【KKRホテル金沢】金沢城をバックにゲストをおもてなし! フラッシュモブは盛り上がりました

TEXT by marrico_editor

2018.10.29

ウエディングレポ

きちんと結婚報告したい。だから、結婚式は挙げたいと思っていました。むしろ私たちは、県外の友人も、教え子たちも含めて、これまで支えてくれたたくさんの方に見届けて欲しくて。当然、招待するからには、存分に楽しんでもらいたいので、どうおもてなしするか悩みもしました。金沢らしい披露宴や料理、サプライズのフラッシュモブなどは、そんな私たちの答え! 式を終えて、「大切な人に囲まれて幸せだ」と改めて実感しています。(佳奈恵さん)

 

■結婚式場

KKRホテル金沢(石川県・金沢市)

 

■二人が叶えたかったこと

①友人や教え子…と、たくさん招待したい!
②「金沢らしさ」を楽しんでもらいたい!
③両親に感謝の気持ちをしっかりと伝えたい!

 

【挙式】宇多須神社で神前式後、両親とともに花嫁道中

「厳かな雰囲気の中、主人と読みあげる誓いの言葉に、背筋が伸びるようでした」と佳奈恵さん。挙式の後は、ひがし茶屋街を両親と一緒に練り歩き。「とても楽しかったです!」。

 

【披露宴】金沢城が一望できる披露宴会場で美味しい料理と余興を楽しんだ

「二人とも県外のゲストが多かったので、金沢の魅力を楽しんでもらいたかった」。金沢の美しい情景を眺めながら味わう治部煮などの加賀料理は、ゲストにも好評だった。

 

【余興】友人からの嬉しい余興で会場一面が花で満ち溢れた

チューリップをテーマにした会場コーデは、お花が好きな佳奈恵さんらしい。そんな中、友人がひまわりのうたを披露。ゲストの協力もあり、ひまわりやチューリップなど会場が花いっぱいに!

 

【歓談】教え子はオードブル席。お祝いメッセージや二人へのプレゼントも!

小学生の陸上コーチの貴史さん、中学教師の佳奈恵さんそれぞれの教え子たちもオードブル席に招待。中座中には、教え子がゲストからお祝いカードを集めてプレゼントしてくれた。

 

【花嫁の手紙】こんなときだからこそ、両親に感謝の気持ちを伝えることができた。

「結婚式という特別な日だから、感謝の言葉を伝えられました」と佳奈恵さん。普段は面と向かって言えないことを手紙に綴り、読み上げるときは思わず泣いてしまったのだそう。

 

 

■二人がこの会場を選んだ理由は?

「教え子を呼びたい」という想いに対して、オードブルを用意した席で。100名以上のゲストに対応してくれる柔軟さはうれしかったです。それにホテルなので、県外からのゲストも気兼ねなく誘えましたし、観光地が近いので金沢城の景色を眺められたのも、とてもゲストに喜ばれたポイントでした。

 

■この会場のココが良かった!!

金沢城の景色が飛び込んでくるバンケットは県外ゲストにも喜んでもらえました!

金沢らしいところで披露宴をしたくて、その条件にKKRさんがぴったり当てはまりました。また、たくさんのゲストを呼びたかったので、「100人規模でも大丈夫」というのも重要でした。

 

郷土料理からオードブル席向けの料理まで、ゲスト全員が楽しめる心くばりに安心しました

治部煮など、石川県ならではの郷土料理は遠方からのゲストに好評でした。招待ゲストの席とは別に、教え子たちの席にはオードブル料理も用意。教え子たちも楽しんでもらえてよかったです。

 

宇多須神社からの花嫁道中は観光客からの「おめでとう!」もプレゼントでした

両親や友人にお披露目するからには、「恥ずかしくない挙式を」と、神社婚に。中でも、宇多須神社からの花嫁道中では、観光客からも「おめでとう!」と言ってもらえて、楽しかったです。

 

■profile

石川県能美市
高田 貴史さん(29)・佳奈恵さん(26)

 

■挙式データ

挙式日:4月1日
挙式スタイル:神前式
準備期間:4カ月
ゲスト数:104名
結婚式の総額:約470万円

 

■当日のスケジュール

挙式  12:00〜
披露宴 14:00〜
二次会 18:30〜

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ