【ひまわり】遠距離恋愛だった私たちにとってこの高岡の地は、特別な場所なんです

marrico_editorTEXT by marrico_editor

2018.10.29

ウエディングレポ

結婚の話をした時、私は難病を患う母のそばにいてあげたいので、地元の高岡は離れられないと彼に伝えてました。彼は全てを理解してくれた上で、私と結婚するために高岡に来てくれて。だから、この思い入れのある高岡の、緑あふれる古城公園で撮影がしたいって、最初から決めてました。(千尋さん)

 

■ショップ名

ブライダルハウス ひまわり(富山県・高岡市)

 

■二人が叶えたかったこと

①いろんなスポットがある地元の古城公園で!
②小物を手作りして撮るオリジナルな写真

 

【ロケーション撮影】和の趣を引き立てる緑豊かな森や木のフォトスポットが魅力

事前に二人が下見したスポットだけでなく、当日見つけた場所で撮影したりと、和装にぴったりで絵になる撮影場所がたくさん。自然公園の美しさを存分に楽しんだ。

 

【ロケーション撮影】赤い糸の文字やDIYした「のし紙」で二人だけの一枚を

オリジナルな一枚を撮りたかった千尋さん。なんと前日まで完璧だった手作り小物が、当日壊れるハプニングが! それでもなんとか補修して、理想通りの写真が撮れてホッとした。

 

 

■二人がこのショップを選んだ理由は?

ロケーション撮影がしたいって決めていたので、車の送迎サービスはすっごくありがたいと思って。衣裳もいっぱいあって、スタッフさんが親身に対応してくれたことも決め手です!

 

■このショップのココが良かった!!

ロケ撮影には送迎サービスは絶対に必要! かわいい衣裳がいっぱいで、つい迷っちゃいました

もし送迎がなかったら…重たい着物を着たまま車を運転するなんて絶対無理でした! 衣裳はかわいいデザインがありすぎて、何度も試着しましたが、スタッフさんの笑顔での応対が心地良かったです。

 

■profile

富山県高岡市
渡邉 孝之さん(27)・千尋さん(28)

 

■撮影データ

撮影日:10月9日
トータル費用:約25万円

 

■当日のスケジュール

ヘアメイク 8:00〜
撮影準備 9:30〜
終了 13:00

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ