【ラ・ブランシュ富山】「喜んだり、喜んでもらえたり」がいっぱいの、あったかくてハッピーな理想の結婚式でした

TEXT by marrico_editor

2018.10.30

ウエディングレポ

あったかい雰囲気の結婚式にしたくて、木のぬくもりのある会場を探していました。準備中は、智哉さんが転勤で半年くらい遠くに住んでいたこともあり、時間のやりくりは大変でしたが、当日はゲストみんなが笑顔で。「いい式だったね」といってもらえて、結婚式をやってよかったなぁと思いました。披露宴では、受け持ちの生徒がお祝いにきてくれたり、智哉さんがサプライズで手紙をくれたりと、感激しっぱなしの1日でした。(恵梨香さん)

 

■結婚式場

ラ・ブランシュ富山(富山県・富山市)

 

■二人が叶えたかったこと

①明るく楽しい雰囲気の結婚式にしたい
②ゲストに喜んでもらえる1日にしたい

 

【挙式】バブルシャワーとゲストからの祝福に包まれながら退場へ

明るく開放的なチャペルでの挙式に憧れていた恵梨香さん。「緊張していて、あっという間でした(笑)」。退場時にはシャボン玉を飛ばし、ゲストも楽しませた。

 

【ウェルカムパーティー】受け持ちの生徒たちもお祝いにきてくれてほのぼのした空気に

恵梨香さんが勤める小学校の生徒たちが、サプライズ登場! 生徒たち一人ひとりにプチギフトを手渡した。受付には、ウェルカムボードの代わりにお祝いメッセージを飾った。

 

【乾杯】人と変わったことがしたくて、オリジナルカクテルをオーダー

鮮やかなオレンジ色が印象的な、乾杯時のカクテルは、二人がオーダーしたオリジナルレシピ。「女性も飲みやすいよう少し甘めに…とか、いろいろ考えて作ってもらいました」。

 

【演出】無造作なのがかわいい!ゲストみんなで飾ったメインキャンドル

二人の中座中、ゲストのみんなでキャンドルをデコレーション。恵梨香さんのドレスの色に合わせたバラを、思い思いに生けてもらい、仕上げに二人がキャンドルを灯した。

 

【サプライズ】新郎から新婦へサプライズの手紙に思わずうれし涙

智哉さんから恵梨香さんへ、想いを綴った手紙をサプライズプレゼント!読み終えると、「いつもあなたを想っています」という意味のある、24本のバラの花束を最後に手渡した。

 

 

■二人がこの会場を選んだ理由は?

「真っ白でシンプル」ではなく、あったかい雰囲気の会場がいいなと思っていました。ラ・ブランシュ富山のイギリス館は、アンティークな調度品があってぬくもりが感じられ、一目見て気に入って。開放的なチャペルも決め手です。

 

■この会場のココが良かった!!

温かみのある会場は他になく、気に入りました

ゲストハウスは「真っ白でシンプルなハコ」っていうイメージだったので、イギリス館のアンティークな雰囲気はいい意味でギャップがあって。即決でした。

 

明るい雰囲気の挙式ができそうだと思いました

チャペルの天井が高く、開放感のあるところが気に入りました。挙式は明るい雰囲気でやりたかったので、ガラス窓から自然光が差し込む雰囲気も素敵でした。

 

ゲストをおもてなしするには、料理は重要!!

大切なゲストをきちんともてなしたかったので、料理のおいしさは重視していました。フェアで試食して、おいしさを確認できたので、安心できました。

 

■profile

富山県富山市
金川 智哉さん(25)・恵梨香さん(26)

 

■挙式データ

挙式日:11月3日
挙式スタイル:キリスト教式
準備期間:11カ月
ゲスト数:49名
結婚式の総額:約340万円

 

■当日のスケジュール

挙式  12:00〜
披露宴 13:15〜
二次会 19:00〜

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ