【レポ】念願の真っ赤なバージンロード!一歩一歩大切に歩こうと心に決めました

TEXT by marrico_editor

2018.10.30

ウエディングレポ

家族や親戚はもちろん、友人、職場の方、今まで私たちを支えてくれたみなさんに、私たちの門出に立ち会って欲しくて。会場のスタッフの方が、私たちの理想を叶えてくれた念願の真っ赤なバージンロードを、感謝の気持ちと、これからの二人の人生お互い支え合っていこうという気持ちでいっぱいになりながら、一歩一歩踏みしめて歩きました。あっという間に終わった結婚式、本当に楽しかったし、新しいスタートを実感できました!(潤也さん・未紀さん)

 

■結婚式場

RAVIR KANAZAWA(ラヴィール金沢)(石川県・野々市市)

 

■二人が叶えたかったこと

①赤いバージンロードの本格的チャペルで挙式!
②お互いに両親への感謝の気持ちを伝える
③ゲストと近い距離でたくさん触れ合う!

 

【挙式】扉が閉まる瞬間に。ロマンチックなクロージングキスを

未紀さんがSNSで見つけて「ステキ!」と思ったクロージングキスの演出。二人の退場後、扉が閉まる瞬間のロマンチックな誓いのキスは、まるで映画のワンシーンのよう!

 

【演出】元ソフトボール部の見事な始球式でパーティースタート!

結婚しているゲストが多かったからということで、挙式後演出ではブーケトスはせず、潤也さんのバスケットボールトスに。そして、披露宴は未紀さんの始球式でスタート!

 

【演出】二人が大好きなビールで共同作業!フォトジェニックな演出

定番だからしなくていいと決めていたケーキカット。そこで、二人の共同作業の演出に選んだのは、大好きなビールでシャンディーガフタワー! カメラのシャッター音が鳴り響いた。

 

【BBQ】二人の出会いはBBQ!テラスを使ってみんなにおもてなし

夏のBBQが二人の出会い。それをプランナーに話したら、「テラスでBBQの演出をしましょう!」と提案してくれたそう。テラス中に美味しい香りが広がり、大盛り上がり!

 

【DIYアイテム】手作りが得意な家族に手伝ってもらって一緒に結婚式準備!

インスタを参考に、色んなアイデアを実現。手先が器用な未紀さんのお母さんは電球のインテリア、リース作りが趣味の潤也さんのお母さんは受付のリースを作ってくれた。

 

 

■二人がこの会場を選んだ理由は?

バージンロードのことや演出のことなど、こういう結婚式にしたいというイメージが強かった私たち。無理かなと思ったことも、どんどんプランナーさんに相談。決して初めからNOとは言わず、まずは受け止めてくれ、実現に向けて一緒に考えてくれる姿勢に信頼できたし、楽しく結婚式の準備ができてうれしかった!

 

■この会場のココが良かった!!

何と言っても圧巻のチャペル!大聖堂で赤いバージンロードを歩くのが夢でした。

子どものころからずっと変わらず、クラシカルな教会で赤いバージンロードというのが私の理想。チャペルを見てココだ! と。スタッフさんに相談して、バージンロードに赤い絨毯を敷いてもらいました。

 

私たちの叶えたい思いを実現してくれたスタッフの方の対応力に感謝しています!

バージンロードのことも、BBQなど披露宴演出のことも、私たちの叶えたいことに、正面から向き合ってくれました。プロの目線で、どうやって実現するか提案してくれ、とても感謝しています。

 

試食会で料理の味やボリュームを確認。 ゲストへのおもてなしに安心できました!

料理が美味しいと定評があったのも大きな決め手。フルコースの試食会に参加して、味、内容、量を確認。BBQのお肉もシェフと相談しながら色々試食して決めることができて、満足でした!

 

■profile

石川県津幡町
谷 潤也さん(26)・未紀さん(26)

 

■挙式データ

挙式日:8月26日
挙式スタイル:キリスト教式
準備期間:7カ月
ゲスト数:90名
結婚式の総額:約485万円

 

■当日のスケジュール

挙式  12:30〜
披露宴 13:30〜
二次会 19:00〜

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ