【キャナルサイド ララシャンス】私たちもゲストも全員が主役で楽しめる。そんな「一体感」を作れたら大成功!!

TEXT by marrico_editor

2018.10.30

ウエディングレポ

ゲストの方たちとの出会いがあったから、今の私たちの人生がある。だから、全員が主役として一緒に楽しめるような「一体感」を大事にしました。でも正直、準備した演出が「自己満じゃないかな、楽しんでくれるかな」って不安だったんです。そんなドキドキ感を残したまま、披露宴の入場。扉を開けると、ゲスト全員が立って拍手をしながら迎えてくれて。その瞬間、ゲストの一体感を感じてすごく嬉しかったし、心配なんて吹き飛びました。(かすみさん)

 

■結婚式場

キャナルサイド ララシャンス(富山県・富山市)

 

■二人が叶えたかったこと

①「カーニバル」をテーマに、自由に楽しめるスタイル
②ゲストと一緒になって結婚式を楽しむ
③感謝の気持ちを全員にちゃんと伝える

 

【前撮り】環水公園をロケ場所に二人の笑顔が自然体で素敵なワンシーンばかり

ロケーション撮影に憧れ、緑が美しい環水公園を選んだ。「私たちの自然な笑顔をカメラマンが引き出してくれて。仕上がりも想像以上でビックリしました!」と、かすみさん。

 

【挙式】新婦入場では両親への感謝の想いを綴った映像を上映

かすみさんは入場する直前に、両親へサプライズムービーを用意。その内容には、両親への感謝のメッセージが込められていた。「大江家に嫁ぐことを実感できた」と、かすみさん。

 

【アイテム】ゲストを楽しませる工夫を凝らしたアイテムがいっぱい!

受付では、ドーナッツ100個やゲストの蝶ネクタイを用意するなどワクワク感を演出。かすみさんのおじいちゃん手作りのマーキーライトは、クオリティの高さにゲストも驚いた!

 

【披露宴】テーマは「カーニバル」!二人もゲストも主役で、笑顔あふれるパーティー

お祭りという意味だけでなく「感謝祭」という想いも込められた、カーニバル。花嫁カラーである白のドレスコードで統一し、みんなが主役として楽しめるパーティーとなった。

 

【お見送り】夜は木々が煌めくイルミネーションで幻想的な空間を演出

披露宴会場の外にあるガーデンを装飾し、夜の会場を美しいイルミネーションで彩った二人。インスタ映えするような幻想的な空間を作り、ゲストたちも記念撮影を楽しんだ。

 

 

■二人がこの会場を選んだ理由は?

結婚式には県外からくるゲストの方も多かったので、富山駅から近いという立地に魅力を感じました。それに富山県がどんな所なのかを知ってもらいたかったので、自然あふれる環水公園の側に会場があることも決め手の一つです。会場からは他の建物が見えない、この世界観もとても気に入りました。

 

■この会場のココが良かった!!

富山駅からすぐ近くでゲストにも安心してもらえる。 それに観光名所「環水公園」のすぐそばが素敵!

富山駅からの送迎バスを用意してもらえたので、迷うことはないんですけど、駅から近いという安心感はゲストにとって大事かなと思って。緑あふれる「環水公園」も楽しんでほしかった。

 

きれいな並木道があり、周辺の余計なものが 目に入らない特別な世界観が素敵だなって思って

ゲストとして何度か訪れていて。この空間がとても素敵だなと思っていたんです。式場に入った瞬間に見える並木道が特に好きです。自分たちの空間を作れるのも魅力的でした。

 

富山県と石川県の食材がコラボした オリジナル料理をゲストに楽しんでもらいました

私の出身が石川県なので、金時草や車麩など石川の食材を富山県の食材と合わせた料理を作ってもらえました。レストランのラシャンスと同じ系列なので、料理の味は間違いないと確信してました。

 

■profile

富山県富山市
大江 伸尭さん(24)・かすみさん(23)

 

■挙式データ

挙式日:10月17日
挙式スタイル:キリスト教式
準備期間:10カ月
ゲスト数:97名
結婚式の総額:約400万円

 

■当日のスケジュール

挙式  14:00〜
披露宴 15:00〜
二次会 19:00〜

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ