受け取り、挙式でHさんに手渡した。「あらためてのプロポーズにグッときました」とHさん。姪っ子によるフラワーガールには、会場中が笑顔に。

 

【ウェルカムパーティー】ゲストハウスならではの素敵なガーデンでおもてなしのひととき

ガーデンにドリンクを用意して、披露宴までの待ち時間のおもてなし。「披露宴で遠慮しがちな親族とも、たくさん写真が撮れました」とHさんも大満足。

 

【ケーキ】インパクト大! 巨大なおにぎり型のケーキに入刀

新潟出身でお米が大好きなTさん。ケーキはオリジナリティとインパクト重視で「おにぎり」に! 二人の名前入り特注しゃもじでのファーストバイトも盛り上がった。

 

【演出】ゲストも二人も楽しい、豪華景品が当たるくじ引きタイム

ゲストにはリラックスして参加してもらいたかったので、余興は頼まず演出を盛り込んだ。二人が引いたマークが当たったゲスト3人に、豪華な松坂牛をプレゼントした。

 

【両親へ記念品贈呈】Hさんの故郷・福井へ行って二人で作った三連時計をプレゼント

記念品は、1本の木から作られた三連時計。福井出身のHさんにプランナーが提案してくれた。二人でメッセージを入れるなどして手作りしたことも、大切な思い出となった。

 

 

■二人がこの会場を選んだ理由は?

和装が映える会場がよかったので、「イギリス館」のクラシカルな雰囲気はぴったりでした。料理の美味しさはもちろん、「故郷の味を振る舞いたい」という私達の要望に、シェフが快く応えてくれたことも嬉しかったです。見学の時からスタッフさんのおもてなしの心を感じ、気持ちよく準備を進められました。

 

■この会場のココが良かった!!

和装もレトロモダンな雰囲気で映える、クラシカルな邸宅「イギリス館」

「イギリス館」はクラシカルで落ち着いた雰囲気が魅力。他にも、明るく華やかな「フランス館」、カジュアルな印象の「イタリア館」という3つの邸宅から好みやゲスト数に合わせて選ぶことができる。

 

ガーデン付きの邸宅を貸し切ってのプライベート感たっぷりのウエディング

邸宅ごとに緑豊かなイングリッシュガーデンがあり、ガーデンでのスイーツビュッフェやウェルカムパーティーが叶う。邸宅一棟貸し切りウエディングで、ゲストと水入らずの楽しい時間を過ごそう。

 

少食のゲストにも「全部残さず食べれたよ!」と大満足してもらえた、美味しい料理

Hさんも試食して納得したという、美味しい料理。友人ゲストからも「全部おいしく食べれたよ」という感想があったそう。福井出身のHさんのリクエストに応えて越前そばも用意してもらえた。

 

■profile

富山県富山市
H.Tさん(28)・Hさん(28)

 

■挙式データ

挙式日:7月17日
挙式スタイル:人前式
準備期間:5カ月
ゲスト数:70名
結婚式の総額:約400万円

 

■当日のスケジュール

挙式  12:00〜
披露宴 13:15〜
二次会 なし

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ