【アール ベル アンジェ】とにかく、みんなで楽しむのが一番。エンターテインメント性に溢れた結婚式に!

marrico_editorTEXT by marrico_editor

2018.10.29

ウエディングレポ

かしこまった結婚式にしたくなくて、ゲストと一緒に楽しめる一日にしようって二人で決めました。だから、演出は誰も見たことのないようなものにこだわったんです。キャンドルサービスでは1本だけを花火にしたり、2階からピストルでパラシュートを装着したクマを飛ばしたり、大迫力のプロジェクションマッピングなどなど。笑ったり喜んだりするゲストのリアクションが楽しくて仕方なかったですね。みんなで作った大切な思い出になりました。(拓人さん)

 

■結婚式場

アール ベル アンジェ(富山県・富山市)

 

■二人が叶えたかったこと

①パーティー感覚で過ごせるカジュアルな雰囲気
②ゲストが一緒に楽しめる参加型の演出
③会場を盛り上げるプロジェクションマッピング

 

【挙式】二人の後ろ姿が映り込む純白のバージンロード

後ろ姿がバージンロードに映るチャペルに惚れ込んだ沙葵さん。当日、沙葵さんとお母さんはしんみりするのが嫌だったそうでハイタッチをして登場。二人らしい明るい入場となった。

 

【演出】二人が初めて踊った よさこいの舞いを仲間がサプライズ披露

踊りをお願いしていたよさこい仲間が二人の思い出の曲「祝桜」を密かに練習し、当日サプライズで踊った。「一曲覚えるのは大変。教え子も踊ってくれて感激しました」と拓人さん。

 

【お色直し入場】幻想的な光の演出と遊び心が溢れるド派手な再入場!

扉が開くと、二人がピストルを持って決めポーズ! パラシュートベアやプロジェクションマッピング、花火キャンドルにアクアエンジェルなど、光と二人の遊び心で会場を盛り上げた。

 

【サプライズ】断ったはずの新郎側の余興は、新婦からの贈り物

時間の関係で友人に余興を断っていた拓人さん。しかし、急遽余興が始まり、友人たちからのメッセージが届けられた。実は、沙葵さんが密かに友人にお願いしていたのだとか。

 

【前撮り】憧れの和装や手作りのアイテムで二人だけの特別な一枚を残した

和柄の折り鶴シャワーや「LOVE」の形をした赤い糸のウールレターなど、手作りでの物やアイテムを用意。結婚式当日は着ない和装姿をはじめ、二人のイメージ通りに撮影できた。

 

 

■二人がこの会場を選んだ理由は?

ゲストのみんなが今までに体験したことのないような結婚式にしたかったので、華やかなプロジェクションマッピングは絶対やりたかったんです。それと、真っ白でキレイなチャペルは初めて見たときに「ここだ!」ってなりました。スタッフさんも友人みたいに気兼ねなく話せて、打ち合わせも楽しかったです。

 

■この会場のココが良かった!!

花火や蝶、ハートが会場を埋め尽くすプロジェクションマッピングでインパクト大に登場!

ゲストに子どももいたので、アトラクションみたいに楽しい演出がしたいと思い、華やかなプロジェクションマッピングは絶対やりたかったんです。子どもたちは写真を撮ったりして喜んでくれました。

 

バージンロードに映る二人の姿がロマンチックで。光がキレイに差し込み、すごく美しかったんです

チャペルを見学した時、扉を開けた目の前に、白くキレイな景色が広がっていて一目惚れしました。バージンロードに二人の後ろ姿が映るとプランナーさんから聞き、ロマンチックだなぁって思いました。

 

富山駅のすぐ近くにあるので県外のゲストも呼びやすかった!

駅から出てすぐ横にあるので、土地勘のない県外からのゲストに案内しやすかったです。みんな迷わずに会場に行けるので、心配もせずに安心して結婚式に参加してもらえたんじゃないかな。

 

■profile

富山県富山市
永栄 拓人さん(27)・沙葵さん(28)

 

■挙式データ

挙式日:11月26日
挙式スタイル:キリスト教式
準備期間:1年
ゲスト数:78名
結婚式の総額:約420万円

 

■当日のスケジュール

挙式  11:00〜
披露宴 12:00〜
二次会 なし

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ