【レポ】北陸にはない教会の雰囲気に一目惚れ!1泊2日の軽井沢ウエディング

TEXT by marrico_editor

2018.10.25

ウエディングレポ

みんなの思い出に残るウエディングがしたいと思っていたので、軽井沢で1泊する結婚式は、自分たちの理想通り。富山から出席してくれるゲストにとっても新鮮に感じてもらいたくて、挙式は北陸にはない雰囲気の「石の教会」を選び、憧れのナチュラルウエディングを叶えました。結婚式も、そのあとも、一緒に過ごして会話をする時間はたっぷり。結婚式の夜はゲストみんなにコテージを用意し、旅行気分を楽しんでもらえたのも良かったです。(康乃さん)

 

■結婚式場

石の教会 内村鑑三記念堂(長野県・軽井沢町)

 

■二人が叶えたかったこと

①ゲストの思い出になるような結婚式
②石の教会で、北陸にはない雰囲気の中のセレモニー
③旅行気分が楽しめる

 

【挙式】これまでの人生を表現。「石の教会」ならではの登場シーン

新婦はお父さんと2階から入場。バージンロードまでは父の背中を追い、バージンロードからは横に並んで進み、祭壇前で新郎の元へ。これまでの人生を表現したような始まり。

 

【挙式後演出】石畳を進むとゲストが二人を ライスシャワーで祝福

結婚を誓い合った幸せいっぱいな二人。教会を出ると、ゲストからの祝福のライスシャワーが待っていた。当日は天気が良く、教会の緑もとってもキレイ!

 

【乾杯】テラスでちびっこが元気よく 「かんぱ〜い!!」

パーティーは、軽井沢ブレストンコート内にある会場「ゲイブルハウス」で行われた。テラスで新郎の甥っ子が乾杯の音頭をとり、和やかにパーティーはスタート!

 

【演出】友人夫婦にサプライズ。先輩として お手本をお願い!

ハワイ挙式のみで、披露宴をしていない友人夫婦に、ファーストバイトをサプライズプレゼント。新郎新婦のケーキカットセレモニーの後、素敵なお手本バイトを見せてくれた。

 

【料理】シェフも登場! 軽井沢の美味しい料理に感動

軽井沢の美食で、ゲストをおもてなし。会場にシェフが登場する場面もあり、目の前で料理を仕上げる演出は、ゲストから大好評。デザートビュッフェでもゲストのテンション、アップ!

 

 

■二人がこの会場を選んだ理由は?

新郎家族と私とで軽井沢へ旅行した際、石の教会にも行きました。その時に、教会の雰囲気がとてもよく、その場でここで結婚式をすることを決断。北陸にない空間が、何よりの決め手です。教会へ続く、石の回廊もステキ。挙式後のパーティーをする会場を、いろいろ選べたのも良かったです。

 

■この会場のココが良かった!!

自然に囲まれた、幻想的な教会で 憧れのナチュラルウエディングを叶えたくて

旅行の時に一目惚れしたのは、石で作られた洞窟のような不思議な空間。ゲストにも、今までにはない結婚式を体験してもらえるんじゃないかと思って。ナチュラルな空間で挙式が叶って大満足です。

 

前撮りや撮影、挙式後の余韻も楽しめるフォトジェニックな石の回廊がステキ!

教会から続く石の回廊も、軽井沢の自然とマッチしていて、すっごくキレイでした。挙式前や前撮りで、たくさん素敵な写真を残せそうだなと思って。当日は、式の余韻に浸りながら歩きました。

 

「星野リゾート 軽井沢ブレストンコート」から 好きな空間を選べるのも魅力でした

挙式後のパーティー会場やレストランは、なんとゲスト数や好みに合わせて選ぶことができます! おかげで、自分たちの雰囲気にあった、ナチュラルな披露宴を叶えることができました。

 

■profile

富山県砺波市
大江 一斗さん(29)・ 康乃さん(27)

 

■挙式データ

挙式日:5月27日
挙式スタイル:キリスト教式
準備期間:1年2カ月
ゲスト数:38名
結婚式の総額:約270万円 ※旅費・宿泊費含む

 

■当日のスケジュール

挙式  14:30〜
披露宴 16:00〜
二次会 なし

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ