【レポ】神聖な会場で迎えた二人の門出。夫婦になったこと、実感できる一日でした

TEXT by marrico_editor

2018.10.29

ウエディングレポ

儀式として結婚式を行うことで、二人の門出をしっかりと認識したいという気持ちがあったんです。そして、両親もそれを望んでいました。実は、式の一週間前に入籍はしたんですが、その時は夫婦になったという実感は特になくて。結婚式当日、両親や親族、友人から結婚を認められて、夫婦になったんだなってようやくしみじみと思うことができました。みんなから祝福されたことが、すごくうれしかったです。(健太さん)

 

■結婚式場

八雲迎賓館(福井県・福井市)

 

■二人が叶えたかったこと

①自分たちもゲストも楽しい結婚式
②二人の門出をしっかり認識したい
③両親に和装を見せたい!

 

【挙式】緊張のセレモニー。 両親と共に入場した際、嫁ぐことを実感

神前式では、新郎新婦の前に、両家の親族が列席した。「親族に見守られていることもあり、身が引き締まりました」と健太さん。桜子さんは、親元を離れることを実感したそう。

 

【挙式後演出】地元の風習である「饅頭まき」を両家の両親と一緒に

新郎の地元で古くから伝わる風習「饅頭まき」を実演。饅頭やお菓子などの中に、「当たり」をしのばせてまいた。当たりが何かは、披露宴の時に発表するというサプライズ演出も。

 

【演出】両家の両親とともに縁起物の鏡開きで盛大に乾杯!

鏡開きは、樽の蓋を鏡に見立てて割ることで、福を呼ぶという意味が込められているそう。両家の両親のリクエストもあり取り入れた。この後、全員で日本酒で乾杯をした。

 

【ケーキ】ケーキ入刀後はファーストバイトでほのぼのした空気に

いくつかアイテムを用意し、どれでファーストバイトをするか、桜子さんの姪っ子に選んでもらった。セレクトしたのは、一番大きなスプーン! 大きな一口に、会場も盛り上がった。

 

【前撮り】ロケーションフォトは、 新婦が生まれ育った海を背景に撮影!

浜育ちだという桜子さんのために、二人の結婚記念として、桜子さんが生まれ育った海を背景に前撮りを楽しんだ。「記念になったし、彼女もすごく喜んでくれました」と健太さん。

 

 

■二人がこの会場を選んだ理由は?

八雲迎賓館は、3カ所まわった結婚式場のうちの一つでしたが、神聖な挙式会場に一目惚れ。和装ができることもあって、ここに即決しました。もう一つの大きな決め手は人です。会場の説明が丁寧で分かりやすく、サプライズ演出やさまざまな和装の提案など、結婚式のイメージを具体的に広げてくれました。

 

■この会場のココが良かった!!

二人の門出をしっかりと執り行える式場を僕たちも両親も望んでいました

挙式会場は、豊かな自然に包まれていて、とても静か。滝も流れていて、神聖な空気を感じました。「ここで式を挙げたら、身が引き締まるかな」と思えたことが大きかったです。

 

両親に和装姿を見せたかったので、和装のできる八雲迎賓館にしました

「こういう和装ができますよ」と、いろいろな提案をしてくれたことも嬉しかったです。また、披露宴会場が左右に分かれていて、知らない人とバッティングしないところもいいなと思いました。

 

スタッフの方々の人の良さに感動! 細やかな心配りで、結婚式を盛り上げてくれました

プランナーや演出担当、サポートの方など、スタッフの方々の人柄がすごく良かったです。とても温かくて優しい方たちばかり。皆さん心配りがとても上手で、結婚式を盛り上げてくれました。

 

■profile

福井県福井市
柳原 健太さん(27)・ 桜子さん(27)

 

■挙式データ

挙式日:7月16日
挙式スタイル:神前式
準備期間:7カ月
ゲスト数:112名
結婚式の総額:約600万円

 

■当日のスケジュール

挙式  14:00〜
披露宴 15:15〜
二次会 19:30〜

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ