【ラヴィール金沢】今まで支えてくれたみんなに感謝を伝えたい、そう思えたのは父の言葉がきっかけでした

TEXT by marrico_editor

2018.10.25

ウエディングレポ

「自分のことを気にかけて、助けてくれる気持ちが大切。たとえジュース一本でも感謝の気持ちを忘れるな」。幼い頃からの父の言葉が「支えてくれた人たちへの感謝」をテーマにした理由の一つです。当日はゲスト全員にメッセージを贈り、父には手紙を読みました。「姉弟のためにたくさん苦労したのも、それを見せないようにしていたのも知ってたよ。ありがとう」って。それでも最後まで涙を見せなかったのも「男は人前で泣くな」が口癖の父らしいところでした。(将一さん)

 

■結婚式場

RAVIR KANAZAWA(ラヴィール金沢)(石川県・野々市市)

 

■二人が叶えたかったこと

①お世話になった周りの人に感謝を伝えたい!
②みんなが楽しめるカジュアルな結婚式

 

【装飾】会場を華やかに彩る手作りアイテムとゲストからのプレゼント

アイテムはほとんど持ち込み! 英里さんお手製のフォトプロップスをはじめ、テーブルにもDIYのアイテムが並ぶ。ウエルカムスペースにはお世話になった人たちからの贈り物を飾った。

 

【披露宴】グリーンいっぱい! ゲストも肩肘張らないカジュアルスタイルで

「当日はとにかくゲストに楽しんでほしい!」と決めていた二人の披露宴会場は、肩肘張らずに過ごせる緑いっぱいの空間。ナチュラルなコーディネートで、ゲストも自然な笑顔に。

 

【ケーキ】インパクト抜群! 二人っぽいケーキでゲストにおもてなし

ゲストに喜んでもらうためのケーキだって、大事なこだわりの一つ! 二人が好きな海と砂浜をイメージしたデザインをベースに、二人の仕事に関するモチーフでデコレーションした。

 

【お色直し中座】幸せいっぱいの一日は、二人を育ててくれた大切な家族と一緒に

お手引き相手は当日のサプライズ。おばあちゃん子だった将一さんは、子どもの頃そうしてもらったように、祖母をおぶって中座。英里さんは母方の祖父と父方の祖母をパートナーに。

 

【演出】みんな笑顔いっぱい! フォトラウンドでゲストと触れ合う

ゲストといる時間を大事にしたかったという二人。お色直し&再入場のあとは、ゲストと触れ合うフォトラウンド! オシャレなフォトプロップスも大活躍で、会場はどこも笑顔いっぱい!

 

 

■二人がこの会場を選んだ理由は?

初めて見学した会場がラヴィールで、もう即決でした。とにかく披露宴会場の「シルワ」が素敵で。もともと格式ばった式にはしたくないなと思っていたので、グリーンいっぱいの雰囲気はイメージ通りでした。プランナーさんともすごく相性がよくて、友達感覚で相談できたのもよかったな。

 

■この会場のココが良かった!!

グリーンに囲まれた癒しの空間で ゲストとの距離が近いカジュアルなパーティーを

二人もお気に入りだったという、グリーンに囲まれたナチュラルテイストの披露宴会場「シルワ」。緑が美しい癒しの空間で、肩肘張らずにゆったりと楽しめる。

 

県内屈指の本格大聖堂は思わず息をのむ美しさを誇る

穏やかな明かりと幻想的に輝くステンドグラスが魅力の「エスポワール」は、石川県内でも最大級の規模を誇る、独立型の本格大聖堂。天井高11mのチャペルの荘厳な美しさを体感してみて。

 

フルオーダーのコース料理で夫婦の想いに寄り添った食事を提供

ゲストからの評価が高いのは料理。打ち合わせに料理長が自ら参加し、フルオーダーのコース料理を実現。フレンチシェフと和食の板前が腕を振るうので、幅広い年齢層のゲストに愛される食事が叶う。

 

■profile

石川県金沢市
瀨端 将一さん(25)・ 英里さん(27)

 

■挙式データ

挙式日:10月9日
挙式スタイル:人前式
準備期間:4カ月
ゲスト数:66名
結婚式の総額:約380万円

 

■当日のスケジュール

挙式  10:00〜
披露宴 11:00〜
二次会 19:00〜

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ