【レポ】結婚式であふれた、母への愛と「ありがとう」。妻として頑張っていく決意ができました

TEXT by marrico_editor

2018.10.30

ウエディングレポ

私の花嫁姿を一番心待ちにしてくれていたのはお母さん。昔はよくケンカもしたけど、式の準備では相談にのってくれたり、買い物をしたり。一緒に過ごす時間がすごく楽しかった! 当日、最後にギュッと手を握ってもらった時は、離したくなくて寂しくて。でも、感謝の気持ちを伝え、やっと「お嫁にいくんだ」って決心ができました。後日、母の枕元に私の手紙が大切に置いてあるのを見て、また泣きそうになってしまいましたけどね。(陽子さん)

 

■結婚式場

迎賓館ヴィクトリア福井 (福井県・福井市)

 

■二人が叶えたかったこと

①両親に感謝の気持ちを伝えたい
②家族参加の演出でアットホームな雰囲気に
③大好きな広島カープのアイテムで二人らしく!

 

【アイテム】二人が大好きな広島カープのグッズでゲストをお出迎え!

広島カープの大ファンだという二人。ウエルカムスペースには、試合観戦の度に集めた、お気に入りのアイテムをズラリと並べた。二人らしさがあふれる空間に、ゲストもびっくり!

 

【挙式】神聖な教会での挙式に、最初から最後までドキドキしっぱなし!

緊張と不安でいっぱいだった裕介さんを、「なんとかなるから大丈夫!」と陽子さんがサポート。無事挙式を済ませ、最後はゲストのあたたかな拍手で、二人とも穏やかな表情に!

 

【ケーキ】かわいい姪っ子が運んでくれたケーキを大きな口でパクッ!

「陽子ちゃん、すごくキレイです」とケーキを運んでくれた3人から一言。大好きな「カープ坊や」のハンドパペットを使い、裕介さん、そして甘党のお父さんに食べさせてあげた。

 

【演出】会場に一体感が生まれたキャンドルサービス

ゲストから「すごくキレイだった!」と好評だったのが、キャンドルサービス。点灯をしながら、ゲスト一人ひとりの顔を見て「ありがとう」を伝えられたことも満足だったそう。

 

【歓談】季節感いっぱいの高砂席に集まってゲストと記念撮影

高砂席は、かぼちゃや松ぼっくりなど秋らしいアイテムでコーディネート! また、テーブルごとにインタビューを行うなど、参加型の演出でゲストとの時間を存分に楽しんだ。

 

 

■二人がこの会場を選んだ理由は?

最初は「結婚式、挙げなくてもいいかな」って思っていたんです。でも私の兄がここで挙げた結婚式がステキで! スタッフさんも優しいし、ここならアットホームな雰囲気で、両親にもきちんと感謝を伝えられると思いました。

 

■この会場のココが良かった!!

思わずため息! 歴史を感じる神聖な教会

天井の高い真っ白なチャペルよりも、歴史のある教会の雰囲気の方が、二人とも好きだったんです。披露宴会場は、ゲストとの距離が近いのも魅力でした。

 

地元の食材にこだわった、絶品料理に感動!

試食した際に感じた幸せな気持ちを、ゲストにも味わってもらいたくて。若狭牛のステーキや、見た目もかわいいデザートは、ゲストからも大好評でした!

 

気楽に話せる、スタッフの人柄に安心しました

スタッフ同士も仲良く、気さくな人ばかり。人見知りの彼が、緊張せずにリラックスして話せるくらい! 家族参加の演出も、たくさん提案してもらいました。

 

■profile

福井県福井市
近藤 裕介さん(28)・ 陽子さん(28)

 

■挙式データ

挙式日:11月3日
挙式スタイル:キリスト教式
準備期間:2年
ゲスト数:70名
結婚式の総額:約420万円

 

■当日のスケジュール

挙式  15:00〜
披露宴 16:00〜
二次会 なし

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ