【レポ】結婚式という最高の思い出が、色あせずにずっとずっと残り続けるのがうれしい

TEXT by marrico_editor

2018.10.30

ウエディングレポ

アルバムを見返して、いつも笑顔になっちゃうんです(笑)。緊張していた夫がハッキリと大きな声で誓いの言葉を言ってくれた挙式とか、テラスで一斉にバルーンリリースしたときの高揚感とか、二人の大好きなネコのモチーフを会場にあちこち忍ばせたりしたこととか…。本当に結婚式って、終わってから時間が経っても色あせない! 毎朝、玄関に置いた手作りのウエルカムミラーを見るたびにその日を思い出して、幸せな気持ちでいっぱいになります。(加織さん)

 

■結婚式場

越中一宮 髙瀬神社(富山県・南砺市)

 

■二人が叶えたかったこと

①ゲストに今までの感謝を伝えたい!
②和装を着て神社で挙式したい!
③大好きなネコを取り入れたい!

 

【挙式】雅楽が響く厳かな挙式を経て「夫婦になる」と実感

厳粛な儀式を経て、神様の前で結婚の誓いを立てた二人。「彼も緊張していたハズなのに、大きな声でハッキリと誓いの言葉を言ってくれたのが、頼もしくてうれしかった」。

 

【お色直し中座】せっかくだから、大切な人と一緒に。サプライズのご指名

加織さんのお色直し退場は双子のお姉さんと。「ずっと一緒に育ってきたなあ」と感慨深くなり、涙がこぼれた。将さんはお姉さん二人と姪っ子と一緒に。普段言えない感謝を伝えた。

 

【お色直し入場】再入場は、テラスから! ゲストと一緒にバルーンリリースを

テラスからサプライズ登場! ゲストみんなでバルーンリリースを行った。「神社とバルーン、その組み合わせのギャップが素敵だなって思ったんです」。

 

【ケーキ】開放的なテラスでオリジナルデザインのケーキ入刀

バルーンリリースに続いてテラスでケーキ入刀。実はこれ、加織さんがデザインしたオリジナル。二人の大好きなネコをあしらったもので、特別にパティシエに作ってもらった。

 

【アイテム】やっぱりネコが大好きだから、結婚式にも居てほしい

席札やウエルカムミラー、プチギフトまで、あちこちにネコが隠れているのが「二人らしい」結婚式! 「やっぱりネコがいたねってみんな言ってくれたんです」とにっこり。

 

 

■二人がこの会場を選んだ理由は?

もともと、和装が素敵だなあと思っていたので、神社での挙式に憧れがあったんです。髙瀬神社はよく二人で初詣に行ったり、私は巫女さんのアルバイトをしたこともあったりして、馴染みが深くて。地元なので、ゲストの方も来てくれやすいと思い、ここで結婚式を挙げることを決めました。

 

■この会場のココが良かった!!

厳かな気持ちにさせてくれる雰囲気が結婚式にふさわしいと思いました

結婚式は人生の節目だから、ちゃんとした儀式を挙げたいと思っていたので、格式ある髙瀬神社はぴったりでした。千年和紙に誓いの署名をしたことも、いい思い出です。

 

結婚式はおもてなし重視。神社だけど披露宴会場もあるのが便利でした

披露宴会場が素敵で、初めてみたときにテンションが上がりました! 神社での和婚ができて、そのまま披露宴ができる点も魅力。ゲストのことを考えると、披露宴で移動があると大変かな、と。

 

なんでも相談できるスタッフさん。オリジナルのネコケーキも相談させてもらえました

プランナーの方が親身に寄り添ってくれたのもうれしかったです。「ケーキはネコのデザインがいい」と伝えたときも、パティシエさんに相談させてくれたり。おかげで、理想の結婚式になりました!

 

■profile

富山県小矢部市
干野 将さん(34)・ 加織さん(29)

 

■挙式データ

挙式日:6月24日
挙式スタイル:神前式
準備期間:6カ月
ゲスト数:64名
結婚式の総額:約300万円

 

■当日のスケジュール

挙式  12:00〜
披露宴 13:00〜
二次会 なし

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ