【ララシャンス 太陽の丘】みんなと出会えた縁に改めて感謝を。笑顔いっぱいの結婚式は一生の思い出です

TEXT by marrico_editor

2018.10.30

ウエディングレポ

結婚式は、自分たちのためじゃなくて人のためにするもの。だから「みんなが楽しく、笑顔いっぱいの一日にしたい」。それが私たちの願いでした。当日は、大好きな人たちが同じ場所に集まって、笑いあっているのがうれしくて。光の差し込む美しいチャペルでの挙式、準備した飾りやアイテム、チーズ入刀や果実酒作りも。一つひとつが心に残る思い出。何年か経った後も、「いい結婚式だったなぁ」って、この日を思い出し続けてもらえますように。(千里さん)

 

■結婚式場

ララシャンス太陽の丘(石川県・金沢市)

 

■二人が叶えたかったこと

①ゲストも二人も笑顔でいっぱいの結婚式
②カジュアルな雰囲気で楽しく過ごしてもらいたい
③DIYアイテムで会場をコーディネートしたい!

 

【挙式】うれしさでいっぱい!陽の光が降り注ぐチャペルで挙式を

「泣いちゃうかも」と心配していた千里さん。しかし扉が開き、大好きなゲストの姿が見えた時、うれしい気持ちでいっぱいに! 天からは純白の羽が舞い降り、二人を祝福した。

 

【装飾】ナチュラル&カジュアル。緑がいっぱいの高砂コーディネート!

千里さんの希望で、ソファの周りにはバルーンやフレームを飾り、たっぷりの緑でコーディネート。オシャレな高砂席はフォトスポットとしても活躍! ゲストが自然と集まる場所に。

 

【演出】大きなチーズの中から好きな物をチョイスし二人で入刀!

お酒好きな二人が入刀したのは、なんと巨大なチーズ!切り分けたチーズは「どんな風に調理してくれるんですか?」と新郎からシェフに質問。直々にメニューの説明も行われた。

 

【演出】見た目もかわいい!果実酒作りは 友人といっしょに

ゲストみんなで作ったお手製サングリア。結婚記念日の友人にもサプライズで登場してもらい、「後日ホームパーティーでふるまうので、ぜひ遊びにきてください〜!」と二人。

 

【アイテム】ゲストに気兼ねなく楽しんでもらえる工夫が盛りだくさん!

「ラフな感じにしたくて」と、乾杯用の瓶ビールを用意。受付には、席札も兼ねた栓抜きや、イートスペースまで。紙ナプキン代わりのバンダナは、ゲストにお持ち帰りしてもらったそう。

 

 

■二人がこの会場を選んだ理由は?

まず最初に気に入ったのは、陽の光が心地いい、あたたかみのあるチャペルです。木のぬくもりを感じられるのって珍しいし、バージンロードを歩く二人の姿を想像したら、とてもわくわくして。スタッフさんも頼もしくて、「ここなら、自分たちのしたい結婚式ができそう!」って思えたことも決め手になりました。

 

■この会場のココが良かった!!

太陽の光と、木のぬくもりを感じるあたたかなチャペルがステキだなって思ったんです

私たちが選んだのは、木のぬくもりのある「チャペル・サン・ソレイユ」。天井がガラス張りになっているので、常に陽の光が差し込むんです。とっても明るいし、居心地もよくて気に入りました。

 

思わず写真を撮りたくなるほどキレイ! 鮮やか&美味しい料理でゲストを喜ばせたくて

遠方ゲストも多かったので、料理にもこだわりたくて。ここの料理は、見た目も鮮やかで味も最高! ゲストにも「今までの結婚式の中で、一番美味しかった!」って言ってもらえました。

 

私たちの「やりたい!」を受け止めながら面白いアイデアをくれるスタッフさんに感動しました

スタッフさんは、結婚式のテーマ決めから演出、会場のコーディネートまで相談にのってくれました。チーズ入刀の提案も、私たちの好みを理解してくれていたからこそ!とても頼りになりました。

 

■profile

石川県金沢市
西村 幸寛さん(28)・千里さん(25)

 

■挙式データ

挙式日:3月4日
挙式スタイル:キリスト教式
準備期間:11カ月
ゲスト数:84名
結婚式の総額:約430万円

 

■当日のスケジュール

挙式  14:00〜
披露宴 15:00〜
二次会 20:00〜

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ