【アール ベル アンジェ】定番だと思っていた「花嫁の手紙」。お父さんにとっては、サプライズだったんだね

marrico_editorTEXT by marrico_editor

2018.10.29

ウエディングレポ

結婚式はこれまでお世話になった方への感謝を伝える場だと思っていたから、もちろん両親にも感謝の気持ちを伝えたくて、「花嫁の手紙」は読むことにしていました。でもお父さんは、「花嫁の手紙」は昔の慣習だと思っていたみたいで、無いものだと思っていたそうで。すごくうれしかったんでしょうね、いつもお調子者の父が泣いている姿を見て、私までうれしくなりました。「ありがとう」と顔を合わせて伝えられて、本当によかった。(紗綾さん)

 

■結婚式場

アール ベル アンジェ(富山県・富山市)

 

■二人が叶えたかったこと

①かしこまらずに明るく楽しい結婚式にしたい
②ゲストみんなが参加できる演出

 

【挙式】大好きなペットが指輪を運ぶリングドッグにほっこり

紗綾さんのお母さんがリングピローを手作りし、それを和志さんのわんちゃんが二人の指輪と共に届けた。ドレスアップしたわんちゃんがテクテクと歩き届ける姿にゲストは癒された。

 

【ケーキ入刀】親友たちにもサンクスバイトで幸せのおすそわけ

ケーキ入刀の後、二人は仲の良いカップルに、日頃の感謝と幸せのおすそわけとしてサンクスバイトを。和志さんは友だちへ心を込めて、顔面パイでケーキを食べさせてあげた。

 

【お色直し入場】憧れの和装で再入場。テーブルラウンドはプチ鏡開きで

和装は絶対!と決めていた二人は、キャンドルサービスの代わりに、小さな鏡開きを。中にはお菓子が詰まっていて、最後の仲良しグループの席にはクラッカーを仕込んで驚かせた。

 

【サプライズ】教え子たちからの祝福のメッセージに思わず涙

突然始まったサプライズムービーは、保育士である紗綾さんの職場の同僚や上司、子どもたちからのお祝いメッセージ。周りの人たちに愛されていると実感し、涙がこぼれた。

 

【演出】ゲストと育んだ大切な思い出が会場を埋め尽くす

二人が叶えたかったプロジェクションマッピングを使った演出「フォトシャワー」。退場の時、ゲストと過ごしてきた今までの思い出が壁全面に映し出され、会場を華やかに染めた。

 

 

■二人がこの会場を選んだ理由は?

見学を予約した時からスタッフさんが丁寧に対応してくださって好印象を持ちました。見学当日は、きれいなチャペルに感動したり、おいしい料理を試食させてもらったり。スタッフさんが親身に話を聞いてくれたので、たくさん話しちゃって、夜遅くまでいたんじゃないかな(笑)。もちろん即決でした!

 

■この会場のココが良かった!!

プロジェクションマッピングを使って誰も体験したことのないような演出に!

体験したことがない演出でゲストを楽しませたいと思っていました。なので、退場での「フォトシャワー」は、珍しさもあって絶対にやりたかったんです。みんな楽しそうに参加してくれましたよ!

 

料理を試食した時の感動を、ゲストにも味わってほしい!って思えました

おいしい料理でしっかりもてなしたかったので重視してたんですが、試食した料理が、本当に美味しくて! 料理の盛り付け方や食材にもこだわられてたので、満足してもらえるって思えました。

 

幻想的なチャペルの美しさに一目惚れ。距離感が近くて、アットホームさを感じました

暗転し青く照らされたチャペルがきれいで感動しました。椅子の背もたれが透明だからか、視界を遮るものがなくて開放的。ゲストの席も近いので、みんなの顔を近くで見れるのも良かったです。

 

■profile

富山県射水市
加藤 和志さん(24)・紗綾さん(24)

 

■挙式データ

挙式日:4月22日
挙式スタイル:キリスト教式
準備期間:1年
ゲスト数:60名
結婚式の総額:約370万円

 

■当日のスケジュール

挙式  11:00〜
披露宴 12:00〜
二次会 19:30〜

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ