【レポ】みんなの楽しそうな顔を見ていると自然と私たちもニコニコ。笑顔いっぱいでした

TEXT by marrico_editor

2018.10.29

ウエディングレポ

「二人のための結婚式」じゃなくて、「みんなで楽しむ結婚式」が理想でした。親戚や友人たちがワイワイ盛り上がれるように、演出を考えました。準備や余興でいろいろと頑張ってくれた友人たちは、「結婚式が終わっちゃって、心にぽっかり穴があいたみたい」って言ってくれたんです。それを聞いて、思わず泣きそうになるくらいうれしかったな。両親や親戚も、「賑やかで楽しい式だった」って言ってくれて! みんな楽しんでくれて、本当によかった。(美湖さん)

 

■結婚式場

越中総鎮守一宮 うつくしの杜 射水神社(富山県・高岡市)

 

■二人が叶えたかったこと

①伝統的な和婚がしたい!
②アットホームで参加型の式にしたい!

 

【挙式】親族や友人に見守られながら結婚の重みを感じた

念願の神前式。ゲストが見守る静かで厳かな雰囲気の中、結婚の誓いを読み上げながら、「これでやっと夫婦になるんだ」と、強く実感することができたそう。

 

【入場】燭台に火が灯されいよいよ披露宴が幕を開けた!

披露宴の入場を彩った「花嫁のれん」は、金沢出身の美湖さんのお母さんのもの。「照明を落とした中、のれんをくぐって入場するのは、挙式よりも緊張しちゃいました」。

 

【披露宴】二人を介してゲスト同士の縁も広がる披露宴

和やかな雰囲気に終始した披露宴。「印象的なのは、会ったことのないグループ同士でお互いにバンザイをしていたこと。新しい交流が生まれて、本当に嬉しかった」と、浩樹さん。

 

【余興】祝福の歌や踊りに皆が立ち上がって盛り上がる!

フラッシュモブのように新婦友人が踊り始め、途中からは流れるように新郎友人のバンド生演奏へ。途中で浩樹さんにボーカルが替わったのは、美湖さんにとってはサプライズ!

 

【アイテム】二人の想いがたっぷり詰まったアイテムが会場を彩った

ウエルカムバスケットや思い出の写真をはじめとして、さまざまなアイテムで受付や会場をデコレーション。「好きなものを手作りするのは、準備の中でも一番楽しかったかもしれません」。

 

 

■二人がこの会場を選んだ理由は?

今は東京に住んでいますが、結婚式は二人の地元・富山でしたいと思っていました。理想は、日本人らしさのある和婚! 二人が通った高校の近くに射水神社があって、学校帰りに一緒に歩いたり、新郎は初詣や厄祓いで折りにふれ訪れていたこともあり、とても縁の深い神社だったことが大きな理由です。

 

■この会場のココが良かった!!

凛とした雰囲気に包まれた本格和婚がしたいと思っていました

チャペルとはまた違った、凛とした空気感の挙式に憧れがあったんです。和の雰囲気たっぷりの射水神社で、和装を着て、由緒ある伝統的な結婚式が叶えらたら素敵だなあと思い、心惹かれました。

 

神前式のあとにパーティーができるよう披露宴会場が併設されていることがよかったです

神社で神前式をしたあとは、みんなでワイワイとした披露宴がしたかったんです。射水神社なら、別の会場まで移動することなく、そのままパーティーへと続けることができるのが魅力でした。

 

射水神社でしかできない「結い紐の儀」など和の趣たっぷりの行事が気に入りました

挙式の時に、指輪の代わりに赤い紐を小指に結ぶ「結い紐の儀」がとてもロマンチックで素敵だと思いました。伝統的な和の行事を取り入れたいなと思っていたので、二人にぴったりでした!

 

■profile

東京都足立区
岡沢 浩樹さん(25)・ 美湖さん(25)

 

■挙式データ

挙式日:6月24日
挙式スタイル:神前式
準備期間:10カ月
ゲスト数:68名
結婚式の総額:約340万円

 

■当日のスケジュール

挙式  10:00〜
披露宴 11:30〜
二次会 19:00〜

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ