【富山セント・マリー教会&迎賓館ヴィクトリア】お義父さんから彼女の手を託された時、「一生大切にする」と強く心に誓いました

marrico_editorTEXT by marrico_editor

2018.10.25

ウエディングレポ

二人とも結婚式に対して特に強い希望は持っていなかったのですが、僕の両親の「一生に一度のけじめだし、久美子さんのためにも」という後押しもあって。結婚式をして一番心に残ったのは、お義父さんが両手で彼女の手をとって、僕に託してくれた瞬間。「ご両親が大切に育てた彼女を、これからは僕が守っていく」という気持ちを強く抱きました。婚姻届を出すだけでは感じられない責任感が自然と芽生えた、大切な日になりました。(勇輝さん)

 

■結婚式場

富山セント・マリー教会&迎賓館ヴィクトリア(富山県・富山市)

 

■二人が叶えたかったこと

①ゲストと盛り上がれる演出を取り入れたい
②久美子さんに素敵なドレスを着せてあげたい
③お色直しはお姫様抱っこで入場

 

【挙式】小さい頃の思い出や両親のあたたかい愛に胸が熱くなった

久美子さんの花嫁支度の仕上げは、お母さんによるベールダウン。お父さんと二人並んで歩くバージンロードは、一緒に過ごした日々のたくさんの思い出がよみがえった。

 

【お色直し中座】花嫁をお姫様抱っこ! 女性ゲストは思わず「キャ〜♡」

久美子さんのリクエストで、退場シーンはプリンセス気分たっぷりのお姫様抱っこ! 女性ゲストからは「キャ〜♡」という羨望の歓声が上がった。

 

【お色直し入場】ゲストテーブルを光で華やかに彩りながら入場

お色直し入場でセレクトしたのは、液体を注ぐと光を放つ不思議な演出「ルミ・ファンタジア」。会場全体が幻想的な雰囲気に包まれた。

 

【花嫁の手紙】普段は言えないけれど「産んでくれて本当にありがとう」

「両親の前ではなかなか素直になれない私だけど、心の中ではいつも感謝していたよ。産んでくれてありがとう」と久美子さん。厳格なお父さんも、この日ばかりは男泣き。

 

【ロケーション撮影】気に入ったドレス姿でゆったり撮影。素敵な写真が残せた!

会場の敷地内には、イングリッシュガーデンや独立型の教会など、撮影にぴったりのロケーションがいっぱい。結婚式とは別の日にゆっくりと撮影できるので、満足の写真が残せた。

 

 

■二人がこの会場を選んだ理由は?

結婚式を一緒につくってくれるスタッフさんが、本当に優しくて。いつも笑顔で迎えてくれて、僕達の気持ちをうまくリードしながらスムーズに進めてもらえて、頼もしかったです。チャペルやパーティー会場の雰囲気も、派手すぎず上品で気に入ったし、お得なプランがあったのもよかったです。

 

■この会場のココが良かった!!

感動の挙式を叶える二人のはじまりの場所にふさわしい教会

ステンドグラスが美しい荘厳な教会は、実際に英国で使われていた調度品をしつらえたもの。一歩足を踏み入れると凛とした気持ちになれ、まさにこれから家族になる大切な誓いの場にぴったり。

 

明るく清楚な雰囲気の会場「迎賓館ヴィクトリア」。4Kプロジェクションマッピングで迫力の演出も!

白を基調としたクラシカルで明るい会場「迎賓館ヴィクトリア」。4Kプロジェクションマッピングを使った、壁一面の迫力の映像演出も可能。40名までの少人数会場「VICTORIA WING」もある。

 

ドレスやタキシード込みのお得なプランがあり、安心価格で結婚式が叶う

教会での挙式料に、衣裳や控室料、美容着付、介添料がついたお得なプランで賢く結婚式を叶えた清水さん。他にもいろんなプランがあり、「安心価格できちんとした結婚式ができる」と評判。

 

■profile

富山県富山市
清水 勇輝さん(22)・久美子さん(24)

 

■挙式データ

挙式日:9月16日
挙式スタイル:キリスト教式
準備期間:10カ月
ゲスト数:40名
結婚式の総額:約270万円

 

■当日のスケジュール

挙式  11:00〜
披露宴 12:00〜
二次会 なし

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ