【マリエールオークパイン金沢】「仲間っていいなぁ」と実感。結婚式って、本当に温かいですね

TEXT by marrico_editor

2018.10.25

ウエディングレポ

結婚式では、お世話になっている会社の人にたくさん来てもらいました。普段はクールなのに、披露宴では心のこもった挨拶をしてくれたり、余興を熱く盛り上げてくれたり。仲間に祝福されていることが本当にうれしかったです。また、普段なかなか会えない遠方の親せきも集まり、思い出話に花が咲いたりして、みんなずっと笑顔で楽しそうでうれしかった。夫婦となって、これからもこの縁をつなげていきたいです。(規行さん)

 

■結婚式場

マリエールオークパイン金沢(石川県・金沢市)

 

二人が叶えたかったこと

①感謝の気持ちを両親、親戚に伝えること
②もう良い大人なので落ち着いた感じに
③ウエディングドレスなど衣裳にこだわりたい

 

【挙式】緊張の挙式のあとは、晴れ渡った空のしたフラワーシャワーの祝福

大切な儀式だからこそ、間違えないか心配だったそう。ドキドキの挙式を終えた二人を、フラワーシャワーで祝福。明るい空に気持ちがほぐれ、眩しい笑顔を見せた。

 

【ケーキ】ひとくちのスプーンに「ありがとう」の思いをのせて

サンクスバイトは、新郎新婦だけでなく、両家両親にも参加してもらった。二人の「感謝の気持ちを伝えたい」との思いに、プランナーが提案してくれたそう。

 

【アイテム】レッドとピンクで大人の可愛らしさを華やかに表現

当日の和装は大変だと想像し、前撮りしたものをウエルカムボードにて披露。会場をビビッドに彩った装花類は、晶子さんのカラードレスと合わせて、全体の統一感を出した。

 

【お色直し入場】ゲストの視線釘づけ! 他にない演出が魅力のお色直し入場

お色直しの登場をきらびやかに演出する 「シンデレライリュージョン」。ロマンチックな雰囲気の中、規行さんは照れながらも「一生幸せにします」との誓いをポーズに込めて。

 

【両親へ記念品贈呈】両家の結びを象徴する3枚つづりのネームインポエム

新郎新婦、両家両親の名前を織り込んだポエムは「家同士つながっている感じがいいな」と感じて。ポエムを読み上げると、「気持ちが伝わった」と、両親は涙ぐんでいたそう。

 

 

■二人がこの会場を選んだ理由は?

二人とも同会場の互助会で会費を積み立てていたので、お得に素敵なチャペルやバンケットで結婚式が挙げられること。歴史があり担当さんの経験も豊富で、準備期間が3カ月という条件でも前向きに取り組んでくれたこと。料理がとても美味しかったこと。「やっぱりここが良いよね」と意見が一致しました。

 

■この会場のココが良かった!!

金沢駅から徒歩5分のウエディングステージ。50周年という歴史と経験!

金沢のウエディングシーンを牽引し続ける同会場。たとえタイトな準備期間でも、確かな経験と柔軟な対応力、斬新なアイデアで、納得の結婚式を実現。だから安心して任せられる。

 

駅近では唯一の独立型チャペルと選べる3つの会場で二人らしい披露宴を

開放的かつ幻想的な独立チャペルに、雰囲気や席数に合わせて3つのバンケットを選べる。高木夫妻は、ピンクゴールドのタイルや、華やかなシャンデリアが目を引く「アクアスイート」をセレクト。

 

お客様満足度95%! マリエール自慢の料理にうっとり

四季折々の素材と作りたてにこだわった和洋折衷料理は、「料理といえばマリエール」と自社アンケートでお客様満足度95%を獲得するほど評判。年配ゲストからも褒められる料理でおもてなしを。

 

profile

石川県野々市市
高木 規行さん(40)・晶子さん(40)

 

■挙式データ

挙式日:6月5日
挙式スタイル:キリスト教式
準備期間:3カ月
ゲスト数:72名
結婚式の総額:約290万円

 

■当日のスケジュール

挙式  10:30〜
披露宴 11:30〜
二次会 なし

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ