【富山セント・マリー教会&迎賓館ヴィクトリア】「お父さんを泣かせちゃだめよ」。バージンロードは笑って歩けたね、父さん

TEXT by marrico_editor

2018.10.29

ウエディングレポ

涙もろい父がバージンロードを歩けなくなるのを心配して、結婚式前日に母が「パパを泣かせちゃだめよ」って。だから、母からベールダウンしてもらう時も、しんみりムードにならないようなおしゃべりをしてから、バージンロードに立ちました。両脇に並ぶみんなの祝福の笑顔を見ていたら、嬉しさや幸せがこみ上げてきて。父と並んで笑顔でバージンロードを歩いたことは、これから結婚式を思い出す時、きっと心に浮かぶと思います。(絵茉さん)

 

■結婚式場

富山セント・マリー教会&迎賓館ヴィクトリア(富山県・富山市)

 

■二人が叶えたかったこと

①結婚の誓いはずっと憧れだった教会で
②あまり派手じゃなく、落ち着いた雰囲気の会場
③奇をてらわない和やかで楽しい結婚式

 

【挙式】二人の大切な誓いの気持ちにぴったりきた憧れのキリスト教式

「結婚式は教会で」と憧れていたという絵茉さん。この教会の厳かな雰囲気は一目で気に入った。挙式後、大勢のゲストが参加したフラワー&リボンシャワーも思い出に残ったそう。

 

【ケーキ】淡いピンクとグリーンで会場のイメージに合わせた3段ケーキ

ケーキは白を基調とした優しい雰囲気の会場とイメージを合わせてオーダー。淡いピンクにイチゴの赤を効かせ、披露宴後半で着るカラードレスのテイストも盛り込んだそう。

 

【お色直し中座】中座は大好きな兄弟達と一緒に写真を残すチャンス!

絵茉さんは、結婚式をずっと楽しみにしてくれていた妹&弟と、正聖さんはお兄さんと一緒に退場。家族でちゃんと写真を残せるシーンを作りたかったのだそう。

 

【余興】共通の友達や恩師が登場する映像と新郎のサプライズに感動!

高校時代から付き合ってきた二人。余興では共通の友達や恩師が登場する「スケッチブックリレー」が上映された。最後は正聖さんの歌のサプライズも披露され、絵茉さんは感激。

 

【前撮り】お得な前撮りプランでかわいい愛犬とのフォトも残せて幸せ♡

11月上旬に前撮りを実施。結婚式では着ない和装での写真や、愛犬との写真も撮れて大満足! もちろんウエディングドレスやカラードレスでも撮影し、たくさんの写真が残せた。

 

 

■二人がこの会場を選んだ理由は?

何と言っても一番は素敵な教会。祭壇や椅子などは英国の教会で実際に使われていたものだそうで、本物ならではの厳かな雰囲気がすごくよかった。スタッフさんも皆さん優しくて、初めて訪れた日から結婚式当日まで、私達のためにいつも親身になってくれました。ここで結婚式ができて、本当によかったです。

 

■この会場のココが良かった!!

感動の挙式を叶える二人のはじまりの場所にふさわしい教会

ステンドグラスが美しい荘厳な教会は、実際に英国で使われていた調度品をしつらえたもの。一歩足を踏み入れると凛とした気持ちになれ、まさにこれから家族になる大切な誓いの場にぴったり。

 

美味しいと評判の料理。斬新なメニューに期待が 高まる「北陸キュイジーヌ」にも注目

「迎賓館ヴィクトリア」の料理の評判は以前から聞いていて、安心していたという二人。特別メニュー「北陸キュイジーヌ」も試食し、個性豊かで印象的な料理の数々に期待が高まった。

 

明るく清楚な雰囲気の会場「迎賓館ヴィクトリア」。4Kプロジェクションマッピングで迫力の演出も!

二人が選んだのは、白を基調としたクラシカルで明るい会場「迎賓館ヴィクトリア」。4Kプロジェクションマッピングを使った、壁一面の迫力の映像演出も可能。他に、40名までの少人数会場もある。

 

■profile

富山県富山市
川高 正聖さん(26)・絵茉さん(26)

 

■挙式データ

挙式日:11月19日
挙式スタイル:キリスト教式
準備期間:1年
ゲスト数:45名
結婚式の総額:約300万円

 

■当日のスケジュール

挙式  12:30〜
披露宴 13:30〜
二次会 18:30〜

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ