【諏訪会館】慣れ親しんだふるさとで、少人数でゆったりと。家族のありがたみを実感しました

TEXT by marrico_editor

2018.10.29

ウエディングレポ

正直、「結婚式しなくてもいいかな…」と思っていましたが、地元・小松での少人数婚は大正解でした。ゲスト一人ひとりとゆっくり話せたし、何より家族がすごく喜んでくれて。今まで支えてくれた人の存在を実感するとともに、「もっと大切にしていこう」、そう思える1日になりました。(新郎Sさん)

 

■結婚式場

諏訪会館 莵橋神社(おすわさん)の総合結婚式殿(石川県・小松市)

 

■二人が叶えたかったこと

①ゲストみんなとゆっくり話ができる少人数婚
②神社挙式で和装を楽しみたい

 

【挙式】神殿内で厳かに行われた儀式思わず背筋も伸びる

挙式は菟橋神社の神殿で、厳粛な雰囲気の中行われた。「本当に貴重な経験でした。和装も新鮮で、思わず背筋がピシッと伸びましたね(笑)」とHさん。

 

【披露宴】二人の演奏も大好評! ゲストの顔を見ながらゆったりと歓談

披露宴では、ゲストと同じテーブルに座り、食事を楽しんだ。その後は、ギターが得意なSさんの演奏にのせて、二人が歌を披露! 「少し恥ずかしかったけど、喜んでもらえて良かった」。

 

 

■二人がこの会場を選んだ理由は?

小松で結婚式場を探していたら、幼い頃から慣れ親しんだ菟橋神社を思い出したんです。実家からも近いので家族も来やすく、ここなら落ち着いて少人数婚ができると思いました。

 

■この会場のココが良かった!!

アットホームな雰囲気で迎えてくれたスタッフさん打ち合わせから当日まで、和やかに進みました

挙式後は、神殿内の諏訪会館で披露宴をしました。優しいスタッフさんばかりだったので、当日は和やかな雰囲気で進みました。楽器の持ち込みや演奏のサポートなど、柔軟な対応もありがたかったです。

■profile

石川県小松市
M.Sさん(40)・Hさん(32)

 

■挙式データ

挙式日:3月19日
挙式スタイル:神前式
準備期間:3カ月
ゲスト数: 20名
結婚式の総額:約130万円

 

■当日のスケジュール

挙式  11:00〜
披露宴 12:00〜
二次会 なし

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ