【レポ】大好きなおばあちゃんにも花嫁の気持ちを体験させてあげたい!

TEXT by marrico_editor

2018.10.25

ウエディングレポ

小さい頃からおばあちゃんによく面倒をみてもらっていました。以前から「ドレスは着たことがなくて、お嫁さんらしいことは特にしなかったねー」と話すおばあちゃんに、結婚式だからこそ何かしてあげたいって思って。そしたら主人の方から「ベールをつけてあげたら」って提案があったんです。当日、お色直しで中座するときにおばあちゃんを呼んで私のベールをかけました。とても驚いていましたが、すごく喜んでもらえて…本当によかった。(夕菜さん)

 

■結婚式場

迎賓館ヴィクトリア福井 (福井県・福井市)

 

■二人が叶えたかったこと

①家族に感謝を伝えられる場にしたい
②おばあちゃんにベールを掛けてあげたい
③アットホームな雰囲気で料理を楽しんでもらいたい

 

【挙式】神聖な雰囲気に包まれたクラシカルな教会で幸せを誓い合う

「二人の間には時間がたっぷりあるという、牧師さんの言葉がとても印象的だった」と夕菜さん。時間という言葉には、スッと胸に入っていく納得感があったそう。

 

【ケーキ】いちごたっぷりのウエディングケーキ!サプライズバイトを実行

たっぷりのイチゴがのったウエディングケーキ。この日は二人の挙式日であると同時に友人の誕生日だったそう。プランナーさんに提案してもらったサプライズバイトを行った。

 

【お色直し中座】ドレス姿に憧れていた祖母にベールをかけるサプライズ演出

お色直しで中座するとき、祖母にベールを。ドレスを着た経験がない祖母にとって、孫からの驚きのプレゼント。「今までの感謝も伝えられてよかった」と夕菜さん。

 

【余興】父がギター演奏を披露!参加者に楽しんでもらえる余興も準備

昔から父のギターと歌を聞いて育った夕菜さん。「いつか結婚式で歌ってほしい」という夢を叶えた。また、二人からゲストに余興として抽選会を実施。会場は大いに盛り上がった。

 

【アイテム】二人で協力してゲストをもてなすアイテムを揃えた

ウエルカムグッズは二人で準備。100円均一などで小物を買い揃え、せっせと準備したそう。母手作りのウエルカムドールなど、可愛らしいアイテムがゲストを出迎えた。

 

 

■二人がこの会場を選んだ理由は?

チャペルのクラシカルな雰囲気と料理が美味しかったことです。そして何よりスタッフの人間性に魅力を感じました。私たちにだけでなく、スタッフ同士でも笑顔で話し合っていたことやフェアに行った後日、素敵なカードを贈ってくれたことで、大切なゲストの方にもしっかりと対応してくれると確信しました。

 

■この会場のココが良かった!!

思わず見惚れるステンドグラス神聖な雰囲気が魅力的な「聖マリア教会」

英国から譲り受けた本物のステンドグラスに照らされ、神々しい光に包まれる「聖マリア教会」。聖歌隊の歌声が響き渡る神聖な雰囲気の中、感動のウエディングを叶えることができる。

 

北陸の食材を使ったシェフ渾身の美食「北陸キュイジーヌ」

北陸の豊かな食材を使った美食「北陸キュイジーヌ」は、お互いの家族やゲストの気持ちをつなぎ、心からの感動と満足を届けてくれる。幸せの味として、二人とゲストの記憶にずっと残っていく。

 

おもてなしを極めたクラシカルで上質な披露宴会場

披露宴会場は、おもてなしを極める華やかな空間。家族や友人、大切な人に見守られながら、これから始まる二人の幸せな未来の始まりにふさわしい温かな披露宴を叶えることができる。

 

 

■profile

福井県敦賀市
辻岡 猛さん(32)・夕菜さん(31)

 

■挙式データ

挙式日:10月15日
挙式スタイル:キリスト教式
準備期間:1年4カ月
ゲスト数:40名
結婚式の総額:約280万円

 

■当日のスケジュール

挙式  10:00〜
披露宴 11:00〜
二次会 なし

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ