【アールベルアンジェ】入籍した日よりも、結婚式の後の方が夫婦になるって実感がもっと強くなりました

marrico_editorTEXT by marrico_editor

2018.10.30

ウエディングレポ

 二人のプロフィールはこちら

富山県富山市
H.Tさん(28)・Yさん(26)

挙式DATA

会場 アールベルアンジェ
挙式日 8月26日
準備期間 1年
挙式スタイル キリスト教式
ゲスト数 73名
結婚式の総額 約470万円

 

  結婚式当日をレポート!

  挙式

教え子たちが見守る中幻想的な空間のブルーチャペルで誓う

「自分が担任する生徒たちが、お祝いのために挙式に駆けつけてくれたことがうれしかった」とYさん。神聖な雰囲気がお気に入りの「ブルーチャペル」で愛を誓った。

 

 装飾

ひまわりをテーマに会場やアイテムをナチュラル系に装飾

前撮りの舞台となったひまわり畑に合わせて、披露宴会場の卓上装花にもひまわりをチョイス。ウェルカムスペースにも散りばめて、会場に統一感をもたせた。

 ケーキ

二人の合言葉「笑顔」を描いたケーキでゲストにサンクスバイト

プロポーズの翌日、お寺で絵馬を「笑顔あふれる家庭にする」と偶然同じことを書いた二人。合言葉の「笑顔」をケーキにもあしらい、お世話になったゲストに幸せを運んだ。

 サプライズ

生徒からのサプライズムービーに笑いと感動の涙

一人ひとりの心のこもったメッセージを受けて感動したYさん。結婚式が終わった後日、学校でムービーに登場したメッセージボードを生徒からもらい、生徒からの愛を感じたそう。

 お見送り

ひまわりのプチギフトでパーティー後の記念撮影が華やかに

大好きなひまわりはここでも登場! プチギフトに渡した一輪のひまわりは、パーティー後の記念撮影を盛り上げるアイテムとして大活躍! みんなにも笑顔の花が咲いた。

 二人にインタビューしました!

「入籍した日よりも、結婚式の後の方が夫婦になるって実感がもっと強くなりました」

結婚式が終わった後、彼と夫婦としてこれから一緒に歩んでいくんだって覚悟が決まった感じがしたんです。それは、挙式の時にゲストの前で誓ったからというのもあるけど、それだけじゃないと思う。きっと、自作のムービーや手作りアイテムを作っている時、「今日は徹夜だ」とか言いながら大変だった準備を二人で乗り越えて、涙あり笑いありの充実した結婚式ができたからだと思います。これからは、笑顔あふれる家庭にしようね。(Yさん)

 

Q.二人が「アールベルアンジェ」を選んだ理由は?

「プロジェクションマッピングなどの演出と、アレンジしやすい真っ白な会場が良かった!」

ブライダルフェアに参加した時、プロジェクションマッピングをゲスト目線で見させてもらって、その迫力に感動しました。真っ白な披露宴会場だったので、ここなら、自分らしく好きな色やお花で会場をコーディネートできると思いました。県外ゲストも安心できる立地の良さもポイントです。

 

Q.結婚式をしてみて、「アールベルアンジェ」はどうでしたか?

「プロジェクションマッピングを使った退場の時のフォトシャワーを叶えたかった!」

みんなの思い出で会場を埋め尽くすフォトシャワーの演出は、ゲストにも楽しんでもらえる演出だと思ったので、絶対にやりたかったことの一つです。華やかに会場が彩られてとてもきれいでした。

 

「真っ白な披露宴会場だからイメージ通りの会場を作れました」

会場をガーデンっぽく装飾したいって思っていたので、壁も床も明るくて白い披露宴会場がピッタリでした。ひまわりやかすみ草、緑のつるを使ったテーブル装花も、いい感じに映えて良かったです。

 

「富山駅のすぐそばにあるので、県外のゲストが迷わず、終電で帰る人にも安心してもらえた」

県外ゲストが多かったので、会場が富山駅からすぐ近くで、迷う心配もなく安心でした。披露宴の終了時間が遅かったので、駅までの移動時間を気にせず過ごせてもらえたのも良かったです。

 

「アールベルアンジェ」が気になったらこちらをチェック

ウエディングレポートをもっとみる  

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ