【レポ】小さなサプライズを散りばめた「二人らしい結婚式」をゲストにプレゼント!

TEXT by marrico_editor

2018.10.29

ウエディングレポ

自分たちだけじゃなくて、来てくれる人みんなが楽しめる結婚式にしたかったんです。だから当日は、食事をしながらビールサーブをしたり、母の大好きな曲を妹と演奏したり。ピザカットやクレープビュッフェなどの演出も、ゲストにとっては全部新鮮だったみたいで、「サプライズの連続だったよ」って! 大好きな人たちの笑顔を見られたことが、とってもうれしくて、結婚式やって良かったなぁって。この一日は、私たち二人の宝物です。(淳子さん)

 

■結婚式場

メゾンドブランシュ ローズガーデン(福井県・福井市)

 

■二人が叶えたかったこと

①家族や友人も楽しめるゲスト参加型の結婚式
②二人らしい演出でみんなをびっくりさせたい
③幻想的な雰囲気のナイトウエディング!

 

【食事会】アットホームな会食では、歓談を楽しみながら親族にビールサーブ!

ビールサーバーを背負った遼太さんと、ウーロン茶を持った淳子さんが各テーブルをラウンド! 「たくさんお話できたので、祖父や祖母も喜んでくれました」と淳子さん。

 

【演出】大好きなお母さんに感謝を伝えたくて…。姉妹でピアノ演奏

ピアノを習っていたという淳子さんと妹さんが、お母さんの大好きな曲「ハナミズキ」を連弾。この日のために、ピアノのある実家に帰って二人で練習を重ねたそう。

 

【装飾】緑いっぱいの ナチュラルな高砂席で 写真撮影を楽しむ!

1.5次会の高砂席は、ソファを中心にチュールやキャンドルでコーディネート。二人が席を離れている時は、フォトブースとして活躍するほど、ゲストからも好評だったそう!

 

【1.5次会】ピザ入刀&ビュッフェ! お揃いのエプロンで 二人らしいおもてなし

「ゲストをびっくりさせたい」という思いで行ったのは、ピザ入刀とクレープビュッフェ!衣裳を汚さないように、二人もお揃いのエプロンを着けて、ゲストのお皿に盛り付けした。

 

【前撮り】さまざまなシチュエーションで前撮りも思いっきり!

前撮りでは、当日着られない和装にも挑戦! 晴天の下でロケーションフォトも楽しんだ。フラッグやガーランドなどのアイテムは、結婚式を挙げた友人がプレゼントしてくれたもの。

 

 

■二人がこの会場を選んだ理由は?

もともと結婚式したいって気持ちはあんまりなくて。でも、会場に行ってみたら白亜のチャペルに一目惚れ! スタッフさんの提案力も高くて、親族との会食と、友達だけの1.5次会を分け、間に挙式をするっていうプランには驚かされました。おかげで、ゲストみんなが気兼ねなく楽しめる一日になったと思います。

 

■この会場のココが良かった!!

ナイトウエディングも美しく映える白亜のチャペルが、ロマンティックでステキでした!

ゲストも経験の少ない、ナイトウエディングがいいなって思っていたんです。初めてこのチャペルを見たとき、とってもキレイで! 夜の結婚式でも、幻想的でステキな雰囲気になるだろうなって思いました。

 

料理は見た目も味も、高クオリテイ! 披露宴会場のオープンキッチンもわくわくしました

初めて見学に行った際に、驚いたのが料理です。冷めても変わらず美味しいし、見た目もオシャレ! オープンキッチンもあるので、遠方から来るゲストにも、きっと喜んでもらえると思いました。

 

全体の流れから細かい部分までサポートしてくれる、提案力が心強かったです

当日のプランだけでなく、ナイトウエディングでの演出や食事会でのビールサーブ、1.5次会のピザ入刀など、私たちの「やりたい!」を全部受け止め、色々なアドバイスをくれたのがとても助かりました。

 

■profile

福井県福井市
影 遼太さん(29)・淳子さん(29)

 

■挙式データ

挙式日:8月5日
挙式スタイル:人前式
準備期間:8カ月
ゲスト数:80名
結婚式の総額:約400万円

 

■当日のスケジュール

食事会 15:30〜
挙式  18:45〜
1.5次会 19:45〜

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ